トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年7月17日

楽天株式会社
楽天 アフィリエイトサービスを拡大!
A8ネット、バリューコマースとの提携開始

  楽天株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役会長兼社長 三木谷浩史・以下楽天)は、株式会社ファンコミュニケーションズ(本社 東京都渋谷区・代表取締役社長・柳沢安慶・以下 A8ネット)、バリューコマース株式会社(本社 東京都文京区・代表取締役社長 ブライアンネルソン・以下VC)の2社と業務提携をいたしました。本日より、「楽天市場」の出店者向けに、2社合計12万サイトのアフィリエイトパートナーとの提携を促進するサービス提供を開始します。

  アフィリエイトは、ホームページやEメールなどで手軽に広告収入を得られるとあって、法人・個人を問わずインターネットユーザに人気の収入手段となっています。
  一方、各企業にとっても成果報酬型広告として注目されており、楽天でも、2002年4月の株式会社トラフィックゲート(以下TG)との業務提携により、アフィリエイトプログラムを開始以降、マーケティングの重要な手段として位置付けてまいりました。現在、「楽天市場」の全流通額に占めるアフィリエイト経由の流通額は徐々に拡大し、今年6月には全体の20%を超えるまでに成長しております。

  この度のA8ネット、VCとの提携により、楽天の提供するアフィリエイトサービスは、既存のTG、ならびに自社運営の「楽天アフィリエイト」と併せ、全20万サイトのアフィリエイトを「楽天市場」の出店者に対して提供が可能となりました。楽天は、これにより「楽天市場」への誘導窓口が拡大することで、今後さらにユーザ層と流通総額の拡大が図れるものと考えております。

  また「楽天市場」の出店者は、出店費用の範囲内、アフィリエイトプログラムの追加の固定費なく成果報酬費用のみで(※)、3社(TG、A8ネット、VC)を利用し約20万サイトを対象としたアフィリエイトマーケティングが可能となるため、今まで以上に売上機会を広げることになります。
  一方、A8ネット、VCの両社は、この度の提携により、楽天の約170万商品を追加することで、自社アフィリエイトパートナーの紹介商品の選択肢を大幅に拡大させることが可能となります。

※「楽天アフィリエイト」のオプション機能を使用する場合は別途月額1万円がかかります。

【株式会社ファンコミュニケーションズ 会社概要】
株式会社ファンコミュニケーションズ(http://www.fancs.com/)は、1999年にインターネット上のパフォーマンス・マーケティングをサポートする技術会社として設立。現在、アフィリエイト運用代行サービスのA8.net(R)のほか、パフォーマンス・マーケティングに必要なコンテンツやマーケティングツールを開発し、運営・販売。
■資本金 :2億2,615万円
■主な株主:創業者グループ/エヌ・アイ・エフベンチャーズ株式会社/株式会社インプレス/楽天株式会社、あおぞらインベストメント株式会社

【バリューコマース株式会社 会社概要】
 1999年11月、日本初アフィリエイトマーケティングのソリューションプロバイダーとしてサービスを開始。アフィリエイトプログラム全体の1日の広告配信数は3億3千万インプレッション*1を超え、広告のリーチ率は49%*2と日本最大*2のアドネットワークを誇る。2002年3月にウェブログ解析サービスを提供するプラットフォーム・フォー・イー・ドットコムを100%子会社化し、2003年3月にはホスティングサービスを提供するデータ・ステーションズ株式会社を100%子会社化。メディア・Eマーケティング・Eシステムの3つのソリューションを軸とする総合Eビジネスソリューションプロバイダーとしてサービスを拡大。

*1 1日の広告配信数は、2003年4月現在の実績です。
*2 ネットレイティングス社 バナートラック・カスタム2003年5月調査による。
このページの先頭へ