楽天株式会社 > CSR 社会的責任 > CSR News

このページを印刷する

CSR 社会的責任
前のページに戻る
CSR News
2011年4月18日

三木谷会長兼社長、寄付金寄贈のため、宮城県、岩手県、福島県を訪問

  • この記事を
  • Twitterでつぶやく

4月11日、当社代表取締役会長兼社長の三木谷(以下、三木谷)と取締役常務執行役員の島田が岩手、宮城、福島の3県の庁舎を訪問し、寄付金を贈らせていただきました。

 

3県に対して、楽天グループから計3億円、三木谷個人より計10億円を「(寄付金は)とりわけ、日本の将来を担う子どもたちの教育や生活支援のために」と記した三木谷直筆の手紙とともに寄贈いたしました。

 

各県からは、「(寄付金は)復興に向けて、大切に使わせていただきます。」と感謝の言葉を頂戴しました。

 

楽天グループは、復興支援に対する思いをより一層強くし、楽天としてお役に立てることを引き続き取り組んでまいります。

このページの先頭へ