トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2002年8月2日

楽天市場 ショッピングモールのコンテンツ提供先を5社目に拡大
8月1日よりNTTコミュニケーションズのOCNに提供開始

 インターネットショッピングモールを運営する楽天株式会社(本社 東京都目黒区 代表取締役 三木谷浩史 以下 楽天)は、8月1日より、NTTコミュニケーションズ株式会社(本社 東京都千代田区 代表取締役社長 鈴木正誠 略称 NTT Com)が運営するインターネットサービス「OCN」に対して、ショッピングコンテンツの提供を行います。

 今回の提携により、楽天は、OCNサイトのショッピングサービスである「OCNショップナビ」(URL→ http://www.ocn.ne.jp/shopping/ )において、「ファッション」「フード・ドリンク」など8つのジャンルに、楽天のショッピングコンテンツを提供いたします。

 NTT Comは、楽天の充実したショッピングコンテンツを利用することにより、既存のショッピングコンテンツの充実を図ります。また、提携の一環として、楽天は楽天市場内での商品購入時の支払い手段として、NTT Comの提供する「セーフティパス」およびネットワーク型電子マネー「ちょコム」による決済サービスの店舗向け斡旋を行なう予定です。

 楽天(URL: http://www.rakuten.co.jp/)は、本年4月より、国内大手サイトへのショッピングコンテンツ提供を本格的に進めており、楽天市場のショッピングコンテンツ(取扱商品数 約120万点 8月1日現在)を外部のサイトに提供することにより、楽天市場の出店者様への集客力のアップとユーザー層の拡大を図っております。
 楽天のコンテンツ提供先は、今回の提携で合計5社となりますが、すでに提供している外部サイトの販売額も順調に推移しております。
 楽天は、今後とも積極的にコンテンツ提供サイトを拡大し、楽天市場の流通額の増大を図ってまいります。
このページの先頭へ