トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2001年11月29日

楽天株式会社、イーバンク銀行、ジャパンネット銀行と一部業務提携
~楽天市場店舗への決済サービスを12月3日よりスタート~


 楽天株式会社(東京都目黒区 代表取締役社長 三木谷浩史)は、イーバンク銀行株式会社(東京都千代田区 代表取締役社長 松尾泰一)と株式会社ジャパンネット銀行(東京都新宿区 代表取締役社長 宮井芳行)と一部業務提携を行い、12月3日より、楽天市場出店者に対して、イーバンク銀行が提供している「イーバンクペイサービス」とジャパンネット銀行が提供している「ezp@y」の両決済サービスを楽天市場特別プログラムとしてスタートいたします。

【出店者のメリット】
 両サービスともWEB上の専用管理画面から入金の管理をすることができ、入金確認業務の効率化することが可能です。
また、楽天市場特別プログラムとしてこれらのサービスを出店者が申込んだ場合、料金面で有利な条件で利用することができます。

【ユーザーのメリット】
「イーバンクペイサービス」や「ezp@y」を採用している店舗で購入する際には、銀行などに赴くことなくWEB上で決済を完結することができるほか、ユーザーがイーバンク銀行やジャパンネット銀行に口座を保有する場合、振込み手数料が無料になるため、一層便利で快適な「楽天市場」のお買い物をお楽しみいただくことが可能となります。
このページの先頭へ