従業員の健康・ウェルネス

楽天に関わるステークホルダーが心身ともに健康であり、従業員が最大限の力を発揮できる健康的で安全な職場を提供することは、企業の重要な責任の一つです。同時に、従業員の心身の健康が保たれることは、仕事への意欲、さらには活気あふれる職場づくりや生産性向上につながります。楽天では、従業員のみならず楽天を支えるすべてのステークホルダーの健康と安全を大切にし、「楽天健康宣言:Well-being First」に則った取り組みを推進します。

楽天における健康・安全・ウェルネス

楽天健康宣言

楽天健康宣言
楽天健康宣言

考え方

楽天における健康・安全・ウェルネスの取り組みは、個人でできる取り組みや社内施策に限りません。サービスやデータといった楽天独自の強みを生かし、政府、教育機関、病院などとのコラボレーションを通じて従業員の健康を増進しています。これにより社会全体の”Well-being”の向上実現に向けた活動を目指しています。

実現に向けた取り組みのイメージ

推進体制

楽天では、代表取締役社長をトップに位置づけた健康・安全・ウェルネス経営の推進体制を構築しています。 CWO(Chief Well-being Officer)のリーダーシップのもと、ウェルネス部を中心にBody(健康的な体)、 Mind(健康的な心)、 Social(健康的な社会との繋がり)をスコープとし関連要素を強化するプロジェクトを推進、3つの要素を組み合わせ「健康的に働き続けられる従業員、組織風土作りの実現」を目指します。
さらに、楽天健康保険組合において、従業員への健康情報の提供、病気の予防を目的とした各種健診、運動施設や保養施設の利用機会の提供など、従業員とその家族の健康を支える事業を展開しています。

現状把握・モニタリング

ウェルネスサーベイ

従業員の心身の健康状態を分析するため、「ウェルネスサーベイ(調査)」を定期的に実施しています。Body(健康的な体)、 Mind(健康的な心)、Social(健康的な社会との繋がり)の3つの観点を含めた項目で、従業員の心身の健康状態や課題を把握し、仕事のパフォーマンスや社内ウェルネス文化醸成に関する項目で、ウェルネス推進活動の効果測定をしています。
これまでに実施した調査の結果、楽天の従業員における3大健康課題として、運動不足、睡眠の質、体重が特定されました。それぞれの課題を感じている従業員の割合を、年間約30%低減させるべく、様々な取り組みを実施しています。

wellnessServey

ストレスチェック

従業員が自身の心の健康状態を確認することと職場全体のストレス傾向の把握を目的とした「ストレスチェック」を毎年実施しています。「ストレスチェック」の結果は、産業医/保健師が確認し、必要に応じて産業医との面談を従業員に推奨しています。従業員が自身の健康状態に気づく機会にもなっています。

健康・安全・ウェルネスの向上

従業員参加の取り組み

衛生委員会

衛生管理活動の円滑な推進を図ることを目的に、従業員の健康障害の防止や健康の保持増進に関する取り組みなどの重要事項について、労使一体となって調査審議を行う場として、衛生委員会を設置しています。
労使の双方から代表者が参加する定期会議では、労災発生状況の確認や従業員の労働時間についての議論、産業医による健康に関する情報共有を実施しています。

定期健康診断

従業員自身が健康状態を把握することで、健康の保持・増進に努められるよう定期健康診断を実施しています。また、診断結果をその後の健康づくりに活用できるよう、診断結果の見方や注目すべきポイントを解説したニュースレターを発行しています。さらに、健康診断等の結果を踏まえ、一定の基準を満たした従業員に対する保健指導も行っています。

ウェルネスセミナー・イベントの開催

従業員自身が健康について関心を高め、理解を深めるため、様々なテーマのセミナーを定期的に開催しています。セミナーでは、それぞれの分野における外部専門家を招き、具体的かつ実践的な改善策を提供しています。これまでの実施テーマは以下のとおりです。

