トップ > CSR 社会的責任 > Rakuten Social Responsibility Project 楽天が考えていきたい4つのこと > 楽天グループの支援活動一覧

このページを印刷する

CSR 社会的責任

楽天グループの支援活動一覧

■東日本大震災に対する緊急支援など、2011年8月末まで実施した楽天グループの支援活動レポートです。

【楽天クラッチ募金】皆様からの心温まる支援を義援金として宮城、岩手、福島にお届けしました。(2011/8/9更新)NEW
この記事を
東日本大震災被災者義援金について日頃よりご支援をくださっている皆様、ご協力ありがとうございます。皆様からお預かりしている義援金(楽天市場からの支援含む総額160,520,974円)をお届けするために、宮城、岩手、福島の3県に伺いました。

震災から4ヶ月経過してもなお、慌しくご対応されていらっしゃる中、宮城県は知事の村井様、岩手県は商工観光部副部長の高橋様、福島県は保健福祉部部長の佐藤様に貴重なお時間をいただきました。

寄贈にあたり伺ったのは、楽天野球団の社長兼オーナーであることから東北にゆかりのある島田常務です。各県に対し島田常務からお見舞いを申し上げると共に楽天ユーザー様の支援であることを説明させていただき目録をお渡ししました。また各県からは御礼と共に、楽天イーグルスに対する激励もいただきました。

楽天クラッチ募金>>
楽天トラベル、『GO! Japan 復興支援 東北キャラバン ~「人・街・出逢いみんなの心がつながる」プロジェクト~』を開催(2011/8/5更新)
この記事を
7月19日(火)~21日(木)の3日間、初の試みとして、福島・宮城・岩手の東北3県で開催しました。従来の戦略共有のほかに、復興の一助につながればという思いを込め、東北キャラバンならではの独自プログラムにて実施しました。

東北3会場にて、登録宿泊施設様との戦略共有の場「楽天トラベルサマーフォーラム2011」の東京・大阪会場内でお寄せいただいたメッセージ「応援ボード」と「ビデオレター」をお持ちし、公開しました。

また、東北の施設様のご参考になればと、阪神淡路大震災の被災施設様の復興のお話やメッセージを伝えさせていただき、復興の道のりや如何に克服されたかなどに、深く頷かれる施設様もおられました。

短い時間ではありましたが、真剣にそして笑顔に包まれた各キャラバン会場は、最後にみんな「がんばろう東北 Go! Japan」の掛け声で、さらに心はひとつになりました。
楽天トラベル サマーフォーラム2011 GO!Japan 旅で日本を元気にしよう!>>
ネットを越えて店舗様が活躍する場、小田急百貨店新宿店での「楽天市場 東北グルメ応援市」にて店舗様の声をうかがいました。(2011/7/29更新)NEW
この記事を
東日本大震災の被災地を含む東北地方の経済活性化への貢献を目的とした「楽天市場 東北グルメ応援市」を、小田急百貨店新宿店にて、6月23日(木)から28日(火)までの6日間で開催しました。その際にご参加いただきました出店店舗様の様々な声をいただきました。

「インターネットの向こうで待っているお客様の声に応えたい」「工場やお店を失ったけれど新しい目標が見つけられた」「物産展に参加することが次への原動力となった」「楽天市場で知り合った全国の店舗さんから元気をいただいた」など、震災を乗り越え、この日を迎えられた思いを語っていただいています。

この物産展が、復興に向けて様々な取り組みをされている東北の店舗様の一助になればと思います。
楽天ハワイアンサマービアパーティ開催(2011/7/22更新)
この記事を
7月20日(火)に、楽天社員約600名が参加する社内イベント「楽天ハワイアンサマー・ビアパーティ」をスパリゾートハワイアンズ「フラガール全国きずなキャラバン」をお招きし実施しました。

フラガールたちの震災復興を願う思いに、会場が一体となり賛同し震災復興に対する私たちの思いもより一層強くなりました。

また、このパーティは、節電活動「Project60~電力使用量40%削減をめざして~」への意欲向上も目的としています。6月中旬から開始したスーパークールビズ「楽天ハワイアンサマー」の取り組みのひとつとして社員への軽装を推奨しており、ハワイアンファッションコンテストも開催されました。節電への意欲を高め従業員一丸となり暑い夏を乗り切ります。
Rakuten Hawaiian Summer Beer Party Report>>
楽天トラベル、東北の登録施設様への応援メッセージを送りたい。応援ボードやビデオによるメッセージを募集(2011/7/15更新)
この記事を
「楽天トラベル」登録施設様と対面で戦略共有を行う「楽天トラベルサマーフォーラム」を、大阪7月7日、東京7月11日にそれぞれ開催しました。

