人事制度

楽天では、グローバルタレントの育成を
ミッションとして人事制度の
構築をしています。

楽天が考えるグローバルタレントには、語学力を有するだけでなく、楽天という会社の文化・価値観・哲学を理解し、体現化できているかどうかが非常に重要です。どんなに高いパフォーマンスをあげていても、楽天の価値観と反していたら楽天にとってのグローバルタレントとは認められません。その上で、マルチナショナルなバックグラウンドを持った様々な人材の可能性を引き出して、マネジメントできる人材をグローバルタレントと定義し、その育成に努めています。

楽天主義を反映した評価制度
楽天では、仕事のプロセスにおいて社員が発揮した能力(コンピテンシー)と残した成果(パフォーマンス)を基に、半年に1回、評価を行います。コンピテンシー評価によって月額給与が、パフォーマンス評価によって業績賞与が決まります。
コンピテンシー評価の項目は、楽天主義の中の「成功の5つのコンセプト」において本質的に求められている11個の要素から定義されており、その評価により、グローバルで共通化された格付(B,BB,BBB,A,AA,AAA,S)が与えられます。また、各格付けにおいて求められるコンピテンシーの内容を明示することで、各社員のコンピテンシー開発を促しています。
社員の勤続年数に関わらず、能力・成果に対し正当な評価を受け、格付けの階段をステップアップできるような環境を提供しています。

コンピテンシーとパフォーマンスに基づく評価制度

  • プロセス
    (過程)
  • コンピテンシー評価
    (楽天主義)
  • 月額給与
  • パフォーマンス
    (成果)
  • パフォーマンス評価
  • 業績賞与

コンピテンシー評価の11項目

常に改善、常に前進
チャレンジ
革新
Get Things Done
Professionalismの徹底
当事者意識
チームビルディング
人材育成
仮説→実行→検証→仕組化
戦略策定
人・モノを動かす
仕組化
顧客満足の最大化
顧客価値の向上
スピード!! スピード!! スピード!!
スピーディな判断