ECマーケティング部

楽天ECマーケティング部 インタビュー特集

インタビュー一覧へ

国内EC流通総額3.4兆円を支えるマーケティング人財募集中!

「楽天スーパーSALE」や「お買い物マラソン」などの大型セールスプロモーションから、デジタル広告で大手メディアの巨大クライアントになるなど日本有数の広告主でもある広告宣伝、膨大なデータを使ってパーソナライズをかけるCRM、そうした施策を裏側で支えるシステム企画、さらにはインターネット産業全体の競争環境を踏まえて大きなマーケティング戦略を立案していくなど、楽天ECカンパニーのマーケティング部には幅広く多彩な仕事があります。

2017年度の楽天の国内EC流通総額は3.4兆円。世界最大級の楽天市場というECビジネスを担う楽天ECカンパニーでは、マーケティング部のスタッフを求めています。今回はその仕事の醍醐味を、より深くお伝えをするため、楽天ECのマーケティングの仕事をよく知る、ECカンパニーCDO(チーフデータストラテジーオフィサー)、北川拓也楽天執行役員による、6人のメンバーとの特別対談をお届けすることにしました。

Yoji Sakamoto

OUR TEAM
チームの役割

Marketing Platform
マーケティングプラットフォームグループ

マーケティング施策を実行するためのプラットフォームの企画、プロジェクト推進/ポイント、パーソナライゼーション、ブックマークなど顧客向けのサービス改善。

インタビュー記事へ

Event Marketing
イベントマーケティンググループ

楽天市場の流通を上げるためのセールスプロモーション。主にお買い物マラソンなどのビッグセールやポイントアップキャンペーンなどの企画設計、流通目標設計。

インタビュー記事へ

New User acquisition
CRMグループ

楽天市場の新規利用者を獲得する。そのためのデータドリブンのアクションをグループの内外で行っている。

インタビュー記事へ

Digital Ad
ディスプレイ広告チーム

ディスプレイ広告、アフィリエイト広告を使った楽天市場のインフロー獲得を行う。楽天市場の流通に影響を与えるほどの大きな予算を使って、さまざまな媒体へ広告を出稿する。

インタビュー記事へ

Marketing Planning Office
マーケティング企画室

楽天市場マーケティングの全体戦略の策定と管理。売り上げ予測や消費者インサイトなどを使ってビジネスを最大化。

インタビュー記事へ

INTERVIEW
特別対談

SPECIAL GUEST聞き手

この仕事の魅力が、まったく知られていない

まったく知られていない。これが、楽天ECカンパニーのマーケティングの仕事についての、僕の率直な印象でした。これほど膨大なデータを扱うことができ、これほどのスケールで、これほどユニークな案件に携われ、グローバルに活躍できる機会も広がっている……。こんな魅力的な仕事があるというのに、このことがなかなか世の中に伝わっていかない。本当にもったいないと思っていました。なので、いつか楽天ECカンパニーのマーケティングの仕事を、僕自身が取材することによって深掘りさせてもらうことができれば、と考えていました。

一緒にプロジェクトを推し進めることも少なくないので、みんながイキイキと楽しそうに、明るく仕事をしていることも知っています。彼らはどんな仕事をしているのか。楽天のマーケティングのユニークさはどこにあるのか。働く醍醐味や仕事のしやすさは、どんなものなのか。僕なりに詳しく引き出したつもりです。ぜひ、この魅力的な仕事を知ってほしいと思っています。

楽天執行役員 北川拓也 / Takuya Kitagawa

ハーバード大学を卒業後、同大学院物理学科で博士課程を修了し、理論物理学者として20本以上の論文を出版。楽天で、データサイエンスの組織を立ち上げ、現在チーフデータオフィサーとしてグループ全体のデータ戦略と実行を担当し、インドやアメリカを含む海外拠点の組織も統括。データ基盤作りや科学的な理解に基づく顧客体験の提供、ビジネスイノベーションなどを推進している。
楽天執行役員、CDO(チーフデータオフィサー)、グローバルデータ統括部ディレクター