この規約は2017年2月13日より有効となります。
改定前の内容はこちら

楽天会員規約

楽天株式会社(以下「楽天」といいます。)、その子会社、および関連会社で構成される楽天グループ(以下「楽天グループ」といいます。)は、お客様に最適でユニークなサービスを提供したいと考えており、グローバルに展開する楽天グループのサービスに容易にアクセスしていただけるように、シングル・ログイン機能を含む共通IDプログラム(以下「Rakuten ID」といいます。)を提供しています。
お客様は、楽天が定める楽天会員規約(以下「本規約」といいます。)に基づいてアカウント(以下「アカウント」といいます。)を作成し、会員サービスをご利用いただくことができます。
なお、Rakuten IDにてご利用いただけるサービスには、追加のご登録手続きが必要となるものがございます。そのような場合には、当該サービスのご利用時に別途提示される利用規約等をご確認いただき、追加のご登録手続きをお願いいたします。

第1条(楽天会員)

  1. お客様は、楽天が定める条件に従い、会員サービスを利用することができます。なお、お客様は、アカウントを通じて、楽天グループが提供する各種サービスを利用することができますが、当該サービスの中には別途定める事項の登録を要する場合があり、また、あらかじめ当該サービスの利用規約等に同意していただく必要があります。
  2. 会員サービスには、ポイント等のインセンティブプログラムまたはロイヤルティプログラムが含まれます。当該プログラムの内容および利用条件については、楽天が別途定める規約等に定めるとおりとします。

ページのトップへ戻る

第2条(会員登録)

  1. 本規約に同意のうえ所定の登録手続きを完了すると、お客様と楽天との間で本規約の定めを内容とする契約(以下「本契約」といいます。)が成立し、会員としての資格を得ることができます。会員登録手続きは、会員となるご本人が行ってください。本条に基づいて、会員資格を得たお客様のことを、以下「会員」といいます。
  2. 楽天は、過去に会員資格が取り消された方やその他楽天がふさわしくないと判断した方からの会員申込についてはお断りする場合があります。
  3. 登録手続きの際には、入力上の注意をよくご確認いただき、所定のフォームに必要事項を入力してください。ご登録は真実かつ正確な情報をもって行ってください。楽天は、当該情報に虚偽、誤り、または記入漏れがあったことによりお客様に損害が生じたとしても、一切の責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第3条(IDおよびパスワードの管理)

アカウントを利用するためのIDおよびパスワードは、他人に知られることがないよう定期的に変更する等、会員本人が責任をもって管理してください。楽天グループは、入力または利用されたIDおよびパスワードの組合せが会員の登録したものと一致することを所定の方法により確認した場合、会員による利用があったものとみなします。楽天グループは、盗用、不正利用その他の事情により会員のアカウントを当該会員以外の第三者が利用している場合であっても、それにより生じた損害について一切の責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第4条(アカウントを利用した取引)

会員がアカウントを利用して行う、各サービス上での取引(商品またはサービスの購入、購入の申込、およびその他の取引に関する意思表示を含みます。以下同じ。)は、会員とその取引の相手方との間で直接に行われます。楽天グループは、当該取引について会員の相手方となる場合を除き、取引の当事者とはならず、取引に関する責任を一切負わないものとします。したがって、取引に際し万一トラブルが生じた場合には、会員とその相手方との間で解決していただくことになります。

ページのトップへ戻る

第5条(登録情報の変更)

会員として登録した情報(以下「登録情報」といいます。)に変更が生じた場合は、速やかに登録情報の変更をお願いいたします。登録情報の変更がなされなかったことにより会員に生じた損害について、楽天は、一切の責任を負わないものとします。また、変更がなされた場合でも、変更前にすでに手続きがなされた取引は、変更前の情報に基づいて行われます。登録情報の変更内容を当該取引の相手方に通知する必要がある場合には、会員より当該相手方に直接ご連絡下さい。

ページのトップへ戻る

第6条(楽天によるお知らせ)

  1. 会員サービスに関する楽天から会員への通知等は、最新の登録情報におけるメールアドレス宛てへのメールの送信、楽天が運営するウェブサイト上への掲示、または、その他楽天が適当と判断する方法によって行います。
  2. 会員は、楽天がメールの送信による通知を行った場合、前項のメールアドレス宛てに楽天がメールを送信し会員が当該メールを閲覧可能になった時または楽天がメールを送信してから24時間後のいずれか早い時点に楽天からの通知が到達したとみなされることに、あらかじめ同意するものとします。

ページのトップへ戻る

第7条(個人情報の取扱い)

楽天は、会員による会員サービスの利用に関して取得する個人情報を、楽天の個人情報保護方針(https://privacy.rakuten.co.jp/)に従い、適切に取扱います。

ページのトップへ戻る

第8条(禁止事項)

