社員紹介

  • Masa
  • Masa

「旅が好き」で
旅行会社へ
いま集客の
戦略パートナーになる

Masa

トラベル事業 北海道営業グループ
インターネット・トラベル・コンサルタント
2012年8月中途入社

〔プロフィール〕
大学卒業後、オーストラリアへ語学留学。大手旅行会社に就職し4年後の2012年に楽天に転職。趣味はサッカー、フットサル。カラダを動かすのが好き。国内・海外旅行にもよく行く。おすすめは、やはり現在担当しているエリアの飛騨・高山。

旅行会社就職後、
楽天トラベルの勢いを知る

オーストラリアに語学留学し、その経験を活かして、帰国後に大手旅行会社に就職しました。店頭で個人のお客様を相手に海外旅行のプランをご提案し、航空券やホテルツアーなどの手配をしていましたが、「宿泊予約はネットで」とおっしゃるお客様が増えてきて、いわゆる旅行市場に占めるOTA(オンライン・トラベル・エージェント)の影響の大きさを感じていました。特に、国内旅行業界では楽天トラベルの成長が著しかったことから、その存在を強く意識していました。更に楽天が2008年からグローバル展開へ踏み出したことに大きな可能性を感じて転職しました。

改善提案、売上アップはITCのやりがい

ITC(インターネット・トラベル・コンサルタント)という仕事は、施設様の流通アップをサポートする楽天トラベルならではの職種で、新規のお客様を開拓する営業と異なり、楽天トラベルに掲載している既存のお客様を対象に、集客に向けた企画を提案するなどして売上をフォローしていきます。
旅行予約の主流がネット化する中で、いかに埋もれることなく施設様の魅力を引き出すか。毎年同じプランを掲げていては、来客は減少してしまいます。ITCは施設様の戦略パートナーとして、日々のエリア動向や過去のデータなどから旅行のトレンドを分析・検証し、施設様のページを改善したり、宿泊プランをご一緒に考えて実行します。

エリア戦略、国際感覚を存分に活かす

ITCにはマーケティングの視点は必須です。私の担当エリアは東海地方の4県で、北陸・近畿地方のお客様もターゲットとなります。観光目的だけでなく、愛知や静岡に関してはビジネス需要も多いのが特徴で、地域特性によってお客様の特性も戦略も変わってきます。
現在、岐阜県高山市を担当していますが、このエリアはここ数年外国人のお客様が大変増えました。小さな民宿でも英語による対応が求められるため、過去、海外留学してきた自分の経験からアドバイスさせていただく機会も多くあります。

チームワークで地域全体の誘客へ

自分の考え方や行動ひとつでITCの仕事の面白さは変わってきます。たとえば高級エステやプレミアムシャンパン等を含むクリスマス向け1泊10万円のプランを作ってしまう。そうすると料金の高い順番で検索した時に、このプランが上位に表示され、この施設を認知してもらうきっかけとなります。
楽天トラベルには私のような旅行会社出身者もいれば、飲食ビジネスやホテル業界から転職してきた人もいます。さまざまな経験・知見を活かし、エリア全体への誘客を考えて、個々の担当する施設様の集客に活かしていく。このチームワークから得られる結束感と達成感は、私が楽天で働く上でとても大きなモチベーションに繋がっています。今後更に施設様と楽天の仲間に貢献するため、自分の経験をもっと広げていきたいと思います。

page top