今年のテーマは「楽天トラベル サマーフォーラム2011 GO!Japan 旅で日本を元気にしよう!」ということで、震災復興に対する願いを込めた内容にて実施いたしました。また、今回初の試みとして、「楽天トラベルサマーフォーラム」を、7月19日(火)福島、7月20日(水)宮城、7月21日(木)岩手においても実施いたします。

この3会場にて応援メッセージを送りたいことから、東京・大阪両会場にて応援ボードやビデオによるメッセージを募集しました。多くの施設様からいただきました心温まるメッセージは、福島、宮城、岩手会場にお越しいただく施設様にご覧いただく予定です。
楽天トラベル サマーフォーラム2011 GO!Japan 旅で日本を元気にしよう!>>
台湾の統一企業から被災地の子供たちへマンゴーのプレゼント(2011/7/8更新)
この記事を
東日本大震災を受けて、楽天と合弁で楽天市場台湾を設立した統一超商の親会社である「統一企業」から、楽天宛てに100万台湾ドル(約270万円)の義援金が届けられました。

「台湾から届けられた義援金で、被災地の子供たちを笑顔にしたい」と考え、台湾で今一番旬なマンゴーを届けることに。7月3日にクリネックススタジアム宮城で開催の「楽天イーグルスファンクラブデー」に招待される被災地の子供たちにプレゼントすることが決定されました。

当日は、試合に訪れたファンの方と、被災地の子供たちに応援のメッセージとともに3,500個のマンゴーを振舞いました。
楽天トラベルが東北の施設様へお見舞いの手紙と折り鶴をお届けしました(2011/6/28更新)
この記事を Twitterでつぶやく
東日本大震災の影響で、東北地方の契約施設様の多くは大きな被害を受けました。そのため楽天トラベルの岡武社長が楽天トラベルの国内外の全スタッフに呼びかけ、折り鶴を作りました。

折り鶴は、日本全国の支社のほか、ハワイ、グアム、ニューヨーク、タイ、台湾、北京、上海、大連、広州、韓国、香港といった世界中の支社が協力するとともに、企画に賛同してくださった在中日本人会の皆様にもご協力いただきました。

この折り鶴に手紙を添えて、施設様の担当者が1軒1軒お届けに伺いました。
楽天市場×小田急百貨店新宿「東北グルメ応援市」出展店舗、出品グルメ決定!(2011/6/17更新)
この記事を Twitterでつぶやく
東日本大震災の被災地を含む東北地方の経済活性化への貢献を目的とした「楽天市場 東北グルメ応援市」を、小田急百貨店新宿店にて、6月23日(木)から28日(火)までの6日間で開催します。

「楽天市場 東北グルメ応援市」には東北エリアの「楽天市場」出店店舗が出展します。この「楽天市場 東北グルメ応援市」において、出展店舗、出品グルメが決定しました。東北6県から23店舗が出展し、水産加工物、麺類、調味料、スイーツなど約150品目を販売します。出展店舗、出品の詳細は特設サイトにてをご覧ください。

震災により甚大な被害を受け、町の希望である花火大会を実現させるために、「楽天市場」で花火を上げる権利を販売中の「南三陸町観光協会公式 みなみな屋」も特設ブース開設いたします。 特設ブースにて、「楽天市場 東北グルメ応援市」来場者に南三陸観光協会のスタッフが直接花火大会の支援を呼びかけます。
「楽天市場 東北グルメ応援市」特設サイトはこちら >>
「楽天市場 東北グルメ応援市」出展店舗、出品グルメが決定!プレスリリース>>
南三陸町、ネットの力で今年の町の花火大会を実現したい(2011/6/13更新)
震災により甚大な被害を受けた宮城県本吉郡南三陸町、昭和35年から続く花火大会を、今年も途切れることなく実施したいことからネットショップ「楽天市場」で花火を上げる権利の販売を6月9日から開始しました。

この南三陸町の花火大会は、50年前に発生したチリ地震による津波で町が甚大な被害を受けた際に復興を祈念し始まったもので、町の希望である花火大会を今年も実現させるためにネットを通じ全国から賛同者を募っています。