  1. 会員サービスの利用に際して、会員は、以下の各号に定める行為またはそのおそれのある行為を行ってはならないものとします。
    1. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為
    2. 公の秩序または善良の良俗を害する行為
    3. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為
    4. 楽天、楽天グループ、または第三者の権利、利益、名誉等を侵害する行為
    5. 第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を送信する行為
    6. 第三者の個人情報その他のプライバシーに関する情報を不正に収集、開示、または提供する行為
    7. 不正アクセス行為、第三者のアカウントを利用する行為、複数のアカウントを作成しまたは保有する行為、その他これらに類する行為
    8. 会員サービスの誤作動を誘引する行為
    9. 会員サービスが通常意図しないバグを利用する動作を生じさせ、または、通常意図しない効果を及ぼす外部ツールの利用、作成、または頒布を行う行為
    10. 会員サービスまたは楽天のサーバーに過度の負担をかける行為
    11. コンピュータウイルス等の有害なプログラムを楽天、楽天グループまたは第三者に送信し、または流布する行為
    12. 本規約に違反し、または、会員サービスの趣旨目的に反する行為
    13. その他、楽天が不適切と判断する行為
  2. 会員は、アカウントおよび本契約の地位等の一切の権利および義務を第三者に譲渡、貸与、売却、担保差入およびその他の処分をしてはならないものとします。

ページのトップへ戻る

第9条(利用停止、会員資格の取り消し等)

  1. 楽天は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合には、事前に通知することなく当該会員による会員サービスの利用停止、アカウントの停止、IDおよびパスワードの変更、または当該会員の会員資格の取り消し等の措置を講じることができるものとします。これにより会員に何らかの不利益または損害が生じたとしても、楽天は一切の責任を負わないものとします。
    1. 会員に法令や本規約に違反する行為があった場合
    2. 会員に会員サービス利用に関して不正行為があった場合
    3. 一定回数以上のパスワードの入力ミスがあるなど会員のセキュリティを確保するために必要な場合
    4. その他楽天が相当と判断した場合
  2. 前項のほか、会員が楽天の定める一定の期間内に一定回数のログインを行わなかった場合は、楽天は、事前に通知することなく前項所定の措置を講じることができるものとします。

ページのトップへ戻る

第10条(会員の退会および本契約の終了)

  1. 会員は、楽天所定の退会手続きにより、いつでも本契約を終了させることができます。
  2. 前項退会手続きにより、または、事由のいかんを問わず本契約が終了した場合、会員は、アカウントおよび会員サービスについて、即時に一切利用できなくなります。当該時点において楽天が会員サービスに関連して有していた権利は、全て消滅し、会員は、楽天に対して何らの請求を行えません。ただし、本契約終了以前において会員が楽天グループに対して債務を負っていた場合、当該債務は消滅せず、会員は、楽天グループに対して本契約終了後ただちに全ての当該債務について弁済しなければならないものとします。
  3. 会員は、退会手続きを行った場合、楽天グループが提供するRakuten IDに対応した全てのアカウントが同時に削除され、楽天以外の楽天グループ会社が提供する会員サービスについても利用できなくなる場合があることを、あらかじめ承諾するものとし、手続きを終了する前に、注意事項等確認のうえで退会するものとします。

ページのトップへ戻る

第11条(会員サービスの変更、中断、終了等)

  1. 楽天は、会員に事前に通知することなく、会員サービスの内容の全部または一部をその裁量によって変更または追加することができるものとします。
  2. 楽天は、事前に第6条所定の方法にて会員に通知することにより、楽天の裁量で会員サービスの提供を終了することができるものとします。
  3. 楽天は、以下の各号に定める場合、会員に事前に通知することなく、会員サービスの全部または一部を一時的に中断することができるものとします。
    1. システムのメンテナンスまたは修理を定期的にまたは緊急に行う場合
    2. アクセス過多等によって、システムに負荷が集中した場合
    3. 会員、楽天、楽天グループ、または第三者のセキュリティを確保する必要が生じた場合
    4. 通信回線の停止、天災、火災、停電、その他の不慮の事故または戦争、紛争、動乱、暴動、労働争議等の不可抗力により会員サービスの提供が困難な場合
    5. その他楽天が必要と判断した場合
  4. 楽天は、楽天が本条に従ってとった措置に起因して会員に生じた損害について、一切の責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第12条(保証の否認および免責)

  1. 会員は、楽天が会員サービスを通じて提供するインセンティブプログラム、コンテンツその他一切の情報について、エラー、バグ、不具合またはセキュリティ上の欠陥が存在しないこと、第三者の権利を侵害しないこと、会員が期待する性質を有することならびに会員に適用ある法令に適合的であることについて、楽天がいかなる保証も行わないこと、ならびに、会員サービスが会員サービス提供時における現状有姿において提供されることを理解し、これを承諾するものとし、自己の責任において会員サービスを利用するものとします。
  2. 楽天は、会員のアカウントで利用できるサービスに関する内容の真偽、正確性、最新性、有用性、信頼性、適法性、および第三者の権利の不侵害について、本規約においていかなる保証も行わないものとし、当該サービスの利用に関して損害が生じた場合であっても、楽天は、一切の責任を負わないものとします。
  3. 楽天は、会員による会員サービスの利用に関連して、会員に対する責任を負う場合には、楽天の故意または重大な過失による場合を除き、会員に現実に生じた通常かつ直接の範囲の損害に限り、これを賠償するものとし、特別な事情から生じた損害(損害の発生を予見し、または、予見し得た場合を含みます。)については、責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第13条(本規約の改定等)

