トップ > CSR 社会的責任 > 経営での取り組み > CSRマネージメント > リスクマネジメント

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Management Initiatives 経営での取り組み

リスクマネジメント

楽天グループでは、事業目的の達成の妨げとなるリスクに適切に対応するため、RGR(楽天グループ規程)の中に「グループリスク管理規程」を定め、これに従い、リスク管理を実施しています。

グループリスク管理委員会

楽天グループでは、グループ全体に深刻な影響を与える可能性のあるリスクの対応方針を検討する体制として、楽天株式会社代表取締役社長を委員長とするグループリスク管理委員会を設置しています。

グループリスク管理委員会

リスクカテゴリーと主幹部署

楽天グループでは、リスクを10のカテゴリーに分類し、それぞれに主管部署を定め、リスクの特性に応じたリスクマネジメントの仕組みを構築し、継続的に改善を行っています。

リスクアセスメント

楽天グループでは、各組織のリスク管理の実態を把握するため、定期的にリスクの洗出しを行なっています。 洗い出されたリスクのうち、グループ全体に深刻な影響を与える可能性のあるリスクはグループリスク管理委員会に報告され、対応方針等の検討を行い、リスク管理部又はリスク主管部署により、具体的な対策を検討し、各組織・国内外のグループ会社において実際に対策が実施されます。
また、リスクの洗出しの結果を受け、リスク管理手法の改善も行なっています。

KRI(Key Risk Indicator)

楽天グループでは、各組織のリスク種別毎のリスクを把握するため、リスク主管部署により、リスクのカテゴリーごとにKRI(Key Risk Indicator)を定め、定期的に各組織・国内外のグループ会社より収集を行なっています。
収集されたKRIはリスク管理部で取りまとめ、グループリスク管理委員会に報告する他、グループ横断的リスク管理の観点から、モニタリングを行なっています。

インシデント対応

楽天グループでは、グループ内で発生した各種インシデントの情報を一元管理し、個別の事案に適切に対処するとともに、再発防止策が確実に実施されるよう体制の整備を行っています。重大な事案については、グループリスク管理委員会に報告し、対応方針の指示を受けて対応を行っています。

このページの先頭へ