トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年12月2日
楽天株式会社
日本最大級のB2B商談マーケットサイト
「楽天ビジネス」が3周年を迎え、 会員企業数2万社、
商談成約率も大幅拡大の46%に

http://business.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:三木谷浩史、以下 楽天)が運営する企業間マッチングサービス「楽天ビジネス」は、2003年12月1日にサービス開始3周年を迎えるとともに、会員登録企業数が20,000社を突破いたしました。

 また、実際にビジネスの見積依頼をした方を対象に11月に実施したユーザ企業調査によると、「楽天ビジネス」上に登録された見積依頼案件の46%(2002年9月実施の調査に比べ10%増)が実際に成約に至っており、登録企業数の増加のみならず、実際の商談に結びつく活況なマーケットとなっております。
(以下詳細になります。)


1.「楽天ビジネス」利用動向
◆利用状況
  会員企業数 商談件数 見積案件累計
・2002/9月 10,000社 8,200件 40,000件
・2003/5月末 15,000社 14,000件 63,000件
・2003/11月末 20,000社 18,000件 84,000件
(2002年9月との比較) (2.0倍) (2.2倍) (2.1倍)

◆利用企業への調査結果  「楽天ビジネス」の見積依頼案件が成約に至る割合は、前回(2002年9月)の調査を大幅に上回る46%(前回36%)という結果が得られました。(図1参照) また、依頼者が成約に至るまでに重視した項目は、「提案内容と価格のバランス」が4.42(重視度は1:全く重視しない〜5:非常に重視する)と最も高い数字を示し、続いて「見積提案から得られる信頼感や人柄」(4.38)、「価格」(3.82)、「提案の独自性」(3.52)とネットでの商談が単なる価格競争の場ではなく、本気で取引先を探すための商談マーケットとして捉えられていることがわかりました。(図2参照)
 一方、「設立年数」や「従業員数」などは1ポイント台の結果となり、「楽天ビジネス」という場が「実力や提案能力さえあれば、小規模で歴史の浅い企業であってもビジネスチャンスを獲得できる場」であることが裏付けています。

◆成約状況(図1)
1.見積依頼をした企業が1件以上の見積を取得する確率----------88.5%
2.見積を取得した企業が商談に進む確率---------------------64.5%
3.見積を依頼した企業が「楽天ビジネス」上の企業と成約する確率--45.9%

◆見積比較と商談の際に重視する項目(図2)
・見積提案から感じられる信頼感や人柄-----4.38
・サイト上に掲載されたサービス概要--------3.23
・提案内容と価格のバランス--------------4.42
・従業員数----------------------------1.61
・設立年数----------------------------1.52
・会社形態----------------------------2.18
・距離の近さ--------------------------2.87
・とにかく価格-------------------------3.82
・提案の独自性------------------------3.52

※ユーザ企業調査方法について
・実施期間: 2003年11月
・実施内容: 「楽天ビジネス」での取引について
・実施概要: 「楽天ビジネス」で2003年9月に見積依頼をした方々(発注者)へメールと電話にてアンケートを実施
・有効回答数: 102社


2.「楽天ビジネス」概要 URL: http://business.rakuten.co.jp/
2000年12月よりサービス開始。ホームページ作成や会計処理代行、印刷物作成、マーケティング調査など全37分野のサービス業について、サービスを必要とする企業(発注者)と、サービスを提供する企業(出展者)をマッチングするサービス。現在の出展者数は1,400社を超える。発注企業の利用料は一切無料で、たった一度見積り依頼を作成するだけで、全国の事業者(出展者)から次々と見積りを取得することが可能。

■利用料金

出展形態 企業形態/規模 システム利用料 紹介手数料
法人タイプ1 法人(資本金5億円以上) 20,000/月 3,000円/回
法人タイプ2 法人(資本金5億円未満) 20,000/月 2,000円/回
個人事業主タイプ 個人事業主 6,000/月 1,000円/回
※契約期間は1年単位
※発注側の業者探しのご利用(見積依頼)は全て無料
このページの先頭へ