楽天のマテリアリティ

2017年、楽天はステークホルダーからの要請やGRIガイドラインをはじめとする国際基準を我々のアクションプランに反映すべく、サステナビリティの重要テーマを選定するための調査を行いました。
具体的には、各種ガイドラインや我々の企業文化、サステナビリティ活動をもとに33のESG (Environment=環境,、Society=社会、Governance=企業統治)関連項目を抽出し、楽天のユーザ、ビジネスパートナー(楽天市場の出店企業等)、従業員がそれぞれの項目について、楽天がどの程度取り組むべきかを評価しました。また、経営陣もそれぞれの項目と楽天のビジネスとの関連性を評価しました。
この調査により、楽天とステークホルダーの皆様にとって重要と考えられる16項目が抽出されました。

1. データセキュリティとお客様のプライバシー管理
2. アクセシビリティ、手ごろさ
3. サービスの安全性と品質

4. 競争阻害行為の防止
5. 責任ある情報提供(機能表示やマーケティング)
6. 持続可能な消費活動
7. 責任あるサプライチェーン

8. ダイバーシティと公平性
9. 能力開発と福利厚生
10. 適切な労働環境

11. 梱包(パッケージ)
12. 気候変動
13. 生物多様性

14. 起業家精神とイノベーション
15. 災害復興支援
16. 次世代の支援

上記の表に示される通り、楽天とステークホルダー双方が特に重要と考えている共通の項目があります。まずは品質と安全、とくに情報セキュリティは私たちの事業を持続可能にする上では必要不可欠なものです。
また、多様性のある従業員や、多くのパートナーが協力して、高い倫理観の元に事業運営していくことも重要です。
環境への取り組みについても、適切な対策と報告が必要と考えられます。
社会貢献活動については、次世代および災害への取り組みが、地域コミュニティのエンパワーメントにおける特に重要なテーマとして浮かび上がりました。