トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2001年7月5日

インターネット書店「まんがseek楽天ブックス」をオープン

楽天ブックス株式会社(以下・楽天ブックス、本社:東京都目黒区、代表取締役社長:杉原章郎)と、マンガのデータベース&コミュニティサイト まんがseek(http://www.mangaseek.net/)(以下・まんがseek、本部:東京都稲城市、代表:河野武)は、このほどコンテンツパートナーとして協力することに合意しました。

この合意に伴い、まんがseekブランドでのインターネット書店「まんがseek楽天ブックス」(http://books.rakuten.co.jp/mangaseek/)を2001年7月3日にまんがseek内に開設し、コミックを中心とした書籍のオンライン販売サービスを開始いたしました。

かねてより楽天ブックスは、インターネット書店としては珍しい形態のブックショッププラットフォーム事業を急速に展開しており、単純な検索結果からのアフィリエイトを展開している他社とは差別化をはかるため、パートナーのブランディングに配慮しつつ、楽天ブックス名義でオンライン書籍販売を行うことで、パートナー独自のコンテンツからの書籍販売への誘導を可能とし、更なる販売機会の拡大を目指してまいりました。
この度、楽天ブックスは、まんがseekと連携することで、日本が世界に誇れる文化であるマンガ・コミックというジャンルを活性化できるとともに、利用者と一緒にデータベースを充実させ、ボランティアで運営するまんがseekの運営に協力できると考えました。

「まんがseek楽天ブックス」では、楽天ブックスのデータベースの他に、従来から所有している利用者とボランティアによって作り上げられた独自のデータベースの検索結果から書籍購入が可能になる他、まんがseek利用者のニーズに応じて、特集やイベントを行うほか、スタッフ及び有志ナビゲータによるオススメコミックの積極的な推薦や、「まんがseek楽天ブックス」オリジナルの画面デザインといったカスタマイズを適宜導入してまいります。

また、「まんがseek楽天ブックス」の情報は、メールマガジンや掲示板等のコミュニティなども最大限に活用していく予定です。

まんがseekは、「まんがseek楽天ブックス」という楽天市場で培われたインターネット通信販売の安全性・信頼性・利便性を兼ね備えた、楽天ブックスのインターネット書店機能を装着することによって、書籍の販売手数料という新たな運営費を確保することができ、それにより一層のコンテンツの充実を図り、利用者のサービス向上を目指します。

◆楽天ブックス株式会社
【URL】→ http://books.rakuten.co.jp/
日本最大級のインターネットショッピングモール「楽天市場」にオープンした総合オンライン書店。楽天市場のモットーとする「顧客第一主義」を踏襲し、楽天市場の多数の出店者と同様、「あなたのお気に入りの本屋」を目指して様々なサービスの提供を行なっている。
2001年4月よりブックショッププラットフォーム事業を開始し、優良なコンテンツパートナーと供に、出版業界の活性化をめざす。

◆まんがseek
【URL】→ http://www.mangaseek.net/
2000年1月にオープンした漫画専門のデータベースサイト。ボランティアにより運営されている。データベースへの登録は利用者に開放されており、それぞれが自分の知っている情報を持ち寄って充実させている。登録作品数は約20000件、また5000人以上の漫画家が登録されている。利用者による書評も募集しており、すでに600件のレビューがある。
「世界一の漫画データベースをつくろう」が合言葉で、世界最大の漫画コミュニティの創造を目指している。

ご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。
このページの先頭へ