トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年3月20日
インターネットショッピング動向マガジン
楽天PRニュース

今号のトピックス
石川発!産地直送が何より強味の地鶏園。
楽天市場でインターネット販売を開始し、今や月商500万円を超える勢いに!
http://www.rakuten.co.jp/zidori/
この楽天PRニュースは、インターネットショッピングモール「楽天市場」におけるインターネットユーザの動向を日々のトピックスに合わせてお届けしております。
 こんにちは。楽天・広報部です。ブロードバンド環境が急速に整いはじめ、楽天市場でも地方の出店者様が全国に向けて売上を伸ばしていらっしゃいます。
本日は石川県から月商500万円をあげる鶏肉通販の全国展開の成功事例をご紹介します。


石川発!産地直送が何より強味の地鶏園。
楽天市場でインターネット販売を開始し、今や月商500万円を超える勢いに!
(1) 産地直送という強みを生かした販売で、月商500万円超へ
 「地鶏・銘柄鶏の飼育から販売までをすべて手がけ、高い鮮度が何よりの強み」と語ってくださった「とり農園」園長の河内様。通常、スーパーで販売されている商品は鶏肉を処理してから3〜4日経過しているが、同店は処理したその日に発送できるため、品質・鮮度の高い生食用商品(たたきなど)を提供することができるのが何よりの強み、とのこと。実際、月商約500万円に占める生食の割合は約半分と、ユーザニーズも大変高い状況です。
ユーザ属性としては、30代〜40代の女性が多く、一家の食卓を預かる者として昨今問題になった精肉製品への不安感もひときわ強い層とのこと。「とり農園」では「生産から販売まで自分たちの手で行い、飼料添加物・食品添加物は一切使用しておりません」という会社のポリシーをどのページにも表記しています。これは、こうしたシビアな視点を持つユーザ様の不安感を取り除くためとか。
こうした心遣いが、ファンの拡大のポイントといえそうです。楽天市場出店によりインターネット販売をスタートした同店では、「『石川発 新鮮な地鶏を販売しているお店』としてさらに全国へアピールしていきたい」とのことです。

(2) 最高の鶏肉を、最高の調理法・調味料で味わっていただくことを重視!
 鶏を知り尽くした生産者の立場から、部位別の上手な調理法や高い栄養素に至るまで事細かに案内されている点も人気の理由です。
 また、自らの体験から地鶏をさらにおいしくしてくれる要素として、地元石川県の職人がつくる全国でも珍しい珪藻土(けいそうど)の七輪や能登の手作り塩も販売。園長の河内様は「鶏肉をおいしく召し上がっていただけるシチュエーションのすべてを提供したい」と、鶏肉へのこだわりを熱く語ってくださいました。

楽天市場店舗名: とり農園
URL: http://www.rakuten.co.jp/zidori/
ご出店時期: 2001年4月
住所: 〒929-1215 石川県河北郡高松町字高松乙2-96
店長: 河内 健一 様
【参考】
◇店舗当り流通額の推移
/pr/2003/0314/info_pp0314.gif
◇楽天市場出店企業数:10,729店(3月13日現在)
このページの先頭へ