  1. 楽天は、本規約を任意にいつでも改定することができるものとし、本規約に追加の規定、条件等を定めることができます。本規約の改定および規定、条件の追加等は、楽天所定のサイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。
  2. 楽天は、会員サービスにかかる事業を第三者に譲渡し、または合併もしくは会社分割等により承継させ、本契約上の地位ならびに権利および義務を当該譲渡等の譲受人等に承継させることができるものとします。会員は、かかる譲渡等について、あらかじめ同意するものとします。

ページのトップへ戻る

第14条(準拠法、合意管轄)

本規約は日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関し訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

ページのトップへ戻る

以上

この規約は2017年2月13日より有効となります。
改定前の内容はこちら

楽天スーパーポイント利用規約

第1条(目的)

  1. 本規約は、楽天株式会社(以下「楽天」といいます。)が、楽天会員規約(以下「会員規約」といいます。)に基づき会員登録をした会員(以下「会員」といいます。)に対して、楽天が提供するポイントインセンティブプログラム(「楽天スーパーポイント」またはその後継プログラムを指し、以下「本プログラム」といいます。)に関する基本的事項を定めるものです。
  2. 本プログラムは、楽天が指定する各種サービス(楽天グループの会社またはそれ以外の第三者が提供するサービスを含み、以下「ポイント付与対象サービス」といいます。)において、会員による物品等の購入、サービスの利用等を促進するため、楽天グループのサービスにおいて利用可能なポイント(以下「ポイント」といいます。)を会員に付与し、会員がこれを楽天所定の各種サービス(以下「ポイント利用対象サービス」といいます。)において利用することができる特典を会員に提供するものです。本規約に規定のない事項については、会員規約が適用されるほか、本プログラムに基づくポイント付与および利用に関して、各種サービスごとまたはキャンペーンごとに定められる諸条件が適用されるものとします。

ページのトップへ戻る

第2条(ポイントの付与)

  1. 楽天は、会員がポイント付与対象サービスにおいて、楽天の指定する方法で物品等の購入またはサービスを利用したとき、その他楽天が相当と認めた場合(以下「対象取引」といいます。)に、ポイントを付与します。
  2. ポイント付与対象サービス、対象取引、ポイントの付与率、その他ポイント付与の条件は、楽天が決定し、楽天があらかじめ定める所定のサイト(以下「告知サイト」といいます。)において会員に告知します。なお、告知サイトにてあらかじめ告知する条件のほか、ポイントの付与率、付与されるポイントの有効期間等は対象取引ごとに異なる場合があります。
  3. ポイントは、対象取引が行われてから、楽天が定める一定の期間を経た後に付与されます。この期間内に、楽天が対象取引につき取り消し、返品などがあったことを確認した場合、対象取引にポイントは付与されず、また対象取引に価格の変更があった場合は、変更後の購入額に応じて付与されます。
  4. ある取引についてポイントを付与するか否か、付与するポイント数、その他ポイントの付与に関する最終的な判断は、楽天が行うものとし、会員はこれに従うものとします。

ページのトップへ戻る

第3条(ポイントの管理)

  1. 楽天は、楽天所定の方法により、会員が獲得したポイント数、会員が利用したポイント数およびポイント数の残高を会員に告知します。
  2. 会員は、前項のポイント数に疑義のある場合には、ただちに楽天に連絡し、その内容を説明するものとします。
  3. 第1項のポイント数に関する最終的な決定は楽天が行うものとし、会員はこれに従うものとします。

ページのトップへ戻る

第4条(ポイントの合算等の禁止)

会員は、別途楽天が指定する場合を除き、1つのアカウントにて保有するポイントを他のアカウントに移動させたり、他の会員に譲渡または質入れしたり、会員間でポイントを共有したりすることはできません。

ページのトップへ戻る

第5条(ポイントの取り消し・消滅)

  1. 楽天がポイントを付与した後に、対象取引について返品、キャンセルその他楽天がポイントの付与を取り消すことが適当と判断する事由があった場合、楽天は、対象取引により付与されたポイントを取り消すことができます。
  2. 楽天は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、事前に通知することなく、当該会員が保有するポイントの一部または全部を取り消すことができます。
    1. 違法または不正行為があった場合
    2. 本規約、会員規約、その他楽天が定める規約・ルール等に違反があった場合
    3. その他楽天が会員に付与されたポイントを取り消すことが適当と判断した場合
  3. 楽天が定める期間を超えて対象取引を行わなかった場合、ポイントは自動的に消滅します。また、楽天はポイントごとに別途有効期間を設ける場合があります。
  4. 楽天は、取り消しまたは消滅したポイントについて何らの補償も行わず、一切の責任を負いません。

ページのトップへ戻る

第6条(決済におけるポイントの利用)

