トップ > CSR 社会的責任 > 人と環境にやさしいエネルギーのために > 楽天Edyによる「そらべあ基金」への支援

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Green Energy 人と環境にやさしいエネルギーのために

楽天Edyによる「そらべあ基金」への支援

電子マネー「Edy」の事業を展開する楽天Edyは、グリーン家電の購入やエコ住宅の新築、リフォームをされた方に対して、様々な商品・サービスに交換できる「エコポイント制度」に対応し、Edyに交換する活動を行っています。

また、あわせてエコポイント交換金額の0.1%を、環境保全活動への寄付として、(株)NTTカードソリューション様と共に、太陽光発電設備の設置や子供たちへの環境教育など地球温暖化防止活動を行うNPO法人「そらべあ基金」に寄付し、再生可能エネルギーの普及啓発と環境教育に役立てていただいています。

【寄付実績】

    寄付金額 寄付額算出対象期間 寄付実施時期
2009年 家電EP寄付 787,400円 2009年7月30日~2010年2月18日 2010年4月
2010年 家電EP寄付 2,513,024円 2010年2月21日~2011年2月20日 2011年3~4月
住宅EP寄付 83,690円 2010年4月分~2011年2月20日
2011年 家電EP寄付 1,112,170円 2011年2月21日~2012年2月20日 2012年3~4月
住宅EP寄付 223,484円

※EP=エコポイント

寄付金はNTTカードソリューション様との共同出資によるものです。

そらべあ基金の環境活動

そらべあ基金は、再生可能エネルギーの普及や環境教育活動を展開しており、子どもたちの笑顔あふれる未来のために、楽天Edyのような企業や個人の方たちと一緒に、地球温暖化問題に取り組むNPO法人です。

そらべあ スマイルプロジェクト

そらべあ発電所
幼稚園や保育園などに太陽光発電設備「そらべあ発電所」を設置し、CO2を排出しない再生可能エネルギーの創出に努めています。また具体的に子供たちに太陽の力で電気が生み出せることを学んでもらうことで、自然の魅力と環境の大切さの理解を促しています。
そらべあの物語による環境教育
そらべあ基金では、「そら」と「べあ」というホッキョクグマの兄弟をシンボルキャラクターとして活動しています。地球温暖化により北極の氷が溶け大好きなお母さんと離れ離れになってしまった兄弟の涙を止めるためにはどうしたらいいかということを「そらべあの物語」として子供たちに投げかけ、解決策を提案する環境教育を行っています。
また最近では、環境問題を題材に授業を行う小学校が増えており、教職員の方々にお話しいただけるように、「そらべあの物語」をDVDや本にして小学校にお届けする活動も行っています。

写真3

写真4

東日本大震災での再生可能エネルギーを活用した支援活動
東日本大震災により、多くの命と多くの都市の機能が失われました。特に電力供給については深刻な問題となり、被災地にソーラーパワートラックを派遣し充電を必要とする携帯電話などの家電製品への電源供給など、太陽光発電による支援を実施しました。

写真5

写真6

  • みんなで作ろう 子どもオーケストラ
  • 楽天ぼうさいネット いさ!というときのために。楽天がお届けする防災情報サイト
  • 楽天いどうとしょかん
  • クラッチの仲間 イヌワシを守ろうプロジェクト
  • 楽天クラッチ募金 東北地方支援のため皆様のご協力をお願いいたします。
  • 楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト募金
  • オークションゆうパックで寄付をしよう
  • 楽天 x ZURICH 森にちょこっといいこと W-ECOプロジェクト

このページの先頭へ