トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2000年8月10日

楽天株式会社 モバイルEC ASP事業をスタート

インターネットショッピング&オークションサイト「楽天市場」を運営している楽天株式会社 (東京都目黒区・代表取締役社長 三木谷浩史)は2000年9月より、携帯電話のインターネットサー ビスに対応した、ショッピングモール「楽天市場」の提供を開始、本格的モバイルEC(電子商取引) のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)事業をスタートいたします。

これまで「楽天市場」のショッピングサービスは、PC上のWebブラウザ上に限られていました。 今回のサービス開始により、ユーザーは携帯電話からも「楽天市場」のショッピングサービス を利用することが出来ます。

また、今回の携帯電話向けサービス「楽天市場」は複数の通信事業者と公式コンテンツ契約を結び ます。
携帯電話の公式メニューに、多くの店舗が参画する本格的モバイルEC(電子商取引)のコンテンツ が提供されるのは、「楽天市場」がはじめてとなります。

楽天は、楽天市場の参加店舗に対して、携帯電話向けモバイルEC(電子商取引)およびコンテンツ 編集のASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)事業を展開します。
参加各店舗に対しては固定+売上げに応じた従量課金を行い、弊社の新しい収益源となります。 ユーザーに対しては情報提供料無料のサービスとなります。

サービス開始は2000年9月以降、各通信事業者のインターネットサービス上で開始していく予定 です。
当面は通常のショッピングサービスを展開しますが、オークションサービスや共同購入サービスに ついては順次サービスを開始します。

携帯電話のインターネットサービス契約数は約1500万台を超え、インターネット白書2000(イン プレス刊)によると、モバイルコンピューティングの利用者数は2003年度には5,292万人と推定 されています。

楽天では、モバイルECのマーケットが今後加速度的に拡大すると考え、当該事業を新たな収益の 柱と位置付けて、積極的に進めてまいります。

●楽天市場
楽天が運営する日本最大級のショッピングモール&オークションサイトで、現在契約店舗数約3950店、 取扱い商品数約45万点を誇る。
コンシューマのコミュニティサイトとして非常に人気が高く、現在月間アクセス数は約1億1600万PV となっている。
インターネット視聴率調査JAR(Japan Access Rating)では総合第3位。
ホームページアドレス:http://www.rakuten.co.jp/

このページの先頭へ