トップ > CSR 社会的責任 > 楽天いどうとしょかん

このページを印刷する

CSR 社会的責任

English Page

この記事を応援する

たくさんの本を載せて子供たちのもとへ 日本を飛び出し、フランスでも運行開始!

  • たくさんの本を載せて子供たちのもとへ
  • たくさんの本を載せて子供たちのもとへ
  • たくさんの本を載せて子供たちのもとへ
  • たくさんの本を載せて子供たちのもとへ

フランスでの取り組み

2015.8.24 更新
楽天いどうとしょかんが日本での運行に続いて、フランスでも運行を開始します。

日本国内でたくさんの子どもたちに「本」と「感動」を届けてきた楽天いどうとしょかんが、NGO市民の絆と共同でフランス ノール県での運行を開始します。

群馬県での取り組み

2015.8.25 更新
2015年9月は高崎市、富岡市、太田市及び玉村町で運行いたします。
・2日(水)13:00~14:30 高崎市 双葉保育園(①)
・3日(木)10:00~12:00 富岡市 一ノ宮ピッコロ保育園(②)
・4日(金)10:00~12:00 太田市新田上江田町 綿打保育園(③)
・16日(水)13:00~14:30 高崎市 双葉保育園(①)
・17日(木)15:00~17:00 佐波郡玉村町 放課後児童クラブスマイル(④)
・18日(金)10:00~12:00 太田市新田上江田町 綿打保育園(③)

島根県での取り組み

2015.8.25 更新

2015年9月は安来市、出雲市及び大田市で運行いたします。
・9日(水)15:00~17:00 安来市 赤江交流センター(①)
・10日(木)13:30~15:30 出雲市 出雲養護学校 みらい分教室(②)
・11日(金)9:45~11:00 大田市 出雲養護学校 大田分教室(③)
・24日(木)13:30~15:30 出雲市 出雲養護学校 みらい分教室(②)
・25日(金)9:45~11:00 大田市 出雲養護学校 大田分教室(③)

岐阜県での取り組み

2015.8.25 更新

2015年9月は郡上市で運行いたします。
・1日(火)10:00~12:00 郡上市 社会福祉法人ひかり保育所(①)
・2日(水)10:00~11:30 郡上市 慈教保育園(②)
・15日(火)10:00~12:00 郡上市 社会福祉法人ひかり保育所(①)

福島県での取り組み

2015.8.25 更新
2015年9月は会津若松市で運行いたします。みなさまのお立ち寄りを心よりお待ち申し上げます。
・2日(水)15:00~18:00 会津若松市 荒舘第1こどもクラブ(①)
・3日(木)15:00~18:00 会津若松市 松長第1・2こどもクラブ(②)
・4日(金)15:00~18:00 会津若松市 城南第4こどもクラブ(③)
・5日(土)13:00~16:00 会津若松市 一箕第2~第5こどもクラブ(④)
・16日(水)15:00~18:00 会津若松市 城南第1~第3こどもクラブ(⑤)
・17日(木)15:00~18:00 会津若松市 松長第1・2こどもクラブ(②)
・18日(金)15:00~18:00 会津若松市 城南第4こどもクラブ(③)
・19日(土)13:00~16:00 会津若松市 一箕第2~第5こどもクラブ(④)

神戸での取り組み(特別運行)

2015年1月17日、ノエビアスタジアム神戸で開催された「阪神・淡路大震災20年 1.17チャリティーマッチ」にいどうとしょかん車が運行し、神戸の方から東北の子ども達へメッセージをいただいてきました。
神戸での取り組み(特別運行)
神戸での取り組み

チャリティーマッチに出場した選手の方々からもいただきました。

取り組みページへ

楽天いどうとしょかんのこころみ(随時更新)

こころみNo.1
活動地域を活動地域を福島から岐阜、島根、群馬に拡大

福島県で展開している「楽天いどうとしょかん」の活動を、2014年5月から、岐阜県を皮切りに、年内に順次、島根県、群馬県でも開始し、活動地域を4県へと拡大します。

活動地域を福島から
岐阜、島根、群馬に拡大
こころみNo.2
復興支援と教育振興そして、地域活性へ

復興支援と教育振興を目的に福島での運行を実施してきましたが、大人の方々にも喜ばれ小さなコミュニティとしての役割を果たすようになりました。多くの方々の娯楽の場としての役割も担っていきます。

復興支援と教育振興
そして、地域活性へ
こころみNo.3
読書体験から子供たちの可能性を広げます

読書をすることで、子供たちは様々な知識を得て、想像力を高めていきます。
更に文字を読むことで表現するチカラもつきます。読書をする機会を増やすことで、子供同士の交流も広がりコミュニケーションするチカラも磨かれていきます。楽天いどうとしょかんの運行を通じて子供たちの様々な可能性に貢献していきます。

読書体験から子供たちの
可能性を広げます

楽天いどうとしょかんの取り組み

楽天いどうとしょかんの取り組み

楽天は、福島の子供たちのための教育振興および復興支援の一環として、2012年12月21日から、書籍約1,200冊、電子ブックリーダー「Kobo Touch」を搭載した車両型の移動図書館「楽天いどうとしょかん」の巡回活動を始めました。

子供たちやお父さん、お母さん、時には、おじいちゃん、おばあちゃんなど、たくさんの方にご利用いただき、ご利用者数は2014年8月末時点で7,787人となりました。

■CSRの取り組み
  • 楽天いどうとしょかん
  • 楽天の森
  • IT学校
  • 楽天クラッチ募金
  • TOMODACHIプロジェクト
  • みんなでつくろう子どもオーケストラ

このページの先頭へ