  1. 会員は、ポイント利用対象サービスにおいて、楽天が定める方法により、保有するポイントを、楽天が定める換算率で決済代金(商品代金、送料、手数料または消費税を含みます。以下同じ。)の全部または一部の支払いに利用することができます。
  2. 楽天は、第1項のポイント利用の対象となるサービス・商品等を制限したり、ポイント利用に条件を付したりすることがあります。
  3. 会員が第1項による決済を取り消した場合、原則として当該決済に利用されたポイントが返還され、現金による返還は行われません。ただし、楽天の事務上の事情などによりポイントでの返還ができない場合には、決済をしたポイント利用対象サービスからポイント利用額相当の現金が返還されることがあります。
  4. 会員が決済代金全額の支払いにポイントを利用し、その後決済代金が何らかの事情で減額または増額された場合には、ポイント利用対象サービスごとに告知サイトに定める条件または決済時に表示する条件に基づき減額分の代金返還または増額分の支払いを行うものとします。

ページのトップへ戻る

第7条(決済以外でのポイントの利用)

  1. 会員は、前条に定める決済でのポイントの利用のほか、楽天が定める方法により、保有するポイントを、プレゼント、サービス、抽選への応募、その他の特典(以下「特典」と総称します。)と交換することができます。
  2. 楽天は、会員が保有するポイントにより交換できる特典を随時設定し、これを告知サイトへの掲示その他楽天所定の方法により告知します。
  3. 特典の種類、内容、交換に必要なポイント数、その他ポイント利用の条件は楽天が定めるものとし、楽天はこれらをいつでも新規に設定、変更または終了させることができます。なお、品切れ、提携会社との提携解消、その他の事情により会員から交換の申し出のあった特典を提供できないことがありますが、その場合は、特典を変更していただくか、または当該ポイント数を会員に返還します。
  4. 楽天は、前項に定める事由により会員に何らかの不利益が発生したとしても、それについて補償せず、一切の責任を負いません。
  5. 会員は、ポイントを利用するときに、特典の送付先、連絡先その他楽天が定める事項を届け出るものとします。会員にプレゼント等の特典を送付する場合、送付先は日本国内における会員本人居住の住所の会員名に対してのみ行われます。別途楽天が指定する場合を除き、海外への送付、会員本人以外への送付、または私書箱への送付はできません。
  6. 特典によっては、楽天が委託する提携会社から提供されることがあります。この場合の特典利用の条件については、各提携会社の規約または約款等に従うものとし、楽天は特典の品質、有用性について、何ら保証するものではありません。これらの特典に瑕疵がある場合、当該特典を発送・提供した提携会社と解決するものとします。
  7. 会員は、楽天または特典提供者に責任がある場合を除き、特典の返品または他の特典への交換をすることはできません。

ページのトップへ戻る

第8条(事故等)

第6条の決済対象となった商品または前条の特典につき、その配送中または提供後に遅延、紛失、盗難、損害、破損等の事故が生じた場合は、当該事故が楽天の責任による場合を除き、楽天は一切責任を負わず、ポイントの返還も行いません。

ページのトップへ戻る

第9条(ポイント利用後のポイントの取り消し)

  1. 会員がポイントを決済に利用した後に、本規約にもとづきポイントが取り消された場合は、当該決済の対象となる取引が取り消しまたは保留されることがあります。会員は、ポイントを利用した当該取引が実行済みである場合または実行しようとする場合には、ポイント取り消しによる不足額を、ただちに現金または楽天の指定する支払方法にて楽天に支払うものとします。
  2. 会員がポイントを特典の交換に利用した後に、本規約に基づくポイントの取り消しがあった場合は、特典の申込は取り消されます。会員は、すでに特典を受領している場合には、ただちに楽天に対し特典の返還または特典に相当する金額の支払いを行うものとします。

ページのトップへ戻る

第10条(換金の不可)

会員は、いかなる場合でもポイントを換金することはできません。

ページのトップへ戻る

第11条(第三者による利用)

  1. ポイントの利用は、会員本人が行うものとし、当該会員以外の第三者が行うことはできません。
  2. 楽天は、ポイント利用時に入力されたIDおよびパスワードが登録されたものと一致することを楽天が所定の方法により確認した場合には、会員による利用とみなします。それが第三者による不正利用であった場合でも、楽天は利用されたポイントを返還しませんし、会員に生じた損害について一切責任を負いません。

ページのトップへ戻る

第12条(税金および費用)

ポイントの取得、ポイントの利用、特典との交換にともない、税金や付帯費用が発生する場合には、会員がこれらを負担するものとします。

ページのトップへ戻る

第13条(会員資格の喪失・停止)

会員が会員の地位を喪失した場合には、保有するポイントおよび本プログラムの利用に関する一切の権利を失うものとし、また地位の喪失にともなって楽天に対して何らの請求権も取得しないものとします。

ページのトップへ戻る

第14条(免責)

楽天は、本プログラムの運用にその時点での技術水準を前提に最善を尽くしますが、障害が生じないことを保証するものではありません。通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、ポイント利用に関する障害、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他本プログラムに関して会員に生じた損害について、楽天は一切責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第15条(本プログラムの変更、停止または終了)

