トップ > CSR 社会的責任 > 環境に配慮し、無駄を省くために > 楽天証券の環境への取り組み

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Eco Operation 環境に配慮し、無駄を省くために

楽天証券の環境への取り組み

楽天証券では、ネット証券としての社会的責任を果たすべく、サービス開始当初の1999年より様々な環境への取り組みを実施しております。その活動は多岐に亘り、社内の業務改善に留まらず、お客様に賛同いただく取り組みなど、お客様の投資活動をサポートする立場として、あらゆる試みを行っております。

帳票の電子交付促進

2002年の法改正に伴い、従来郵送の必要のあったお客様の取引時に発行する帳票や取引に必要な冊子などを、環境負荷軽減を目的として電子交付できるシステムを提供し、紙資源の削減につとめてまいりました。この電子交付化は現在では証券業界のスタンダードとなりましたが、より一層お客様にご利用いただくために楽天証券では定期的に利用促進キャンペーンを実施しております。
最近の活動では、よりお客様に環境問題を意識していただきたいことから、利用促進の一環として、MOTTAINAIキャンペーン(※)とコラボレーションし、電子交付に同意されたお客様に対し、楽天証券ポイントをプレゼントするキャンペーンを実施いたしました。

(※)MOTTAINAIキャンペーンとは
ノーベル平和賞を受賞したケニアのワンガリ・マータイさんが「MOTTAINAI(もったいない)」という日本語を環境保全のキーワードとして世界共通の言葉にしようと提唱したことから始まった運動です。

環境配慮を目的とした投資の支援

楽天証券では、環境保全活動に投資する機会をお客様に提供することもCSRの一環であると考え、様々な環境保全に関する債券や投資信託などの金融商品をご案内させていただいております。
その活動において、大手証券会社初となるCO2排出権への投資を行う債券「ソシエテジェネラル 豪ドル建元本確保型 欧州排出権連動社債」の販売や、自然エネルギー開発プロジェクトなどを支援する債券、欧州投資銀行「みらいの地球債」(ブラジルレアル建および南ア・ランド建の2種類)の販売を実施いたしました。現在も、海外ETF(上場投信)や投資信託で、環境関連銘柄を数多く提供しております。

  • NPO・NGOとの協力
  • 次世代リーダー育成への取り組み ~楽天×TOMODACHIイニシアチブ~
  • 楽天クラッチ募金 支援を必要としている人のため皆様のご協力をお願いいたします。
  • 楽天いどうとしょかんは福島の子供たちのための教育振興および復興支援の一環で運行をスタートしました。この活動を多くの方に知ってもらうため、2014年5月より順次活動地域を広げ、岐阜、島根、群馬の4県で運行をしております。楽天いどうとしょかんの新たな取り組みについて掲載しています。
  • 楽天IT学校は、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業です。
  • イヌワシが生息できる豊かな森を守ること、「イヌワシを守ろうプロジェクト」の継承・発展を目的に、「楽天の森」プロジェクトを立ち上げました。すべての生き物のため、森林整備を全国で実施します。また、グループのさまざまな事業で啓発活動を実施し、パートナー様やお客様の活動参加を呼びかけ、活動を全国に展開していきます。
  • 楽天は、親と離れて暮らす子どもたちを力づける支援活動「楽天つばさプロジェクト」の一環として、クリスマスプレゼントを届ける「楽天サンタプロジェクト」を企画・実施しています。
  • みんなで作ろう 子どもオーケストラ
  • 楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト募金
  • オークションゆうパックで寄付をしよう
  • 楽天 x ZURICH 森にちょこっといいこと W-ECOプロジェクト

このページの先頭へ