トップ > CSR 社会的責任 > 次世代リーダー育成への取り組み ~楽天×TOMODACHIイニシアチブ~

このページを印刷する

CSR 社会的責任

English Page

この記事を応援する

次世代リーダー育成への取り組み~楽天xTOMODACHIイニシアチブ~

TOMODACHIイニシアチブとは?

日米の次世代のリーダーの育成のために

東日本大震災後の日本の復興支援から生まれ、教育、文化交流、そしてリーダーシップといったプログラムを通して、日米の次世代のリーダーに投資する官民パートナーシップです。

互いの文化や国を理解し、より協調的で繁栄した安全な世界への貢献と、そうした世界での成功に必要な、世界中で通用する技能と国際的な視点を備えた日米の若いリーダーである「TOMODACHI世代」の育成を目指しています。

楽天は、2013年より同団体のスポンサーとして協賛するとともに、各プログラムのサポートを行っています。

楽天・TOMODACHIイニシアチブ ロゴ
(関連リンク)TOMODACHI

これまでの活動について

福島の大学生とNYの学生が音楽で交流

福島県の学生と現地の学生との音楽を通じた交流会
“The Power of Music”

東日本大震災により甚大な被害を受けた福島県から選抜された大学生と東京フィルハーモニー交響楽団の演奏者たちがニューヨークの音楽学校を訪問し、音楽を通じて現地高校生と交流を行いました。

日本にドレミ(西洋の音楽)が入って100年。日本の音楽をご紹介しながら、日本の音楽と西洋の音楽が融合する機会に触れていただきました。

この日、Special Music School の小中学生の皆さんがフルートや打楽器のような西洋の楽器を使って、尺八など日本の楽器を使う日本の曲を演奏し、フィナーレでは、東日本大震災復興支援チャリティソング「花は咲く」を観覧する学生と、東京フィルハーモニー交響楽団のメンバーとともに、参加者全員で合同演奏し、日米の学生達による音楽交流が行われました。

<概要>
■日時: 2014年3月10日(月) 13:15-14:15※現地時間
■場所: Special Music School内講堂(129 W 67th St, New York, NY)
■主催: TOMODACHI イニシアチブ
■参加者: 東京フィルハーモニー交響楽団5名
      福島県の大学に通う学生5名
      Special Music School学生13名

アメリカの野球少年と楽天イーグルスの選手が交流!

「TOMODACHIイニシアチブ」から招待を受けたアメリカ・サンディエゴの14名の野球少年達がコボスタ宮城を訪問。

試合前にコボスタ宮城の見学ツアーや選手達との交流も行い、たくさんの笑顔が生まれました。

<概要>
■日時: 2014年8月2日
■場所: 楽天Koboスタジアム宮城

TOMODACHI女子高校生キャリアメンタリングプログラム

「TOMODACHI女子高校生キャリアメンタリングプログラム」は、福島県内の高校2年生女子生徒を対象としたキャリア支援のプログラムです。

外国人留学生や社会人女性とのセッションを通じて、将来に対する視野を広げ、次世代リーダーの育成を目指しています。

今回のセッションは、東京の代々木で開催され、TOMODACHIストラテジックパートナーをはじめとする8社から、各3名の女性社員が出席し、24名の働く女性の先輩とのセッションを行いました。

会社が世の中で果たしている役割や「働く」経験から学んだことに加え、これまでどんな人生を歩んできたかを語り、同じ女性という立場から、高校生にメッセージを伝えました。

<概要>
■日時: 2014年12月20日、21日
■場所: 国立オリンピック記念青少年総合センター
■CSRの取り組み
  • 楽天いどうとしょかん
  • 楽天の森
  • IT学校
  • 楽天クラッチ募金
  • TOMODACHIプロジェクト
  • みんなでつくろう子どもオーケストラ

このページの先頭へ