  1. 楽天は、会員に事前に通知することなく、本規約、本プログラムの内容もしくは本プログラム提供の条件の変更(ポイントの廃止、ポイント付与の停止、ポイント付与対象サービス、ポイント利用対象サービスもしくは対象取引の変更またはポイント付与率もしくは利用率の変更を含みますが、これらに限られません。)を行うことまたは本プログラムを終了もしくは停止することがあり、会員はこれをあらかじめ承諾するものとします。
  2. 楽天は、前項の変更により会員に不利益または損害が生じた場合でも、これらについて一切責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

(参考)

第5条第3項に記載の楽天が定める期間は、ポイント(期間限定ポイントは含みません。以下同様とします。)獲得日を含む月の翌年同月の前月末日までとします。
なお、当該期間につきましては、ポイント獲得日を基準に計算しますので、最終のポイント獲得日から上記期間内に新たなポイント獲得がない場合、ポイントは自動的に消滅します。

ページのトップへ戻る

以上

楽天アフィリエイトパートナー規約

第1条(総則)

  1. 本規約は、楽天株式会社(以下「当社」といいます)が提供する楽天アフィリエイトサービスに参加するアフィリエイトパートナーが、本サービスの参加および利用に関して遵守すべき事項を定めるものです。
  2. 本サービスに関し本規約に規定のない事項については、楽天会員規約(以下「会員規約」といいます)が適用されます。

ページのトップへ戻る

第2条(定義)

  1. 本規約において、以下の用語は以下に定める意味を有するものとします。
    1. 「本サービス」とは、当社が提供する楽天アフィリエイトサービスをいいます。
    2. 「会員」とは、会員規約に基づき楽天会員登録をした者をいいます。
    3. 「パートナー」とは、アフィリエイトパートナーとして本サービスに参加する者をいいます。
    4. 「モール」とは、当社または当社のグループ会社が運営するウェブサイトのうち本サービスによるリンク対象として当社が指定したものをいいます。
    5. 「本契約」とは、本規約に基づき生ずる当社とパートナーとの間の契約関係をいいます。
    6. 「アフィリエイトメディア」とは、パートナーが自ら運営管理するウェブサイト、電子メールのメッセージ、アプリケーション、その他本サービスの対象となるものとして当社が指定する媒体をいいます。
    7. 「リンク等」とは、モールの各種ページ等にリンクする専用バナー広告、専用URL、アプリケーション、その他本サービスの対象となるものとして当社が指定するユーザの誘導手段をいいます。
    8. 「サービス提供者」とは、モールにおける商品またはサービス(以下「商品等」といいます)の販売、予約受付、クレジットカード等の入会の申込受付、口座の開設受付、資料請求受付その他当社が指定するサービスを提供する者をいいます。
    9. 「リンク作成用コンテンツ」とは、当社またはサービス提供者が作成したバナー用のHTMLコード、アプリケーション・プログラミング・インターフェイス等を通じて提供される情報その他当社所定の専用コンテンツをいいます。
    10. 「ユーザ」とは、アフィリエイトメディアの閲覧者をいいます。

ページのトップへ戻る

第3条(パートナー登録)

  1. 本サービスの利用は会員のうち次項の登録を行った者に限るものとします。
  2. 会員がパートナーとして本サービスに参加しようとする場合は、当社所定の登録フォームに当社が定める登録情報を登録するものとします。なお、当社は、その裁量により登録情報として登録すべき事項(以下「登録事項」といいます)を変更することができるものとし、新たに登録事項が追加された場合、パートナーは当社が指定する期間内に当社所定の方法によって登録情報の登録を行うものとします。
  3. 前項の登録情報に変更があった場合は、パートナーは、速やかに変更登録を行わなければなりません。
  4. 当社は、前2項により登録されたパートナーの情報およびパートナーによる本サービスの利用に関して知り得たパートナーの情報を別途定める「個人情報保護方針」に従い取り扱うものとし、パートナーはこのことに同意するものとします。
  5. パートナーは、当社から登録情報の確認、証明のための資料の提出を求められた場合には当社が指定する期間内にこれに応じるものとします。

ページのトップへ戻る

第4条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは、パートナーがアフィリエイトメディアにリンク等を設置し、ユーザが当該リンク等を通じてモールにアクセスし(以下このようなアクセスを「経由アクセス」といいます)、これによってサービス提供者に生じた売上、販売件数、入会件数、予約受付件数、入会申込件数、資料請求受付件数、その他当社が規定する成果(以下「付与対象成果」といいます)に応じて、当社がパートナーに対して報酬(以下「成果報酬」といいます)を支払うことを内容とします。
  2. 前項の成果報酬は、当社が別途定める場合を除き、楽天スーパーポイントまたは楽天キャッシュ(以下「ポイント」と総称します)を当社所定の方法で付与する方法により支払われるものとします。なお、当社は、成果報酬の支払い方法(楽天スーパーポイント付与分と楽天キャッシュ付与分との振り分けを含みます)について、その裁量により変更することができるものとします。
  3. 本サービスの提供に関する業務の一部は、リンクシェア・ジャパン株式会社に委託されています。

