トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年2月13日
楽天株式会社
ディーエルジェイディレクト・エスエフジー証券株式会社

楽天とDLJディレクトSFG証券 ポイントで提携
「DLJポイント」を「楽天スーパーポイント」に交換可能に

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天、URL:http://www.rakuten.co.jp/)と、楽天グループのインターネット・トレーディング専門の証券会社、ディーエルジェイディレクト・エスエフジー証券株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:國重 惇史、以下 DLJ 、URL:http://www.dljdirect-sfg.co.jp/ )は、「DLJポイント」を「楽天スーパーポイント」に交換できるようにすることで合意し、2月16日より実施することとなりましたのでお知らせいたします。

 楽天では、2002年11月より、楽天会員(登録無料)が「楽天市場」でお買い物をした際に、ご利用いただいた金額に応じて「楽天スーパーポイント」を付与するサービスを提供しております。ポイントは「楽天市場」内で260万点以上もの商品の購入手段としてご利用いただけることから、高い利便性を有しております。
 一方、DLJでは、2000年12月より、DLJの会員を対象として、利用状況に応じて「DLJポイント」を付与するサービスを展開してまいりました。特に投資信託を購入した場合、その販売手数料の90%をポイントで還元するなど、DLJユーザにとってメリットが大きいポイントサービスとなっております。

今回の提携によるポイント交換の具体的な概要は、以下のとおりです。
・ポイント交換サービス開始   :2004年2月16日(月)より
・ポイント交換比率        :1DLJポイント=1楽天スーパーポイント(=1円)
・最低交換ポイント数       :1ポイント

 このたびのポイント交換が実現することで、楽天が抱える約2200万人の会員とDLJの約15万人の会員に対し、「楽天市場」および「ネット証券のDLJ」両サイトの認知を高めることが可能となります。また、ポイント交換をきっかけに、それぞれのユーザの往来を活性化し、両サイトを利用する機会が増加することで、楽天グループ全体としての取引ならびに流通総額の増加、新たなユーザの獲得といった相乗効果が出るものと期待しております。

 楽天とDLJでは今回のポイント交換サービスに留まらず、今後とも共同プロモーションやキャンペーンなども視野に入れ、楽天グループとして積極的に連携を図ってまいります。

このページの先頭へ