トップ > CSR 社会的責任 > 経営での取り組み > ステークホルダー・エンゲージメント > パートナー様との関わり

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Management Initiatives 経営での取り組み

パートナー様との関わり

ビジネスパートナー様との関わり

楽天グループの誕生と成長に欠くことのできない存在は、楽天グループとインターネットの将来を信じ共に歩んできたビジネスパートナーの力強い支援だと考えています。

日本が不況下にあった1997年に開設した「楽天市場」は、「日本を元気に」という思いから“システムに強い人間が商品を売る”のではなく“丁寧な接客により「顧客満足の最大化」を実現する商売人が簡単にネットショップの運営ができる仕組みを創る”という考えに基づき、13店舗からサービスを開始しました。その後もショップ運営のしやすさを考慮したシステムおよびマーケティングにおける様々な改善を繰り返し、事業を拡大した現在でも、時代の潮流にあわせたサービス提供のため最善の努力を重ね、あらゆる事業のパートナーと共に創業時と変わらぬ思いを実現すべく歩み続けています。

強い信頼関係により成り立つ相互の情報共有

インターネットは、地理的な制約なしに情報の伝達が可能なため、対象となる商圏を低コストで、爆発的に拡大することができるなど、多くのビジネスチャンスを事業者に提供しました。その反面、お客様のニーズの変化のスピードも早く、さらにサービスに対する不満の広がりもこれまでには考えられないスピードで広まってしまう危険性もはらんでおり、木目細やかなサービスを提供することが不可欠です。このような環境において楽天グループは、多くのビジネスパートナーと強い信頼関係を結ぶため、インターネット企業であっても、あえて対面による相互の情報共有を通じて「顧客満足の最大化」を実現することを目指しております。

カンファレンス
「楽天市場」のパートナーを対象に年に2回、全国6会場で直接対面することを目的に「楽天新春カンファレンス」「楽天EXPO」を実施。「楽天市場」の事業戦略を共有すると共に、毎年時流にあわせたテーマを決め、パートナーが直面する問題の解決を図っている。
外部からゲスト講師を招き基調講演を実施し、ビジネスのヒントを提供する取り組みも行う。また楽天とパートナーとの共有の場のみならず、パートナー同士のコミュニケーションの場としての役割も担う。2009年の夏に実施した「楽天EXPO2009」には約4,000名のパートナーが集結した。
「楽天トラベル」においてもホテルや旅館など宿泊施設を対象にした同目的の「楽天トラベル 新春カンファレンス」を実施。年に1度7会場にて、「旅」に対するお客様の声など、様々な相互共有を行う。2008年の参加数は約2,800名と多くのパートナーが集結した。

楽天大学・楽天トラベルカレッジ
「楽天市場」パートナーにECサービスのノウハウを提供する「場」として2000年に「楽天大学」を開設。「楽天トラベル」おいてもホテルや旅館など宿泊施設を対象に「楽天トラベルカレッジ」を2004年に開設。共にパートナーの成功事例や課題を蓄積し、それらの情報を体系的にまとめ共有するため、パートナーの抱える問題に対する自己解決の「場」として活用されている。

(関連リンク)楽天トラベルカレッジ

SOY TRIP
毎年発表する「楽天市場」のベストショップ「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞したパートナーと共に海外動向を視察。新しい世界に触れ見聞を広げると共に、日常の店舗運営から離れ自店舗を俯瞰する機会をつくることから“原点回帰の旅”として実施。
過去の訪問先
第1回(2006年) (2006年)サンフランシスコ(シリコンバレー)
第2回(2007年) サンフランシスコ(シリコンバレー)
第3回(2008年) 台湾
第4回(2009年) 上海

地域拠点の拡大

主に「楽天市場」「楽天トラベル」パートナーとの信頼関係をより強固にし、かつ業務支援を身近で行うことを目的に全国13拠点(2010年1月現在)に支社開設。地域の特性を活かした業務支援を行うため、地元での雇用を積極的に行っている。

パートナー協力による環境への取り組み

書籍、CD、DVD、ゲームなどパッケージ商品を取り扱う「楽天ブックス」は、2000年の楽天ブックス株式会社の設立から今日まで、日本出版販売株式会社(以下:日販)の協力を得て在庫管理や配送作業などの一連の作業を行う物流倉庫の運用を行ってまいりました。この物流倉庫では、お客様のニーズや環境への配慮から梱包材の刷新を幾度も行っており、そのたびに梱包スキームの見直しおよび改善を行ってまいりました。現在は環境保全に最も配慮した無漂白の梱包材を使用し、印字はカラーからモノクロに変更いたしました。これについても日販の全面的な協力により実現しており、今後も日販のアドバイスを得ながらエコロジー且つお客様に喜ばれる梱包材を利用した商品のお届けを進めてまいります。

旅行業界との連携と、連携から生まれる社会貢献活動

総合旅行サイト「楽天トラベル」は、旅行業界との連携を積極的に行っており、社団法人国際観光旅館連盟、全国旅館生活衛生同業組合連合会(以下:全旅連)、社団法人全日本シティホテル連盟、社団法人日本ホテル協会から様々なご意見をいただきサイトの運営に活かしています。

この活動の中で、2009年6月には全旅連との連携による設備・サービス・料理面で人に配慮した宿泊施設を簡単に検索および予約ができる「全旅連が認定 人に優しい宿」コンテンツを開始しました。紹介する宿泊施設は、厚生労働省の協力を受け、全旅連(全国旅館生活衛生同業組合連合会)が認定登録する「シルバースター」の宿が対象で、バリアフリー対応、客室内浴室、手すりの装備など、主に高齢者が快適に過ごせ、使いやすさが配慮されているなどの一定の基準を満たしていることが条件になり登録されているものです。

(関連リンク)全旅連が認定 人に優しい宿」

このページの先頭へ