ページのトップへ戻る

第5条(リンク等の掲示)

  1. パートナーは、当社所定の方法により、リンク等を設置するアフィリエイトメディアの登録を行うものとします。また、パートナーはアフィリエイトメディアに追加または変更があった場合は、直ちに追加・変更登録を行うものとします。
  2. パートナーは、前項により登録したアフィリエイトメディアに、当社所定の方法により、リンク等を設置することができます。ただし、当社またはリンク先となるサービス提供者が、リンク等の設置について制限または条件を付しているときは、これに従うものとします。
  3. パートナーは、リンク等を設置するにあたり、当社またはサービス提供者が作成したリンク作成用コンテンツを使用するものとします。
  4. パートナーは、リンク作成用コンテンツを、本規約に基づく本サービス利用のためのリンク等設置以外の目的に使用することはできません。
  5. 当社は、リンク等が設置されたアフィリエイトメディアが、そのコンテンツ等からふさわしくないと判断した場合は、パートナーが運営するアフィリエイトメディアの全部または一部からのリンクを拒否できるものとします。また、当社またはサービス提供者より、パートナーの設置したリンク等について削除または変更を希望する旨通知があったときは、パートナーは、ただちに当該リンク等を削除または変更しなければなりません。

ページのトップへ戻る

第6条(リンク等およびアフィリエイトメディアの表示)

  1. パートナーが作成するリンク等およびアフィリエイトメディアは下記のいずれかの内容を含んではなりません。
    1. 本規約(第7条の禁止事項を含む)、会員規約その他の規約、ルール、ガイドライン等(以下「本規約等」といいます)に反するまたはそのおそれのある内容
    2. 犯罪行為にかかわる内容、差別的表現、その他公序良俗に反する表現・内容
    3. アダルトコンテンツ、不潔またはグロテスクなコンテンツ等の一般人が不快感を覚える内容、その他青少年も含めた不特定多数のユーザによる閲覧に適さない内容
    4. 日本通信販売協会(http://www.jadma.org/)が定める広告に関する自主基準に違反する不当な表示
    5. ユーザに誤解を与えるおそれのある内容
    6. 「サイト運営のためにクリックして下さい」等、ユーザに対しクリックを依頼または嘆願する文言
    7. 当社がユーザとサービス提供者との取引を代理、媒介、あっせん、介入、保証等するかのような内容、当社がパートナーを代理、保証等するかのような内容
    8. 別途当社が定める広告掲載基準に反する内容
  2. 当社は、パートナーの作成したリンク等またはアフィリエイトメディアが前項に反すると判断した場合には、その内容および表示を変更するよう求めることができ、パートナーはこれに従うものとします。

ページのトップへ戻る

第7条(禁止事項)

  1. パートナーは、以下の行為を行ってはならないものとします。
    1. 当社、サービス提供者、ユーザ、一般消費者その他の第三者の権利、利益、プライバシー、名誉等を損なう行為、その他の不利益を与える行為またはそのおそれのある行為
    2. 他人が管理運営するウェブサイト、メーリングリストまたはメールマガジン等にリンク等の設置を依頼すること
    3. 自ら設置したリンク等を経由してモールにアクセスし、付与対象成果の発生する行為(以下「成果発生行為」といいます)をすること
    4. パートナー本人がサービス提供者またはサービス提供者の関係者である場合に、自己または自己と関係のある者が運営しているモール内のページ(以下「関係サイト」といいます)もしくは関係サイトが取扱う商品等へのリンク等を設置すること
    5. パートナー本人がサービス提供者またはサービス提供者の関係者である場合に、関係サイト内のウェブページにリンク等を設置すること、およびモールの利用を通じて取得した電子メールアドレス宛に配信するメール等(R-Mailを含みます)にリンク等を設置すること
    6. 第5条第1項で登録されたアフィリエイトメディア以外にリンク等を設置すること
    7. リンク作成用コンテンツのうち当社が編集を可能とした部分以外について改変(当社またはサービス提供者が指定したリンク先以外へリンクさせることを含みます)し、または第三者をして改変させること
    8. 掲示板サイト、動画投稿サイト、Q&Aサイトへの書き込み・投稿、事前の承諾を得ていない相手に対する広告メールの配信等、当社、サービス提供者または第三者が迷惑または不快感を覚える宣伝行為をすること
    9. サービス提供者との間で、直接本サービスに基づく広告と同一または類似の取引を行う契約を締結すること
    10. アフィリエイトメディアに適式に設置され、表示されたリンク等のユーザによるクリックによらずに経由アクセスを生じさせること
    11. 付与対象成果に寄与すると合理的に評価できない行為によって成果報酬を取得し、または取得しようとすること
    12. 本サービスを利用して当社または当社のグループ会社(以下「当グループ」といいます)と競合しまたは競合する可能性のあるサービスを提供すること
    13. 本サービスその他の当社または当グループの業務の運営・維持を妨げる行為を行うこと
    14. 登録事項に虚偽の内容を登録することまたは真正な情報に訂正、補正しないこと
    15. その他当社が別途禁止行為として定める行為を行うこと