  • 首肩凝り・腰痛解消:日常に取り入れられる実践的な姿勢に関する知識・ストレッチ
  • 眼のケア:目の疲れ・眼精疲労に関する正しい知識とケア方法を
  • 脳の健康:脳卒中をはじめとする一般的な脳疾患
  • 脳の休息:「脳疲労」が解消される「科学的に正しい」脳の休息方法
  • 脱生活習慣病:健康診断結果の見方や、生活習慣病の基礎知識、生活習慣改善方法
  • プレコンセプションケア:将来の妊娠の可能性を考え、生活習慣や健康、キャリアに向き合う
  • 睡眠改善:睡眠の質の向上方法
  • 姿勢とメンタル:メンタルヘルスに効果がある姿勢・ストレッチ
  • 不妊治療:不妊治療の基本的知識、不妊治療と仕事の両立、経験者からの助言

2021年12月時点
ウェルネスセミナー
総参加者数

4,180

2021年12月時点
ウェルネスイベント
総参加者数

7,762

2021年12月時点
ウェルネスチャンネル
動画再生回数

11,200

また、ヨガやストレッチ、ラジオ体操などのイベントも定期的に開催しています。イベントを通じて、従業員の健康的な習慣作りをサポートすると共に、参加者の一体感を高めています。

ストレッチ
ラジオ体操
Huddle+フィットネス
フィットネス

さらに、全従業員が参加する朝会で、ストレッチ時間を設けています。楽天独自に制作しているストレッチ動画は、楽天グループの公式SNS(TwitterFacebook)よりご覧ください。

マインドフルネスネットワーク

マインドフルネスを通じて従業員の生産性、コミュニケーション能力、心の健康を向上させるための活動を実施しています。科学的に実証されたデータを用いてマインドフルネスに対する知識や理解を深めながら従業員が実践できる環境を提供しています。例えば、定例ワークショップや社内研修、ゲスト講演、マインドフルネスに関する社内外共同研究を行っています。

従業員の健康をサポートする環境

健康相談窓口

従業員が、こころの悩み、からだの悩み、職場での悩み等、様々な原因で体調不良を感じた際に産業医に相談できる窓口を設置しています。産業医は会社の状況を踏まえた上で具体的・効果的なアドバイスを提供し、早期回復・早期解決につなげることを目指しています。

健康をサポートする職場環境

楽天の本社である楽天クリムゾンハウスでは、従業員の健康をサポートするために、栄養バランスの取れた食事の提供やフィットネスジム・スパなどの設備を用意しています。また、体調がすぐれない際に医師に相談できる社内クリニックも併設しています。

健康をサポートする職場環境の詳細はこちら

カフェテリア

新型コロナウイルス感染症対策

感染拡大防止のため、オフィスにおいても様々な対策を導入しています。フレックスタイム制を導入し、新たな働き方に対応するとともに、オフィスへの出勤が必要な従業員が公共交通機関のラッシュアワーを避けて通勤できるようにしました。オフィスでは入り口で検温を行い、新型コロナウイルス陽性者との濃厚接触を通知するソーシャルディスタンス・アプリの使用を徹底しています。デスクの間には飛沫防止パネルを設置し、会議室やエレベーター、その他の共用スペースの利用人数を制限しています。

検温システム

外部評価・表彰

健康経営優良法人2022 ホワイト500

「従業員等の健康を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として、経済産業省と日本健康会議が実施する「健康経営優良法人2022(ホワイト500)」に認定されました。

sports Yell Company 2021

従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業として、スポーツ庁による「スポーツエールカンパニー2021」に認定されました。全社員が参加する毎週の朝会でのストレッチやオンラインフィットネスプログラム、スマホアプリを活用した運動推進イベント、オンライン健康セミナーなど、テクノロジーを最大限に活用した健康意識向上や、習慣化を促すコンテンツを通じた従業員の健康増進への取り組みが評価されました。

健康・安全・ウェルネスデータ

業務上の従業員死亡者総数

0

業務上傷害度数率

0件*

業務上疾病度数率

0.06件*

  • 傷害度数率算出方法: (休業1日以上及び身体の一部又は機能を失う労働災害による傷害者数x 1,000,000) / 延実労働時間数
  • 疾病度数率算出方法: (休業1日以上及び身体の一部又は機能を失う労働災害による疾病者数x 1,000,000) / 延実労働時間数
  • 100万延労働時間数あたりの件数

第三者保証

本ページに記載されたデータの一部について、第三者保証を受けています。