トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年4月17日
楽天株式会社
「楽天ビジネス」サイトに登録された見積依頼件数が
10,000件を突破!
それに先駆け、トップページをリニューアル

http://business.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役会長兼社長 三木谷浩史・以下 楽天)が運営する企業間マッチングサービス「楽天ビジネス」は、4月14日にビジネス商談のファーストステップである「見積依頼」の件数が10,000件を突破しました。
 「楽天ビジネス」は、日本の有料制B2Bマーケットプレイスの中でも、圧倒的な登録企業数と商談数を誇り、今後の更なる成長が見込まれています。
 さらに、今回の見積依頼10,000件突破に先駆け、3月26日にはトップページデザインを一新。分かりやすいナビゲーションにすることで、一層の利用率拡大を図っております。


□■楽天ビジネス利用状況■□

 「楽天ビジネス」の会員企業数は現在、約14,000社。これらの企業から登録された見積依頼(案件)数が10,000件を突破いたしました。また、サイト上でやり取りされた見積数は約58,000件、そこから発生した商談の数は12,500件と順調に取引量を増やしております。


【地域別利用状況】
 登録される見積依頼は、大都市圏からの依頼が多くなっております。
(東京近郊、大阪近郊で依頼の約7割)
 しかしながら、東京の案件を広島や福岡、九州などの地方企業が受注するなど、距離を越えた商談が活発にされています。


(利用事例:ご担当者様談)
【1】ミシマOAシステム 柳原様:福岡県、データセンター事業
 様々な工夫を凝らして、驚くほどに商談のお申し込みをいただけるようになりました。
 「どうしたらお客様に距離を感じさせず、商談を申し込んでいただけるのか」ということを徹底的に考え、見積内容に距離的な不安を取り除くようなご説明を加えています。

【2】turuchan'S SHOP 鶴田様:岩手県、Web関連事業
 九州のお客様とホームページの作成案件で成約することができました。
 かなり遠方のお客様でしたが、今回の件では、お客様が最終選考時に従業員よる投票を行い、その結果私どもが選ばれたそうです。


【業界別見積依頼状況】

 楽天ビジネスに依頼される案件(見積依頼)は、「新規取引先開拓」「クオリティアップ」といった目的で登録されることが多くなっております。Web関連のシステム構築やデザインジャンルの案件は、既存の取引先を持たない発注企業が新たに発注先を探す目的でご利用いただく場合の好例で、登録される案件数は全案件の約25%を占めています。一方、「クオリティアップ」のニーズでは印刷物やグラフィックデザインなどのジャンルで高く、これらのジャンルに登録される案件数は全案件の約20%を占めています。

【楽天ビジネス概要】
 2000年12月よりサービス開始。ホームページ作成、会計処理代行、印刷物作成、マーケティング調査など全37分野のサービス業について、サービスを必要とする企業と、サービスを提供する事業者(出展者)をマッチングしております。
 外注先を探す企業の利用料は一切無料で、たった一度見積り依頼を作成するだけで、全国の事業者から次々と見積りを取得することができます。
出展者の利用料は以下のとおりです。

■利用料金
出展形態 企業形態/規模 システム利用料 紹介手数料
法人タイプ1 法人(資本金5億円以上) 20,000/月 3,000円/回
法人タイプ2 法人(資本金5億円未満) 20,000/月 2,000円/回
個人事業主タイプ 個人事業主 6,000/月 1,000円/回
※契約期間は1年単位 ※発注側の業者探しのご利用(見積依頼)は全て無料
このページの先頭へ