ページのトップへ戻る

第8条(パートナーの義務等)

  1. パートナーは、アフィリエイトメディアにおいて恣意的なリンク等のクリックが発生しないよう、監視の義務を負うものとします。
  2. パートナーは、リンク等が指定されたリンク先へ正しくリンクされているか否かを定期的に確認し、リンク切れまたはリンク先の過誤を発見した場合は、直ちにリンク等の更新あるいは削除を行わなければならないものとします。
  3. アフィリエイトパートナーは、当社が所定のネットワーク巡回システム等を利用してアフィリエイトメディアによる不正行為等の監視を行うことにつき、異議なく承諾するものとします。

ページのトップへ戻る

第9条(成果報酬の支払)

  1. ユーザが経由アクセスを経て、商品等を購入した場合、当社は、パートナーに対し、購入額に当社が定める料率を乗じたポイントを付与します。ただし、当社が定める一定の場合には、購入額ではなく付与対象成果の件数に応じた一定数のポイントを付与するものとします。
  2. 前項の料率は、原則として1%とします。ただし、販売方法、サービス提供者、対象となる商品等、リンク等の種類または第10条により決定される当該パートナーのグレードによって異なる料率が適用されることがあります。これら特別の料率および付与対象成果の件数に応じてポイントを付与する場合のポイント数(以下「固定ポイント数」といいます)については、当社所定のサイト内に掲示されるか、またはパートナーに対して個別に通知されます。また、料率および固定ポイント数は商品等の購入時点など成果が発生した時点のものが適用されます。
  3. 第1項の購入額には、サービス提供者が登録した商品等の代金を基準とし、消費税および送料等の付帯料金は含まれないものとします。ただし、登録された商品等の代金が消費税および付帯料金を含むものである場合または当社が別途定める場合は、当該消費税および付帯料金も第1項の購入額に含まれるときがあります。
  4. 第1項のポイント付与の対象となる取引は、モールにおける取引のうち、本サービスの対象として当社が指定したものとします。ただし、当社は、その判断により、対象となる取引を制限または追加することがあります。
  5. 当社は、ユーザが経由アクセスにより購入したことの識別のために、端末の種類に応じてクッキー等の技術(以下「識別技術」といいます)を使用しており、識別技術によって識別された購入のみが第1項の成果報酬の支払対象となります。また、パートナーは、識別技術について当社の別途定める条件を承認するものとします。
  6. パートナーがリンク等のリンク先としたサービス提供者または商品等と、成果発生行為の対象となるサービス提供者または商品等とは必ずしも一致しません。パートナーに付与されるポイントは、当社が別途定める成果承認基準に従い、ユーザによる成果発生行為の対象となる商品等に設定された料率または固定ポイント数に基づいて、計算されます。
  7. 当社は、当社が別途定める算出方法に従いパートナーに付与するポイント数を算出した上で、別途定める期日に付与します。
  8. 当社は、パートナーに対し、ポイント付与の対象となった購入額、サービス提供者、適用料率および固定ポイント数を開示しますが、それ以外の情報(ユーザ名、商品等の名称など)は開示しません。
  9. 成果報酬のうち、楽天キャッシュ付与分については、当社所定の方法による本人確認手続が完了しているパートナーに支払われるものとします。当社所定の期日までに本人確認手続が完了していないパートナーの場合、当社は、パートナーが楽天キャッシュ付与分の成果報酬を受領する権利を放棄したものとみなし、当該楽天キャッシュ付与分の成果報酬を支払わないものとします。
  10. 当社は、前項の本人確認手続として、パートナーが選択した銀行またはクレジットカード会社(以下「銀行等」と総称します)に対して、当社が保有するパートナーの住所、氏名、生年月日、その他楽天会員に登録されている情報(以下「パートナー情報」と総称します)を提供し、もしくは銀行等からその保有するパートナー情報の提供を受けて、当社が保有するパートナー情報と銀行等が保有するパートナー情報との間に矛盾がないことを照合、確認することができるものとし、パートナーはこのことを了承するものとします。パートナーが選択した銀行等の銀行口座またはクレジットカードが、パートナー本人のものと確認できない場合、ならびに本サービス、その他当社及びその関連会社が提供するサービスに関連して、規約違反等を理由として、サービスの利用制限もしくは利用停止またはID取り消し等の措置(パートナーの資格喪失または停止を含むものとします)を受けた者と、関連性を有すると当社が判断した場合、当社は、当該パートナーの口座登録を拒否するとともに、当該パートナーに対して楽天キャッシュ付与分の成果報酬を支払わないものとします。
  11. その他ポイントの内容、算定方法および取扱いに関しては、楽天スーパーポイント利用規約、楽天キャッシュ利用規約、その他当社が定めるところに従うものとします。

ページのトップへ戻る

第10条(パートナーグレード)

当社は、前条により付与したポイント数および前条のポイント付与の対象となった購入額または販売件数をもとに、毎月、各パートナーに対し、当社が別途定める基準に応じたパートナーグレード(以下「グレード」といいます)を決定します。パートナーごとの当月の適用グレードは、当社所定の方法により当該パートナーに通知されます。

