トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2003年1月15日
楽天株式会社

「楽天ビジネス」サイトから発生した商談件数が10,000件を突破!
さらに、広告モデルの礎となる付加サービスを出展者向けに追加

http://business.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役会長兼社長 三木谷浩史・以下 楽天)が運営する企業間マッチングサービス「楽天ビジネス」は、2000年12月のサービス開始より2年を経て、2003年1月8日にサイトを経由して発生した商談件数が10,000件を突破しました。楽天ビジネスは、日本の有料制B2Bマーケットプレイスの中でも圧倒的な流通量を誇り、今後の更なる成長が見込まれています。
 さらに本日より、楽天ビジネスは出展者(受注側登録者)向けに「直接問い合せ機能」「リスティング機能」の2つの機能をスタートします。楽天ではこれらのサービスが、楽天ビジネスにとって新しい広告事業展開の布石となるものと考えております。



■ 楽天ビジネス利用状況 ■
 1月8日までに楽天ビジネスの会員企業数は12,500社、サイト上での見積りのやり取りは約48,500件となっており、そこから発生した商談の数がこの度10,000件を超えました。

■ 新機能の概要 ■
【「直接問い合せ機能」により、商談機会アップ】
 通常、楽天ビジネスの商談ビジネスモデルは、仕事を依頼する事業者(A)より出された依頼に対して、複数の出展者(BやC)が見積り依頼を作成します。その後事業者(A)は楽天ビジネスを経由して受け取った見積りの中から特定出展者との商談希望を楽天ビジネスに告げます。ここではじめてお互いの企業名や連絡先は開示され、商談が発生する手順となります。
 今回追加された「直接問い合せ機能」※によって、出展者(BやC)は自社の連絡先をウェッブ上に開示することができるようになるため、仕事依頼者からの見積り依頼を待つ以外に、新しい顧客との接点を持つことが可能となります。一方発注側企業は、これまで気になる業者に対して見積り依頼という形でしかコンタクトを取ることができませんでしたが、この機能を利用している出展者に対して、気軽に問い合わせ※をすることが可能となります。
(※追加機能申込出展者に限る)

・「リスティング機能」により上位表示され露出拡大に
 通常、サービスジャンルごとの出展者一覧は、ページ更新が新しく、なおかつ発注企業からの評価が高い順番に一覧表示されておりました。「リスティング機能」とは、お申込みいただいた出展者様を上位に表記するサービスです。これにより、まだ受注件数が少ない出展者の露出度を向上させ、受注機会を拡大させることとなります。

・楽天ビジネスの新しい広告事業という位置付け
 楽天ビジネスにとっては、これらの機能を有料で提供することにより、広告事業としての新しい展開が開け、更なる収入増加を見込んでおります。

 さらに今回は、導入キャンペーンとして「直接問い合せ機能」「リスティング機能」をセットでお申し込み頂けるようになっており、気軽にお試しいただけるキャンペーン価格となっております。

・導入キャンペーン期間:2003年1月15日(水)〜4月14日(月)
・キャンペーン料金:3万円/月(出展者負担)
・通常料金:キャンペーン終了時までに決定

【楽天ビジネス概要】
 ホームページ作成、会計処理代行、印刷物作成、マーケティング調査など全37分野のサービス業について、サービスを必要とする企業と、サービスを提供する事業者(出展者)をマッチングするサービスです。
 外注先を探す企業の利用料は一切無料で、たった一度見積り依頼を作成するだけで、全国の事業者から次々と見積りを取得することができます。出展者の利用料は以下のとおりです。


出展形態 企業形態/規模 システム利用料 紹介手数料
法人タイプ1 法人(資本金5億円以上) 20,000/月 3,000円/回
法人タイプ2 法人(資本金5億円未満) 20,000/月 2,000円/回
個人事業主タイプ 個人事業主 6,000/月 1,000円/回
※契約期間は1年単位 ※サービス発注側の見積り利用は全て無料
このページの先頭へ