トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年3月18日
インターネットショッピング動向マガジン
楽天PRニュース

今号のトピックス
「たかが、かりんとう。されど、かりんとう。」
かりんとうに愛情を込める北海道のお店が全国を目指す!
http://www.rakuten.co.jp/karintou/
この楽天PRニュースは、インターネットショッピングモール「楽天市場」におけるインターネットユーザの動向を日々のトピックスに合わせてお届けしております。
 こんにちは。楽天・広報部です。ブロードバンド環境が急速に整いはじめ、楽天市場でも地方の出店者様が全国に向けて売上を伸ばしていらっしゃいます。
本日は北海道からこだわりのかりんとうで全国展開に成功している店舗様をご紹介します。


「たかが、かりんとう。されど、かりんとう。」
かりんとうに愛情を込める北海道のお店が全国を目指す!
 かつて道内の至る所にあった、かりんとう屋も今では4、5店にまで減少。そんな時代の流れの中で北海道の味にこだわって、かりんとう作りを営んでいる創業40年の老舗です。
 その老舗がかりんとうに込めた北海道の味は、ラベンダー、牛乳、とうきび、昆布、チーズ、そば、しょうゆ、小豆、ほうれん草にかぼちゃ、と北海道の代表素材ばかり。
 しかも価格は一袋300円。同店ではかりんとうだけで1日に平均150袋、一ヶ月では約5,000袋も販売しています。
 「『時々お客様から、どうしてこんなに高いの?たかが、かりんとうでしょう。』といったご質問をいただくこともあります。ただ、素材を吟味していくと結局いいものにしかぶつからない。うちの店では価格よりも素材にこだわり続けたい。
だから少々高くなってしまいますが、この味のファンの皆様の期待を裏切らないためにも、値段を下げずにやっていきたいと思っています。」と店長の高山さん。

 素材にこだわる同店の人気ランキングは、優しい味の「牛乳かりんとう」、昔ながらの懐かしい「黒糖かりんとう」の順。どちらも北海道産の低農薬小麦「ハルユタカ」を利用したかりんとうで食感に特徴があるとのこと。
 30代から60代後半と幅広いユーザをファンにもつ同店では、新商品の企画や楽しいイベントも目下検討中。「これによって、年内の販売数量5倍増を考えています。」と新たな目標を語っていただきました。

 同店は楽天市場内約6,200店の中から優秀店舗に贈られる「ショップ・オブ・ザ・イヤー2002年」の受賞店舗でもあります。ユーザ様の応募によって「キャッチ・コピーコンテスト」を開催するなどのイベントでファンを着実に増しています。

楽天市場店舗名: 旭川発北海道のかりんとう屋
URL: http://www.rakuten.co.jp/karintou/
ご出店時期: 2000年4月
住所: 〒079-8413 北海道旭川市永山3条4丁目1-5
店長: 高山 修 様
【参考】
◇店舗当り流通額の推移
/pr/2003/0314/info_pp0314.gif
◇楽天市場出店企業数:10,729店(3月13日現在)
このページの先頭へ