トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2002年7月9日
楽天ビジネス 1,000社突破!
「楽天ビジネス」出展者数1,000社突破!
〜日本最大級のB2Bマーケットとして、楽天市場に匹敵するペースで成長中〜

http://business.rakuten.co.jp/

 楽天株式会社(本社 東京都目黒区、代表取締役社長 三木谷浩史 以下楽天)が運営する企業間マッチングサービス「楽天ビジネス」は、サービス開始より約1年半を経て、6月26日に有料会員である出展者(受注側登録者)数が1,000社を突破いたしました。

この成長ペースは、伸びが難しいともいわれている日本の有料制B2Bマーケットプレイスの中での快挙であり、B2Cの楽天市場モール事業(1997年5月スタート、2年3ヶ月後の1999年8月に出店1,000社突破)に匹敵する高い成長性になります。これにともない、楽天ビジネスでは本日より出展者向けにモバイルサービスをスタート。また、サイト利用者向けには「1,000社突破キャンペーン」を実施いたします。

モバイルサービス概要
 楽天ビジネス出展者は、興味のある分野の新着見積依頼や商談申込のほか、見積り提出後の不採用通知などを携帯電話でリアルタイムに把握可能となりました。これにより、外を回ることの多い営業マンも、ビジネスチャンスをより確実にすることが可能です。
1,000社突破キャンペーン
 7月31日までに楽天ビジネスで見積依頼を作成いただいた方(発注側)と、出展の資料請求をされた方の中から抽選で20名様に、楽天ビジネスお勧めのビジネス書をプレゼント致します。
【楽天ビジネス概要】

 2000年12月よりサービス開始。ホームページ作成、会計処理代行、印刷物作成、マーケティング調査など全37分野のサービス業について、サービスを必要とする企業と、サービスを提供する事業者(出展者)をマッチングするサービスです。
 外注先を探す企業は、たった一度見積依頼を作成するだけで、全国の事業者から次々と見積を取得することができます。サイトを経由して発生した商談の件数は、サービス開始当初より累計で7,000件に迫り、作成された見積数も33,000件を超えるなど、日本最大級の流通量を誇るマーケットとして、評価をいただいております。

さらに今後は、他サイトへのOEM提供(現在(株)インフォシークに対し実施中)などを実施することにより、出展者数を伸ばしていくほか、現在約9,200社の発注側登録者とそれらによる楽天ビジネスのサービス利用を促進していく予定です。
参考1:楽天ビジネス利用料金
出展形態
企業形態/規模
システム利用料
紹介手数料
法人タイプ1 法人(資本金5億円以上) 20,000/月 3,000円/回
法人タイプ2 法人(資本金5億円未満) 20,000/月 2,000円/回
個人事業主タイプ 法人個人事業主 6,000/月 1,000円/回
契約期間は1年単位 ※サービス発注側の見積り利用は全て無料
参考2:受注者の声
事例1)提案力と技術さえあれば企業規模にとらわれずに勝負ができる!
・受注者: 有限会社太田印刷・長谷川様(石川県の印刷事業者)
・感想: 「大手企業などに直接営業に行くと、玄関先でけんもほろろに断られることがよくあります。最近、楽天ビジネス経由で大手 の企業様から引き合いがありましたが、ネットでは提案力と技術があれば十分勝負が出来ると実感しました。」
事例2)営業の効率化、コスト削減効果も。
・受注者: 株式会社ジェイグルーブネットワークス・松本様(大阪府のWeb事業者)
・感想: 「当社のニーズにあった案件にだけ見積りを出すことができますから、従来の営業と比べてかなり効率がよくなりました。しかも、電話やメールで商談が成立することもあり、実際に足を運ぶのはもう成約の段階です。時間・コストとも最小で済みます。」
参考3:発注者の声
事例1)とにかくスピーディ!
・目的: ホームページ作成で利用(株式会社JTBフォト・宣様:フォトライブラリー事業)
・感想: 「見積依頼を作成後、2〜3日で約10件のお見積りをいただき、非常に時間的なメリットを感じました。」
事例2)ニーズを満たす業者を簡単に探せる。
・目的: 会社案内作成、月刊誌作成、翻訳、システム構築などの様々な分野でリピート利用(株式会社川原経営総合センター・田川様:経営コンサルティング事業)
・感想: 「インターネットを通じて新たな発想・より高いクオリティを追求することが可能になりました。全国から洗練されたサービスを受けられる点が助かります。」
このページの先頭へ