トップ > CSR 社会的責任 > 環境に配慮し、無駄を省くために

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Eco Operation 環境に配慮し、無駄を省くために

限られた資源を有効に活用するための、地道な環境負荷軽減の取り組みを行っています。 原発事故により不安定となった電力供給について「Project60~一人あたり電力使用量40%削減の取り組み~」、「Rakuten Smart Green Project」などを通じ節電に取り組んでいます。電力以外の分野でも、“エコ・オペレーション”をうたい無駄を削減した企業活動にチャレンジしています。温暖化防止・環境保護の観点からもこれを推進します。

従業員一人ひとりによる環境への取り組み
楽天グループでは、従業員一人ひとりが環境負荷軽減の意識を持ち、紙消費量の削減、エレベーターの有効利用、ペットボトル回収、地域清掃活動など、地道な取り組みを推進しております。
東北楽天ゴールデンイーグルスによる
環境保全活動
クリネックススタジアムの全飲食店で利用する食器を統一化し、ゴミの削減およびゴミの分別回収の効率化を図っています。正しく集められたゴミを、加工し再利用する活動も積極的に行っています。
楽天証券の環境への取り組み
ネット証券会社としての社会的責任を果たすべく、環境への取り組みを実施しております。社内業務改善やお客様に賛同いただく取り組みなど、お客様の投資活動をサポートする立場として、あらゆる試みを行っております。
楽天ブックスの梱包材のエコ化
商品をお受け取りいただいた後のゴミ削減と、大切な商品を守るという2つを同時に実現すべく工夫した梱包材によりエコ対応につとめています。梱包材製作段階からゴミの削減を意識することによるリデュースを行っています。
楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト
プロジェクト発信により、地域のエコの輪が広がることを期待し、神戸市と連携して推進する活動です。スポーツ観戦では初となる床発電システムの導入や、ペットボトル回収を始めとする、サポーターや地域の皆様に馴染んでいただけるような活動を目指して取り組んでおります。
Project60 消費電力削減の取り組み
東北地方太平洋沖地震により発生した福島原発事故により不安定な状況にある電力供給について「Project60」というプロジェクト名の下、「今夏の一人あたり電力使用量昨年比40%削減」を目指し大幅な節電対策を進めてまいりました。
電力使用量 最大42.6%削減を達成し、
次なる取り組みへ…
2011年の夏の政府からの要請は終了しましたが、楽天では引き続き恒常的なエネルギー効率化を目指した節電の取り組みをグループ全体で実行してまいります。 これまでの節電活動「Project60」は、「Rakuten Smart Green Project(楽天 スマート グリーン プロジェクト)」へと生まれ変わります。

このページの先頭へ