ページのトップへ戻る

第11条(権利の非許諾)

当社は、本規約で明文をもって許諾された以外の権利をパートナーに対し付与するものではありません。パートナーは、当社の商号、商標、標章等の利用を許諾された等、本規約の明文で許諾された以外の権利を付与されたものと、本契約を解釈してはなりません。

ページのトップへ戻る

第12条(税金及び費用)

アフィリエイトメディアならびにリンク等の設置、運営および管理、あるいは成果報酬の支払にともない税金や付帯費用が発生する場合には、パートナーがこれらを負担するものとします。

ページのトップへ戻る

第13条(秘密保持)

パートナーは、本契約期間中または契約終了後にかかわらず、本契約および本契約に関連して知り得たユーザのIPアドレスその他ユーザの特定につながる情報、リンク等の設置または成果報酬の支払のために当社より開示された情報、その他本サービスの利用に際して知り得た本サービス、当社、サービス提供者または利用者に関する情報を、他に開示・漏洩してはならないものとします。

ページのトップへ戻る

第14条(通知等)

  1. 当社は、本サービスに関する連絡その他の通知を、原則として、パートナーが登録した電子メールアドレス(以下「登録アドレス」といいます)宛に電子メールを送信する方法または当社が指定するウェブサイト(以下「通知用サイト」といいます)に掲示する方法で行うものとします。
  2. パートナーは、定期的に登録アドレス宛の電子メールおよび通知用サイトを確認し、その内容を閲読するものとし、対応が必要とされる場合には直ちに当社の指示に従い適切な措置(当社への返信が求められている場合には、直ちに返信を行うことを含みます)を講じるものとします。なお、当社からパートナーに対して返信を行うことを求めたにもかかわらず、当社が指定する期間内にパートナーから返信がない場合、当社は次条各項に定める措置を講じることができるものとします。

ページのトップへ戻る

第15条(本規約等の違反)

  1. 当社がパートナーが本規約等に違反していると認めた場合は、当社は事前の通知・催告を行うことなく、次の各号の措置をとることができ、パートナーはこれについて異議を述べることはできません。
    1. パートナーの設置したリンク等からのリンクの拒否
    2. パートナーの資格喪失または停止
    3. 成果報酬の支払停止
    4. 前号の他、パートナーの保有するポイント(本サービスにより付与されたものを含むが、これに限られない。)の全部または一部の利用停止または失効
    5. その他本サービスの全部または一部の提供の中止
  2. 当社は、本規約等に違反していると当社が認めるパートナーに対して、前項各号の措置とあわせて、過去に取得した分を含め成果報酬の返金をもとめることができ、この場合パートナーは、その全額について直ちに当社が指示する方法で支払うものとします。
  3. 前2項の措置を講じたことにより、パートナーに損害または不利益が生じたとしても、当社は一切責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第16条(損害賠償等)

  1. パートナーは、パートナーによる本サービスの利用に関しユーザ、サービス提供者その他の第三者との間でクレーム、紛争等が生じた場合は、すべてパートナーの責任と負担において解決するものとします。
  2. パートナーの本サービスの利用が原因で当社に損害が生じたときは、パートナーは損害賠償の義務を負うとともに、その解決のために要した弁護士費用その他一切の諸経費を当社に支払うものとします。
  3. 当社は、パートナーとユーザ、サービス提供者その他の第三者との間の紛争について、パートナーの同意を得ることなく、当該ユーザ、サービス提供者または第三者に対し当該紛争に関する情報提供その他の援助を行うことができるものとします。

ページのトップへ戻る

第17条(プレスリリース)

パートナーは、当社の事前の書面による承諾がない限り、本サービスの利用により実現する機能・サービス等についてプレスリリースを公表してはならないものとします。

ページのトップへ戻る

第18条(仕様の変更)

当社は、本サービスの仕様の全部または一部をいつでも変更することができるものとします。また、当社は、当該仕様変更に関連してパートナーに生じた損害につき一切責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第19条(本契約の終了等)

  1. パートナーが退会または会員資格の取消等により会員資格を喪失したときは、本契約は会員資格の喪失時をもって終了するものとします。
  2. 当社は、全てのパートナーまたは特定のパートナーについて、理由のいかんを問わず、いつでも本サービスの提供を中断または終了させることができるものとします。また、当社は当該中断または終了に関してパートナーに生じた損害につき一切責任を負わないものとします。
  3. 本契約が終了した場合は、パートナーはアフィリエイトメディアからリンク等を直ちに削除するものとします。

ページのトップへ戻る

第20条(免責)

通信回線やコンピュータなどの障害によるシステムの中断・遅滞・中止・データの消失、経由アクセス識別に関する障害、データへの不正アクセスにより生じた損害、その他本サービスに関して会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。

ページのトップへ戻る

第21条(本規約の改定)

当社は、本規約を任意に改定できるものとします。本規約の改定があった場合は、当社所定のサイトに掲示した時にその効力を生じるものとします。この場合、パートナーは、改定後の規約に従うものといたします。

ページのトップへ戻る

以上
2015年1月1日最終改定