働き方について知る: Juni

知的財産の権利活用で楽天のビジネスを強化
国際競争力を高め、事業創出を支援していきたい
Juni
知的財産部
IP企画課

現在の仕事内容

楽天技術研究所やインキュベーション事業から創出されたAIやドローンの特許出願や、他社権利調査などの実務業務を経て、現在は特許戦略の立案、遂行といった企画寄りの業務が主な担当です。今後、楽天はどんな知財を取得していくべきか、特許、商標を始めとして、知財の活用方法はどうあるべきかを議論し、戦略に落とし込みます。楽天の全社戦略、担当事業の事業戦略などに基づいて、重点的に出願すべき領域を見定め、他社の技術に鑑みながら特許出願をして楽天の権利を固めていき、楽天のビジネスの加速を後押しする仕事です。

現在の環境

特許、商標、著作権といった法域の専門職が中心となる知的財産部は、法務部から独立したばかりの部署です。昨今は、楽天のグローバル化、国際競争への突入に伴い、知財の重要性が高まる一方であり、今後はより事業部とのコミュニケーションの深化が問われていきます。私たちは専門職集団ですが、ジェネラリストの側面も磨き、他部署との連携を深め、全世界に商標、特許を取得していく必要があります。そのために知財部の組織変更はもちろん、知財における社内の制度変更といった改革にも着手している最中です。

スキルアップについて

前職はメーカー等を顧客とした特許コンサルティング業務でした。特許調査を主にしていたので、特許出願業務は楽天で得た新しいスキルです。特許庁の審査過程で発行されるオフィスアクション対応への経験や知識習得はもちろん、事業や開発案件の状況を他部署からヒアリングしたり、協同して問題解決を図るコミュニケーションスキルが特に磨かれたと実感しています。また、アメリカ、欧州などの特許制度、審査基準への理解も深めており、海外の特許事務所との連携強化や、国内外の特許庁の審査官との意見交換なども積極的に行っています。今後も国際交渉力と共に知財の理解を高めていきます。

キャリアについて

知財部の影響力を楽天内で高めていく存在になりたいです。社内において、知財の重要性を理解するための教育を推進することで、知財は事業のリスクとなる側面がある一方、活用次第で事業の優位性を高められることを深く知ってもらいたいです。特許は、質も量も重要です。質の高い特許数が国内外で増えれば、それだけ他社に対する牽制力が高まり、同時に国際競争力も高まります。知財には、ビジネスを強くするチャンスがたくさん眠っています。今後も事業部とのコミュニケーションを密にして、楽天の事業創出を強く支援していきたいですね。

楽天で働く環境や制度で
気に入っているものはありますか?
日本知的財産協会などの外部研修や専門委員会への参加を奨励してくれる点。知財業界の情報共有に役立っています。
年間の担当案件数は
いくつくらいですか?
知的財産部全体の特許の出願件数は年間100〜200件。外部の特許事務所などと協働し、多くの件数をこなしています。
休日は主に何をして過ごしていますか?
スポーツ好きな社員達とマラソン大会や山登りを。休日は20km走ります。昨年はフルマラソンも完走しました。