働き方について知る: Moricky

“周りを巻き込んでいく力”で
楽天市場の価値を高めていく
Moricky
ECマーケットプレイスRMS開発部
プロデューサー

現在の仕事内容

「楽天市場」に出店している店舗様向けに、商品の登録・販売用のシステムを開発しています。私はプロデューサーとして、店舗様からご要望を伺い、プロダクトの課題の発見や、ソリューションの検討を行っています。また、エンジニア、デザイナー、カスタマーサポートなど、様々な部署のスタッフと連携し、プロダクトをリリースまで導いたり、プロトタイプを用いたユーザーリサーチを担当しています。現在は、グローバル展開用のプラットフォームを作るプロジェクトに参加しており、幅広い国籍やキャリアの方々とディスカッションをしながら進めています。サービスをリリースした際に、店舗様から喜びの声をいただくと、「また頑張ろう!」とモチベーションが高まります。

現在の環境

部署には様々な国籍、バックグラウンドを持つスタッフがいるので、毎日のディスカッションがとても刺激的です。多様な文化から生まれる意見を通して、グローバルに価値を提供できるプロダクトを考え抜く毎日です。現在は、英語で意見を的確に伝えるために英会話スクールに通っています。英語以外にも、プロダクトマネジメントやUX関連の勉強会にも積極的に参加しており、他社の取り組みで優れた箇所があれば、当サービスに応用し、プロダクトの価値向上に活かしています。また、ECやテクノロジー、マーケット関連で、興味深いトピックを見つけたら、チームに共有して、意見交換をしています。

スキルアップについて

プロデューサー業務を通して最も磨かれていると感じるのは、“周りを巻き込んでいく”力です。以前、10グループ50人以上が関わるプロジェクトのメインプロデューサーとして、仕様の取りまとめや品質管理、プロジェクト推進を担当しました。スタッフ全員の足並みを揃えるのはとても難しく、進捗の遅れや品質のばらつきなど、様々な問題が発生しました。それでも粘り強く各所をフォローしながら相談や交渉を重ねることで体制を強化し、プロジェクトは無事、リリース。店舗様から非常に多くの要望を頂いていた機能だったため、その取り組みが評価され、楽天グループの報奨制度で月間MVPを受賞することができました。大きな自信に繋がる経験であり、周りを巻き込む力、つまりコミュニケーション力がいかに重要かを再認識しました。

キャリアについて

近い将来には、海外オフィスで、現地ユーザ向けサービスのプロダクトマネジメントを経験したいです。以前、会社の制度を利用して半年ほどパリに拠点をおくグループ会社で働いた時に、日本との文化や価値観、商習慣や流行サービスの違いに、とても刺激を受けました。いつかは、国内で培った経験を活かし、異文化環境で価値あるサービスを提供する仕事に携わりたいです。さらに先の将来は、ユーザや市場、異文化への理解を一層深め、プロダクトのあるべき姿を提示し、ロードマップを設定できる人物になることが目標です。

楽天で働く環境や制度で
気に入っているものはありますか?
基本無料でランチが楽しめるカフェテリア(社員食堂)です。同僚や上司、プロジェクト関係者と気軽に話せる機会が持てます。
楽天社内の同好会活動には何か参加していますか?
ボードゲーム部です。週一回ボードゲームを持ち寄ってプレイしたり、年2回の合宿で競い合っています。
休日は主に何をして過ごしていますか?
ペン習字や料理教室などのインドアから、キャンプ、旅行、ライブといったアウトドアまで楽しんでいます。