トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2004年2月2日
楽天株式会社

株式交換による株式会社デジパ・ネットワークスの
完全子会社化について

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下 楽天)は、2004年2月2日の取締役会において、2004年3月19日付で株式交換により株式会社デジパ・ネットワークスを完全子会社化することを決議いたしましたのでお知らせいたします。

 楽天グループは総合インターネットサービス企業グループとして、インターネットショッピングモール「楽天市場」、インターネット検索ポータル「インフォシーク」、宿泊予約サイト「旅の窓口」、オンライン証券取引サービス「DLJディレクトSFG」を中核として、インターネットを通じたメンバーサービスの向上・多角化を図るべく新規事業の開発及び取扱分野の拡大に注力して参りました。インターネットを通じた電子書籍・コンテンツ及びソフトウェアのダウンロード販売は、エレクトロニック・コマース(EC)に適した分野の一つとして今後も順調な伸びが期待できることから、楽天グループは2002年4月、技術開発力・ノウハウで先行する株式会社デジパ・ネットワークスに出資し、同社との協業の下で2003年8月に『楽天ダウンロード』を開設し当該事業分野へ参入いたしました。

 一方、株式会社デジパ・ネットワークスは、基盤ソフトウェアとなるダウンローダー(※)及び配信システムに関する技術開発力・ノウハウに強みを持つほか、2000年9月より自社ダウンロード販売サイト『DigiPa!Net Shop』の運営を通じて、マーケティング経験を蓄積しております。

 楽天グループとしては、ダウンロード販売分野における技術開発力及びマーケティング力のより一層の強化を目的とし、この度株式会社デジパ・ネットワークスの完全子会社化することを決定したものです。
なお、商法358条(簡易株式交換)の規定に従って楽天においては株主総会の開催を予定しておりません。

 今後も楽天では、各種インターネットサービスの充実を推進すると同時に、経営基盤の更なる強化を図り、ユーザの皆様により良いサービスを提供できる総合インターネットサービス企業を目指してまいります。

(※)ダウンローダー
インターネット上の有料デジタルコンテンツを手軽に扱えるようにするソフトウェア。デジタルコンテンツをPCにダウンロードするときのファイル保存場所や、起動するのに必要なアプリケーションソフトまでを一元管理するので、ユーザーは煩雑な処理を必要とせず、ダウンロードを楽しむことが可能。

 ■その他完全子会社化の詳細については、以下URLをご覧下さい
  /pr/2004/0202/ir.gif

このページの先頭へ