トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年8月18日
楽天トラベル株式会社
楽天株式会社
楽天トラベル 年内目標達成ペースで
全国宿泊契約施設数 4,000軒を突破!

 インターネット総合旅行サイト「楽天トラベル」を運営する楽天トラベル株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役社長 岡武公士・以下 楽天トラベル)は、昨年8月の楽天株式会社の分社から1年を経て、本日、契約施設数4,000軒を突破しました。
 楽天トラベルでは、年初の目標として、契約施設数を年末までに5,000軒まで増やし、総合トラベルサイトとして更なる成長を遂げることを掲げてまいりましたが、この度の4,000軒突破はこの目標に向け、大きく近づいたと言えます。

 今年1月の3,000軒達成からわずか7ヶ月で1,000軒との新規契約を交わすことができた背景には、楽天トラベルが、OEM提供やキャッシュバックキャンペーン、利用者モニターの募集などの施策を次々と行う中で、一般の方々にも広く利用される総合旅行サイトとしての認知が高まってきたことにあります。その結果、契約施設数の増加と、それに伴う月間の利用者数も前年同月比約300%と急激なスピードで拡大しつつあります。

現在、「楽天トラベル」では宿泊予約の利用者に対して、


1: 「楽天スーパーポイント」の付与(’02年11月1日より)
2: NORTHWEST航空 「ワールドパークス(R)・マイモール」のマイル付与 
(’02年10月31日より)
3: デオデオ「eeカードポイント」の付与(’02年12月3日より)
4: 全日空「ANAマイレージクラブ」マイル積算(’03年8月4日より)

などのポイント関連サービスを行い、ユーザメリットを提供することで、更なる利用者層の拡大を図っております。

楽天トラベルは、今後もユーザニーズに幅広くお応えできるサービスの提供を行っていくとともに、更なるサイト規模の拡大に向けて大きく前進してまいります。


【楽天トラベル概要】  URL: http://travel.rakuten.co.jp/
2001年3月末 契約施設数約600軒でサービススタート
2002年 8月 楽天株式会社より分社化
2003年 1月 契約施設数3,000軒突破
2003年 8月 契約施設数4,000軒突破
2003年12月
(予定)
契約施設数5,000軒突破を目指し、宿泊施設向け営業を強化中。
同時に、旅行会社向けの営業も強化しており、航空券やツアーの取扱高も過去最高値を更新中。
このページの先頭へ