トップ > CSR 社会的責任 > 本業を通じてお役にたつために > 東北楽天ゴールデンイーグルスの地域密着活動~観戦から参戦へ

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Company's Mission 本業を通じてお役にたつために

楽天イーグルスの地域密着活動~観戦から参戦へ

東北楽天ゴールデンイーグルス(以下、楽天イーグルス)は、球団創設時から地元のファンに愛され支えられる球団を目指し、地域密着をテーマにコミュニケーション活動を促進してまいりました。地元ファンの支援は温かく、今では仙台市内中心部のアーケード街や仙台駅東口と楽天Koboスタジアム宮城(以下、コボスタ宮城)を結ぶ宮城野通が楽天イーグルスのチームカラー「クリムゾンレッド」に染まるほど、多数の応援フラッグが掲げられるようになりました。

楽天イーグルスは、地元ファンの変わることのない温かさと、時にはチームを奮い立たせるような熱い思いに支えられ、新規参入からわずか5年目の2009年に、プロ野球クライマックスシリーズ進出を成し遂げることができました。今後も地域密着活動を通じて地元ファンとの交流を通じ、温かい絆を結び続けてまいります。

試合を観戦するから、参加する参戦へ

楽天イーグルスは、「The Baseball Entertainment Company~私たちは、野球を通じて感動を創り、夢を与える集団である~」を理念として掲げるように、試合を観戦するファンが試合に参加し、体験する楽しさを感じられる、新しい観戦文化の創出を目指しています。

試合前に実施するイベントは、「観戦から参戦へ」をキーワードに地元ファン参加により実施されます。学校やコーラスグループによる国歌斉唱、地域の伝統芸能を伝承する大名行列など、球団創設時から多くの方々に登場いただき、累計参加者数は5万人を突破しました。

累計21,789名、ボランティア参加による球団運営

楽天イーグルスは、地元のファンが球団運営に直接携わっていただける「ボランティアスタッフ制度」を、プロ野球界における初の試みとして球団創設時より採用しています。

この制度は、「地域密着の実現」をその重要な目的としており、2012年時点の参加人数は累計21,789人と多くのボランティアに参加いただきました。参加者の年齢は、16歳から77歳と多岐に亘り、コボスタ宮城に設置されている5箇所のエコステーションにてゴミの分別を啓発するエコの伝道師として活躍いただいています。

その他のボランティア活動
ボランティア活動は、エコ活動を推進する「エコボランティア」のほかに、試合中のコボスタ宮城で案内役を担う「スタジアム案内ボランティア」、急病人などの救護にあたる「医療ボランティア」の3分野において活躍いただいています。

ボランティア感謝祭
ボランティアの皆様を対象とするイベントとして、2006年からコボスタ宮城1塁側内野スタンドに増設された大型ラウンジEagles' Nest(イーグルスネスト)にて「ボランティア感謝祭」を開催しています。一年お世話になったボランティアの方々との懇親を中心に、MC経験のない選手による、たどたどしいながらも温かい司会ぶりなど、お楽しみいただける趣向を凝らし、参加者より好評の声をいただいています。

「ボランティア感謝祭」では、その年の優秀なボランティアを称える表彰式を行い、楽天イーグルスならではの特賞を授与しています。2009年度は、特賞として久米島で実施する春季キャンプに招待しました。

(関連リンク)東北楽天ゴールデンイーグルスのボランティア活動について

未来のイーグルスファンとの交流

楽天イーグルスは地域密着の一環として、幼稚園から中学校まで、未来のイーグルスファンとの交流を積極的に行っています。

未来塾
子供たちに夢を持つ大切さを伝えるために、2009年より開始しました。「楽天イーグルス ジュニアコーチ」「東北ゴールデンエンジェルス」「スタジアムDJ」がドリームアンバサダー(夢の伝道師)として講師を担当し、小学校高学年を対象に夢を叶えるための手助けをしています。いずれの会においても、子供たちは目を輝かせ将来の自分について真剣に考えています。
職場体験・職場訪問
プロ野球に関わる仕事への理解を深めるために、小中学生の総合学習の受け入れを行っています。球団スタッフの案内により、普段見ることのできないプロ野球試合当日の裏側や球団スタッフの仕事など、Kスタの見学を中心に学んでいただいています。
小学校・幼稚園訪問
小学校は選手が、幼稚園は公認マスコットのクラッチ・クラッチーナがそれぞれ訪問し、地元の未来のファンとの交流を深めています。特に選手の学校訪問は、選手の大きな体とキャッチボールで繰り広げられる迫力に、子供たちが圧倒される場面もあり、選手と共にするかけがえのない時間を満面の笑みで過ごしてくれています。

(関連リンク)東北楽天ゴールデンイーグルスの地域密着活動について

  • NPO・NGOとの協力
  • 楽天クラッチ募金 支援を必要としている人のため皆様のご協力をお願いいたします。
  • 楽天いどうとしょかんは福島の子供たちのための教育振興および復興支援の一環で運行をスタートしました。この活動を多くの方に知ってもらうため、2014年5月より順次活動地域を広げ、岐阜、島根、群馬の4県で運行をしております。楽天いどうとしょかんの新たな取り組みについて掲載しています。
  • 楽天IT学校は、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業です。
  • イヌワシが生息できる豊かな森を守ること、「イヌワシを守ろうプロジェクト」の継承・発展を目的に、「楽天の森」プロジェクトを立ち上げました。すべての生き物のため、森林整備を全国で実施します。また、グループのさまざまな事業で啓発活動を実施し、パートナー様やお客様の活動参加を呼びかけ、活動を全国に展開していきます。
  • 楽天は、親と離れて暮らす子どもたちを力づける支援活動「楽天つばさプロジェクト」の一環として、クリスマスプレゼントを届ける「楽天サンタプロジェクト」を企画・実施しています。
  • みんなで作ろう 子どもオーケストラ
  • 楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト募金
  • オークションゆうパックで寄付をしよう
  • 楽天 x ZURICH 森にちょこっといいこと W-ECOプロジェクト

このページの先頭へ