トップ > CSR 社会的責任 > 経営での取り組み > CSRマネージメント > リスクマネジメント

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Management Initiatives 経営での取り組み

リスクマネジメント

楽天グループでは、事業目的の達成の妨げとなるリスクに適切に対応するため、RGR(楽天グループ規程)の中に「グループリスク管理規程」を定め、これに従い、リスク管理を実施しています。

グループリスク管理委員会

楽天グループでは、グループ全体に深刻な影響を与える可能性のあるリスクの対応方針を検討する体制として、楽天株式会社代表取締役社長を委員長とするグループリスク管理委員会を設置しています。

リスクカテゴリーと主幹部署

楽天グループでは、リスクを10のカテゴリーに分類し、それぞれに主管部署を定め、リスクの特性に応じたリスクマネジメントの仕組みを構築し、継続的に改善を行っています。

リスクアセスメント

楽天グループでは、各組織のリスク管理の実態を把握するため、定期的にリスクの洗出しを行なっています。 洗い出されたリスクのうち、グループ全体に深刻な影響を与える可能性のあるリスクはグループリスク管理委員会に報告され、対応方針等の検討を行い、リスク管理部又はリスク主管部署により、具体的な対策を検討し、各組織・国内外のグループ会社において実際に対策が実施されます。
また、リスクの洗出しの結果を受け、リスク管理手法の改善も行なっています。

KRI(Key Risk Indicator)

楽天グループでは、各組織のリスク種別毎のリスクを把握するため、リスク主管部署により、リスクのカテゴリーごとにKRI(Key Risk Indicator)を定め、定期的に各組織・国内外のグループ会社より収集を行なっています。
収集されたKRIはリスク管理部で取りまとめ、グループリスク管理委員会に報告する他、グループ横断的リスク管理の観点から、モニタリングを行なっています。

インシデント対応

楽天グループでは、グループ内で発生した各種インシデントの情報を一元管理し、個別の事案に適切に対処するとともに、再発防止策が確実に実施されるよう体制の整備を行っています。重大な事案については、グループリスク管理委員会に報告し、対応方針の指示を受けて対応を行っています。

  • NPO・NGOとの協力
  • 楽天クラッチ募金 支援を必要としている人のため皆様のご協力をお願いいたします。
  • 楽天いどうとしょかんは福島の子供たちのための教育振興および復興支援の一環で運行をスタートしました。この活動を多くの方に知ってもらうため、2014年5月より順次活動地域を広げ、岐阜、島根、群馬の4県で運行をしております。楽天いどうとしょかんの新たな取り組みについて掲載しています。
  • 楽天IT学校は、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業です。
  • イヌワシが生息できる豊かな森を守ること、「イヌワシを守ろうプロジェクト」の継承・発展を目的に、「楽天の森」プロジェクトを立ち上げました。すべての生き物のため、森林整備を全国で実施します。また、グループのさまざまな事業で啓発活動を実施し、パートナー様やお客様の活動参加を呼びかけ、活動を全国に展開していきます。
  • 楽天は、親と離れて暮らす子どもたちを力づける支援活動「楽天つばさプロジェクト」の一環として、クリスマスプレゼントを届ける「楽天サンタプロジェクト」を企画・実施しています。
  • みんなで作ろう 子どもオーケストラ
  • 楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト募金
  • オークションゆうパックで寄付をしよう
  • 楽天 x ZURICH 森にちょこっといいこと W-ECOプロジェクト

このページの先頭へ