トップ > CSR 社会的責任 > 経営での取り組み > ステークホルダー・エンゲージメント > 従業員との関わり 優秀な人材を育むための取組み

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Management Initiatives 経営での取り組み

従業員との関わり 優秀な人材を育むための取組み

ベンチャー企業としてスタートした楽天グループには、「徹底力」と「INNOVATION」精神に満ちあふれた従業員が活躍しています。これらの精神は、性別・年齢・経験・業務上のポジション・担当業務、ならびに多様化する働き方に関係なく、全ての従業員に平等にチャンスが与えられ、創業当初から続く“ダイバーシティ”の考えにより育まれてきました。また、楽天グループには、“Get Things Done”の考え方に基づき、様々な手段を凝らして目標を達成できる人材であれば、プロフェッショナルとしての能力を認め、新しいことにチャレンジできる企業文化があります。

さらに、優秀な活動を成し遂げた人材を尊重する文化もあり、全従業員が一堂に会する場でその個人を賞賛するための表彰制度を設けています。具体的には、月間で優秀な活動・業績を残した従業員に対する「楽天賞」、「INNOVATION」精神にあふれ優秀な新事業を提案した人材に対するアイデアコンテストでの表彰などが行われています。

楽天賞/週刊楽天

社長および役員の厳選な審査により決定するもので、その月内にもっとも優秀な活動・成果をあげた従業員に贈られます。賞は、朝会で全従業員参加の中表彰され、さらには、副賞としてその活動を称え、社長および役員との会食も開催されます。また、めざましい成果を残した従業員や、継続して優秀な業績を上げている従業員を、週刊楽天(社内のWebページ)によって毎週全社に共有しております。

ビジネスアイデアコンテスト

従業員が経営者としての視点を持ち、新規の事業を起案し、社長および役員に向けてプレゼンテーションを行うビジネスアイデアコンテスト。年に一度実施し、優秀なアイデアは事業化されます。これまでのコンテストから、「ペット専用ホテル予約」や「楽天仕事紹介」などが事業化されています。

(関連リンク)ペットホテル予約

(関連リンク)楽天仕事紹介

このページの先頭へ