トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2002年12月25日
楽天株式会社

楽天市場
2002年集大成 インターネットショッピングはどう進む?
〜ユーザアンケート結果報告〜

 楽天株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役会長兼社長 三木谷浩史・以下 楽天)は、同社が運営するショッピングモール楽天市場にて、2002年5月よりユーザを対象にアンケートを実施してまいりました。
 楽天市場を訪れるユーザはインターネットショッピング経験者も多く、通信ブロードバンド化に伴うインターネットショッピングの動向も合わせて把握できるため、非常に興味深い結果となっております。
本日は過去7回にわたるユーザアンケート結果より、2002年のインターネットショッピングの動向として顕著な部分を抽出してご報告申し上げます。

【総括】
 ユーザの接続環境は5月の時点で約半数がブロードバンド化にあり、利用時間も1日あたり1時間〜3時間とインターネットショッピングをするのに十分な滞在時間を費やしています。また、ネットでの販売が難しいと言われがちなファッション関連商品についても、購入経験者を含め、約8割が「買う」と答えており、ユーザの意識、環境ともにインターネットショッピングがますます定着・拡大する条件が整ってきたことを伺わせます。
 また、楽天にて10月より本格的に開始したHTMLメールについても、非常に好意的に受取られており、これによって商品ページを見るなど何らかの行動を取ったユーザも3人に1人いるため、この反響の良さから、今後HTMLメールでの販促活動が盛んになることが予想されます。



ユーザアンケート結果概要
【1】「楽天市場」イメージ=「日本最大級のショッピングモール」約7割
[2002年10月23日(水)〜30日(水)有効回答数:4,786]
【「楽天市場」のイメージ】
「日本最大級のインターネットショッピングモール」 ・・・ 68.0%
「何でもある、何でも売っている」 ・・・ 55.7%
「お得に買物ができる」 ・・・ 46.3%
「インターネットといえば真っ先に思い浮かぶサイト」 ・・・ 34.6%
【楽天市場のページから受けるイメージ】
「楽しい」 ・・・ 50.7%
「明るい」 ・・・ 49.5%
「面白い」 ・・・ 42.2%
「庶民的な(親しみやすい)」 ・・・ 41.5%

【2】インターネットは自宅から約9割、利用時間は1時間〜3時間が約5割
[2002年5月8日(水)〜15日(水)有効回答数:10,846]
【インターネット利用場所】
「自宅」 ・・・ 89.1%
「会社」 ・・・ 9.9%
「学校」 ・・・ 0.7%
【接続環境は】
「ADSLなどブロードバンド環境下」 ・・・ 52.9%
【利用時間(1日あたり)】
「1時間〜3時間未満」 ・・・ 49.4%
「3時間〜5時間未満」 ・・・ 19.5%
「1時間未満」 ・・・ 14.8%

【3】インターネットでファッション関連商品を買う 78.4%
[2002年7月3日(水)〜10日(水)有効回答数:3,506]
【ネットでの買物(ファッション関連商品)】
「既に購入したことがある」 ・・・ 32.2%
「いいものがあれば購入したい」 ・・・ 46.2%

【4】HTMLメール ; 分かりやすい72.7%、何らかの行動を取った3人に1人
[2002年8月21日(水)〜30日(金)有効回答数:7,492]
「HTMLメール、実際に読んだことがある」 ・・・ 89.1%
「テキストメールよりも分かりやすい」 ・・・ 72.7%
「該当商品ページを覗いてみた」 ・・・ 30.1%
「メールの内容に興味を持った」 ・・・ 29.3%

【5】2002年買って得した、正解だったアイテム「かに」がトップ
来年注目のアイテム「デジカメ」「DVDソフト・プレーヤー」
[2002年11月20日(水)〜27日(水)有効回答数:2,900]
【買って正解だった商品(自由回答)】
1位 「かに」
2位 「共同購入で購入したもの」
3位 「ローズヒップティー」
4位 「低反発枕」
5位 「デロンギ製品」
【来年絶対に購入したい商品(自由回答)】
1位 「デジカメ」
2位 「DVDソフト・プレーヤー」
3位 「ヴィトン」
4位 「PC」
5位 「エルメス」
このページの先頭へ