トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年3月31日
楽天株式会社

株式交換による、みんなの就職株式会社の
完全子会社化について

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下 楽天)は、2004年3月31日の取締役会において、2004年5月18日付で株式交換によりみんなの就職株式会社を完全子会社化することを決議いたしましたのでお知らせいたします。

 みんなの就職株式会社が運営する『みんなの就職活動日記』(URL:http://www.nikki.ne.jp/ )は、平成8年12月のサイト開設、平成14年10月のメンバー登録開始以来、順調に利用者数を拡大し平成16年3月28日現在で335千人の登録者数を有するクチコミ掲示板型就職情報サービスに成長してまいりました。

 インターネットコム(株)と(株)インフォプラントの調査によれば、就職活動におけるインターネット利用率は76%に至るなど、新卒学生の間でインターネットを利用した就職情報の収集については定着しており、代表的なインターネットサービスの1つとなっています。今後の同社の成長戦略において、これまで培った同社のブランドイメージを維持しつつ、コミュニティの特性を活かした新たな商品・サービスの投入を行い、総合就職情報サービスへの発展を目指します。

 楽天グループとしては、これまで拡充を進めてきたインターネットを利用したサービスに新たに就職情報サービスを加えることによるグループ全体の業容拡大と事業基盤拡充を目的とし、この度、みんなの就株式会社の完全子会社化することを決定したものです。
なお、商法358条(簡易株式交換)の規定に従って楽天においては株主総会の開催を予定しておりません。
 楽天グループはこれまで、インターネットショッピングモール「楽天市場」、インターネット検索ポータル「インフォシーク」、宿泊予約サイト「旅の窓口」、オンライン証券取引サービス「DLJディレクトSFG」を中核として、インターネットを通じたサービスの向上・多角化を図るべく新規事業の開発及び取扱分野の拡大に注力して参りました。今後も、各種サービスの充実に邁進すると同時に、経営基盤の更なる強化を図り、ユーザの皆様により良いサービスを提供できる総合インターネットサービス企業を目指してまいります。

 ■その他完全子会社化の詳細については、以下URLをご覧下さい
 /pr/2004/0331/ir.gif
このページの先頭へ