児童養護施設支援

NPO法人ブリッジフォースマイルとの取り組み

NPO法人ブリッジフォースマイルでは、18歳で児童養護施設から自立し、一人暮らしをする子供たちを支援する「巣立ちプロジェクト」を実施しています。
楽天は、楽天市場のシステムの提供や、社員の講師派遣を通じてブリッジフォースマイルの取り組みをサポートしています。

私たちの取り組み

社員がセミナー講師に

巣立ちプロジェクトでは、子どもたちに、引越しの手続きや、金銭管理、危険から身を守る術など、一人暮らしで必要となる知識やスキルをセミナー形式で伝えています。
2015年秋の「巣立ちプロジェクト」のセミナーでは、楽天社員が講師となり、のべ10会場・116名の高校生を対象に、「インターネットの安全な使い方」について授業を行いました。

クーポンと生活必需品を交換

「巣立ちプロジェクト」では、全てのセミナーを受講した後に、生活必需品と交換できるクーポンを発行しています。自立直後の子どもたちの経済的負担を減らすため、生活必需品の寄付を個人・企業から受け付け、子どもたちのニーズとマッチングを行なっています。

楽天市場のシステムで効率化

楽天は、「楽天市場」の店舗様向けシステムを提供し、寄付のマッチングを効率化しています。以前は、FAXで申込を受け付けていましたが、楽天市場の仕組みを使うことで、子供たちはインターネットで簡単に希望の品物を選べるようになりました。また事務局側ではマッチングが不要となり、作業の負担も軽減されました。

115名に241点をマッチング

2016年1月26日から2月8日までに、セミナーを受講した115名の高校生と241点の生活必需品をマッチングしました。新品のスーツや中古ノートパソコン、食料品セットのほか、寝具、電子レンジ・炊飯器などの家電が特に人気を集めました。

プロジェクトチーム

ブリッジフォースマイル

子どもたちがどんな環境で生まれ育っても、夢と希望を持って笑顔で暮らせる社会を目指します。
児童養護施設から社会に巣立つ子どもたちが、「自分の努力と周りの人の支えがあれば、自分のハンディキャップは乗り越えられる。 失敗してもやり直せばいい」と、勇気を持てるような支援をカタチにしていきます。

ブリッジフォースマイルのホームページ