トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年10月23日
楽天株式会社
「楽天市場」が初の「酒類取扱い企業様向けセミナー」を開催
〜ワインの100本に1〜2本が「楽天市場」で購入されています!〜


http://www.rakuten.co.jp/_sales2/653127/

 楽天株式会社(本社 東京都港区・代表取締役会長兼社長 三木谷浩史・以下 楽天)は、同社が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」での酒類販売の拡大を受け、酒類業界の皆様に向けて、初の「酒類取扱い企業様向けECセミナー」を、10月30日に開催いたします。

 現在、国内の果実酒類の消費金額は、3,543億円(信金中央金庫総合研究所発行の「産業調査情報」より)といわれております。同社の果実酒売上シェアより推測すると、日本で購入されるワインの1.5〜2%が「楽天市場」内で購入されている状況となっており、この規模は拡大しつつあります(2003年9月期同ジャンル売上高は前年比約1.7倍)。これは、ネット販売のメリットである「商品比較がしやすい」、「商品が配送されるので重い商材でも便利」という点で、酒販業界とネット販売の親和性が高いためと考えております。

 この度のセミナーは、通常開催している全ジャンル向けのものとは異なり、酒類業界に特化したものとなります。業界特有の情報を盛り込みつつ、実際に月商約2,000万円の売上をあげていらっしゃる出店者様のご紹介なども含めてご説明いたします。


1.セミナーのご案内
◆酒類業界ECセミナー
・開催日時:10月30日(木) 14:00〜15:30(13:30より受付)

・開催場所:六本木ヒルズ(電話番号:03-4523-1100)
 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー 楽天株式会社本社
 (営団地下鉄日比谷線「六本木駅」より徒歩1分)


2.セミナー概要
【楽天市場 酒類取扱い企業様向けECセミナー】
・対 象 インターネットショッピングモール「楽天市場」に出店をお考えの酒類取扱い企業様
・セミナーの内容:
 第一部 酒類業界におけるネット販売の可能性
 第二部 「楽天市場」成功店舗様
      (有限会社京橋ワインリカーショップ 様)講演
 第三部 ネットショップ運営ノウハウについて


3.「楽天市場」の出店者事例
 (※セミナー講演企業様とは別の企業様となります)
・店舗名:ワイン&地酒 TODA(愛知県)
・URL:http://www.rakuten.co.jp/winetoda/
・取扱い商材:ワイン・地酒
・店長:戸田恵介様

◆「楽天市場」出店の動機(以下店長様談)
もともとは他のオークションサイトで商品販売していました。その頃は月商200万円程の売上でしたが、そこからが頭打ちになっていました。さらに売上を伸ばすためにショッピングモールへの参加を検討しており、知名度の高い「楽天市場」に決めました。

◆ご出店をされて、いかがでしたか?
当初は、何から手をつけたらいいのかが全く分かりませんでした。そんな時、ECコンサルタント(各出店者様をコンサルティングする担当者)より、運営方法のアドバイスや提案を受け、それらを実行に移しました。提案を受けたものの初めは半信半疑だった広告企画も、8,000人程のメールアドレスを集めることができ、その後の販売促進に活かしています。

◆ネットオークションや実店舗との違いは何でしょう?
一般的なネットオークション販売に比べ、企業向けのシステムのため運営がしやすいですね。また、実店舗では1本7〜8万円もするワインが1日で10本売れるなんていうことはありませんが、「楽天市場」だと売れています。やはり全国から閲覧されている反響は大きいですね。
このページの先頭へ