トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2001年12月17日

楽天 年末商戦の売上が好調の伸びを記録

楽天株式会社(本社 東京都目黒区・代表取締役 三木谷浩史 以下 楽天)は、運営している「楽天市場」において、11月15日から年末商戦に向けたイベントを開催しております。現在、インターネットショッピングモール「楽天市場」の歳末売上が大変好調に推移しておりますので、人気商品の動向とあわせてご案内いたします。

【歳末売上の推移】
以下は年末商戦における流通総額累計(※)の推移を示したものです。

※流通総額累計
 =モール、スーパーオークション(BtoC)、共同購入の市場流通額合計
集計期間 2000年 2001年
(1)11/15~11/24 9.7億円 16.1億円
(2)11/25~12/4 10.3億円 18.5億円
(3)12/5~12/14 12.6億円 21.8億円
合計 32.6億円 56.4億円

(1)~(3)の流通総額累計は2000年が32.6億円、2001年が56.4億円と増加しています。
また期間中(1)~(3)の伸び率も2000年の29.9%と比べて、2001年は35.4%と大幅に拡大しております。

【主要ジャンルにおける商品動向】
●ボーナス、クリスマス企画:

・家電量販店の場合
1週間でパナソニックのビデオが約100台、ソニーのDVD約150台を販売。その他、ご自宅で映画館気分が味わえるホームシアターなども人気の商品です。

・インテリア雑貨店の場合
共同購入(※)において、コンパクトヒーター100台の販売が1日のうちに3回連続開催され、いずれも5分、6分、8分で売りきれ、別日には42台を3分間で販売終了に。

・ブランドショップの場合
有名ブランドのショルダーバックが2日で50個以上販売。

  ・その他
クリスマスイベントに備え、ダイエット商品も人気商品の一つとなっております。

●お歳暮・年末特集:

・水産物・水産加工品店舗の場合
12月の売上が、本日現在すでに通常月比3倍~10倍となっている店舗が数多く登場。
12月1日~12日の間で、かにが通常購入で1,000尾以上、共同購入(※)においては購入件数が400件以上の売れ行きを記録する店舗もあります。

  ・その他
菓子専門店が2日でシフォンケーキ150個以上を販売した他、果物やワイン、日本酒なども人気があり、通常月比で売上が2~3倍以上となっている店舗様も数多く登場。

●ケータイ版楽天市場:
若年層ユーザー様が手に入れやすい価格帯の商品に人気があり、さらに売れ行きが早い傾向があります。クリスマス企画やホットアイテムを紹介するモバイルニュースの配信直後の数日間で、格安のインナー福袋が約200個、ペアリングが50個以上、人気のスポーツ選手のカレンダーが150個以上売れております。

※共同購入・・・
 販売個数が増えれば増えるほど、販売金額が下がっていくシステム。

楽天は、2001年9月よりジャンル別にコンサルティングを行うバーティカル事業部制を採用し、各イベントでメインとなる商材を中心に戦略的に販売するノウハウを日々蓄積しております。
また、今年の年末商戦は期間的にはまだ折り返し地点ではあるものの、この度のモール内売上の伸びから、楽天は、ユーザー様のインターネットショッピング普及・浸透をさらに確信し、今後一層のマーケット拡大を見込んでおります。
このページの先頭へ