トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年4月17日
楽天株式会社
「楽天フリマ」が、閲覧した商品の一覧を表示する
「あしあと確認」サービスを開始


http://furima.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役会長兼社長 三木谷浩史・以下 楽天)は、「楽天フリマ」において、過去に閲覧した商品・出品者・検索キーワードを一覧表示する「あしあと確認」サービスを開始いたしました。


◆「あしあと確認」とは?

 「楽天フリマ」内の商品ページをご覧いただくだけで、自動的にリストとして記録が残っていきます。表示場所は商品ジャンル、検索結果画面の左下(閲覧商品)と各商品ページの画面下(閲覧商品と出品者)になります。
 また、「あしあと確認」ページでは、過去に閲覧した商品、出品者が最大20件ずつ、検索キーワードが6件まで表示されます。「カートに入れる」「ウォッチリストに登録」(※)「あしあと履歴から削除」のボタンもありますので、チェックをつけたものを一括で登録・削除が可能です。
なお、「あしあと確認」のご利用には、楽天会員の登録は不要です。

※ウォッチリスト:気になる商品をこのリストに登録すると、商品の登録内容の変更や売切れの際にメールでお知らせが届く、いわばブックマークのような機能です。売切れ日もしくはオークション終了日から14日経過した商品と出品中止・削除された商品は自動的にリストから削除されます。


◆ご利用方法

 ユーザが「楽天フリマ」内において閲覧したページを、“あしあと”のように一覧表示できる機能です。4月9日より、ユーザは過去に閲覧したことのある商品なら、何度も検索することなく、いつでも商品の確認をすることが可能となりました。
 また「あしあと確認」画面では、再表示が不要な商品情報の削除はもちろん、気になる商品のウォッチリスト登録(※)、チェック商品の購入も可能なため、必要な商品情報だけを残した「ほしいものリスト」として利用することができ、大変便利です。

 「楽天フリマ」は、この「あしあと確認」サービスにより、ユーザの利便性を向上させ、一層の利用促進を図ってまいります。



「あしあと確認」イメージ画像


【楽天フリマについて】( http://furima.rakuten.co.jp/
 個人間オークションサービス「楽天フリマオークション」(1999年9月〜)と固定価格による中古品取引サービス「楽天中古市場」(2000年2月〜)の両サービスを2002年9月に統合。
 新たなサービスを付加した「楽天フリマ」としてリニューアルオープンし、現在、商品数 約250万品のマーケットプレイスとして成長中です。
このページの先頭へ