• 事業紹介
  • 事業長メッセージ
  • 社員紹介
    • [ITC]Shuni
    • [エリアITC]Kiten
    • [エリアITC(在宅)]Bambi
    • [国際ITC]Akane
    • [クリエイティブ]Hirorin
    • [クリエイティブ]Mai
    • [マーケティング]Ken
    • [マーケティング]Ken
  • 仕事紹介
    • [エリアITC]Hazama
    • [ITC(在宅)]Ai
  • スペシャルコンテンツ
    • 宿泊施設様インタビュー
    • 新春カンファレンス 2015
  • 募集職種

社員紹介

ITCとはインターネット・トラベル・コンサルタントの略。楽天トラベルに登録されたホテルや旅館など宿泊施設様に、お客様に満足いただけるプラン作りなど、楽天トラベルを有効活用してもらい集客につなげる施策を共に考えるコンサルティングのエキスパート職です。

エリアの課題を共有し、施設の利用につなげる
会話の中から仕事を創れるのがおもしろい。

楽天トラベルに入社する前は、芸能事務所で働いていました。モデルやタレントを目指す人のオ-ディションを立案し、その運営で全国を飛び回っていました。おもしろい仕事で毎日充実していましたが休みは年に2回ほど。激務の中で結婚、そして子供が誕生し、家族とのふれあいを大切にしたいことから転職を決意しました。

最初に担当した茨城県は、ビジネス目的の宿泊客が多い一方で、休日の宿泊客は限定的。北関東の有名観光スポットに対抗していくために、茨城の魅力と施設利用をいかにつなげるかが課題でした。そこで、景勝地からは遠いけれどもビジネスホテルに宿泊すれば、その分、観光や食事にお金をかけられる低料金の宿泊プランをご提案。ビジネスホテルの稼働率を上げ、施設様から喜びの声を頂いたときには、地方をエンパワーメントするやりがいを肌で感じました。

その後、茨城から那須エリアに担当が変わりました。那須は観光地として知名度が高く、休日の稼働率が高い。茨城と状況が全く反対であることを知りました。現在、月に2回ほど現地に行き、料理や宿泊を体験しながら宿の個性を見つけています。
この仕事のやりがいは、施設様との会話の中から仕事を創れること。問題を把握して自ら改善策を提案して結果を出す。いったん信頼関係を築けばコンサルタントの仕事はとてもやりやすくなりますし、お客様に感謝され、頼られるのは嬉しいものです。

支社勤務ITCとしての働き方
point1

北関東全体の売上の3割を、私の担当施設様で成し遂げ「楽天賞」を受賞。

入社して最初に担当したのが茨城県で、県内の98施設にお電話したり、直接訪問してヒアリングするうちに、エリア全体の問題を把握できました。それを施設様と共有することで会話が増え、解決のヒントを見つけられました。提案したプランをすべて実施いただけるほど信頼され、結果的に北関東全体の売上げの3割を、私が担当する茨城の施設様で占めるまでに拡大。目標を大きく超える優秀な業績を収めたことが評価され、楽天賞を受賞させていただきました。目指していた賞でもあり、北関東を盛り上げる力になっているという実感を得た、非常に達成感のある受賞でした。

point2

実体験しているからこそ施設様の魅力を掘り起こせる。

この仕事の魅力のひとつは「出張」です。施設様の一番良い部屋に宿泊し、宿が自慢するおいしい料理をいただくことがあります。仕事なのに、行ったことのないレジャー施設に案内され、見たこともない景色に触れたり。実体験の中から出てくるプランはやはり説得力が違います。
露天風呂を強みに挙げていたあるペンションのオーナー様に、それは那須では当たり前すぎると指摘したことがあります。話を聞くと、海外でシェフの経験があり、自家栽培野菜や地産地消に力を入れていることを知りました。私は、試食してみてこれを押すべきだと直感しました。料理をメインにしたプランをアピールした結果、閑散期でもコンスタントに集客できるようになりました。

point3

支社勤務ならではの垣根を越えた交流が楽しい。

もうひとつの魅力は楽天トラベルという看板です。日本最大級の旅行予約サイトの看板を背負っていることで、施設様はもちろん地元の観光協会の方もこちらの話を聞いてくれます。地縁が広がれば、仕事の幅も広がります。
それから支社勤務の独特の楽しさを感じています。埼玉支社は楽天トラベルのほか楽天市場や店舗開発のスタッフも勤務しており、お互いに情報交換やプライベートな交流が盛んで連帯感が強く感じられるのも、支社勤務ならではです。

研修経験と同期とのコミュニケーション

仲は良いけど負けられない、心地よい仲間意識と競争心。

旅行業の知識・経験はゼロ、ITCって何だ?という状態で入社しましたが、2日間の研修と本社でのOJTで不安は解消されました。私を含め、同時に7名の社員が採用され、それぞれ違う地域で働いているのですが、いまでも週一で連絡を取り合っています。この同期のメンバーは楽天賞を次々と獲得したことから社内ではゴールデンエイジと呼ばれています。仲は良いけど負けられない。そんな心地よい刺激を与えてくれるのが同期のメンバーであり、楽天トラベルという職場です。みんな、私のかけがえのない財産です。

Person Index

page top