ネットショップ名は南三陸町から名前を取り「みなみな屋」、これからの未来を担う子供たちに見せたいことから「こども夢花火」という名前で、花火大会を実現させたいと思ってくださる気持ちを集めています。
みなみな屋 こども夢花火はこちら >>
【楽天市場】楽天市場×小田急百貨店新宿「東北グルメ応援市」(2011/6/6更新)
東日本大震災の被災地を含む東北地方の経済活性化への貢献を目的とした「楽天市場 東北グルメ応援市」を、小田急百貨店新宿店にて、6月23日(木)から28日(火)までの6日間で開催します。
「楽天市場 東北グルメ応援市」には、「楽天市場」に出店する、東北エリアの約20店が出展する予定で、現在、楽天スタッフが東北エリアの出店店舗様を訪問し、出店店舗様と共に東北ならではの良さを知っていただくための商品選定を行っております。
「楽天市場 東北グルメ応援市」出展の20店の発表は6/16です。ご期待ください。
【写真】商品を試食しながら出品商品を検討しています
楽天市場×小田急百貨店新宿「東北グルメ応援市」プレスリリース >>
【楽天野球団】「がんばろう東北」 第1回・被災地招待事業の実施報告(2011/6/1更新)
「がんばろう東北」の支援活動の一環として開始した被災地招待事業の第1回目を5月8日(日)に実施しました。4月に選手が被災地に訪問した際に交流を行った「名取市立高館小学校」と「仙台市若林体育館」に避難されている87名の皆さまをご招待いたしました。
両避難所から日本製紙クリネックススタジアム宮城までバスに乗車し埼玉西武ライオンズとの試合を観戦いただきました。試合後には、嶋選手会長・鉄平キャプテンと、先月両避難所を訪問した山崎選手・高須選手の計4選手との交流会も行い、楽しい時間をお過ごしいただきました。
今回の事業は、選手会から「被災地の皆さまを日本製紙クリネックススタジアムにぜひ招待したい」という要望があり実現した楽天イーグルスと選手会の共同企画です。
なお今回の事業で発生した費用(貸切バス代・グッズ代・その他)は、被災地招待事業に使っていただきたいとお申し出を受けました神戸市のお客さまからの寄付金を充当させていただいております。
【写真上】観戦の様子 【写真下】選手との交流の一幕
【楽天野球団】「がんばろう東北」 第1回・被災地招待事業の実施報告 >>
【楽天写真館】震災で失った写真を、再度DVD-RまたはCD-ROMに記録してお届けしています(2011/5/19更新)
フォトECサービス「楽天写真館」にて、「がんばれ東北 応援プロジェクト」と題し、震災により紛失した思い出の写真をDVD-RまたはCD-ROMに記録して、お客様にお届けするサービスを、私たちのささやかな支援として無料で提供しています。
ご利用くださるお客様の写真データを、日ごろより「楽天写真館」のフォトクラウドで安全に保管しているため、お客様の大切な思い出は失われず、そのデータをDVD-RまたはCD-ROMに改めて記録してお届けしています。

お客様からもご好評の声をいただいております(下記「お客様からの声」は、いただいたコメントをそのまま掲載させていただいております)。

お客様からの声1:さっそく、フォトブック作成し、先ほど注文しました。震災で被災した人達みんな口にするのは、家やクルマはどうにかなるけど、思い出の写真がなくなったら何よりも悲しいということです。心より深く感謝します。

お客様からの声2:失った写真を思い悲しかったので、このサービスがとても嬉しいです!楽天写真館でプリントしていて良かった!と、心から思ったサービスのお申し出でした。自宅は原発警戒区域にあるため、大地震と大津波から慌てて逃げ出したまま、戻ることができません。(家族は全員無事です。)心残りは、子供のアルバムでした。
【写真】お届けする一式です
【楽天写真館】がんばれ東北 応援プロジェクト >>
【福島県】避難住民約700名に「うな丼」を提供しました(2011/5/16更新)
楽天市場出店店舗様から「被災地の方へ支援を行ないたい」と申し出をいただき、4月28日(木)に総勢29名で福島県あづま総合運動公園へ向かいました。この日は「土用の丑の日」。約700名の方々に「うなぎ丼」の炊き出しを行ないました。開始直後から長蛇の列ができ「うなぎを食べれると思わなかった」「温かいご飯が食べられて嬉しい」など、現地の方から喜びの声を多数いただきました。“元気と笑顔”を少しだけですが提供することができました。
【写真】(左)盛り付けもスタッフが行いました
【楽天市場】東日本大震災 支援活動レポートを見る >>
【楽天たすけ愛】第4弾をお届けしました(2011/5/16更新)
2011年4月26日(火)、弊社スタッフがユーザの皆様のお気持ちを代表して【楽天たすけ愛】第4弾・ベビー、キッズ向け下着セットキッズ向け下着セットジュニア向け下着セットを岩手県大船渡市の小学生、幼児の皆さんにお届け致しました。
【写真】マザウェイズ楽天市場店様の下着セットを持った大船渡保育園の皆さんと弊社スタッフ
【楽天たすけ愛】第4弾レポート(岩手県大船渡市の小学生、幼児の皆さんにお届け)を見る >>

このページの先頭へ