トップ > ニュース > プレスリリース

このページを印刷する

ニュース

2010年11月25日
  • 楽天株式会社

島根県と楽天が連携協定を締結

- インターネットを活用した、
県産品の販路拡大や観光振興の支援強化 -

  楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)は、島根県とインターネット・サービスを通じた地域振興に協力して取り組むことを定めた協定を、本日11月25日に締結しましたのでお知らせします。

  これまで楽天と島根県は、2008年12月に、運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」内に、島根県の特産品を紹介したり、季節に合わせた観光情報やトピックスを提供したりする「まち楽 島根」を開設するほか、県内事業者向けにネット利用促進を目的としたEC(電子商取引)セミナーの共同開催、島根県職員による楽天ブログ上での「ほのぼのしまね日記」の開始、島根物産展の開催など、インターネットを活用した地元企業の活性化に共同で取り組んでまいりました。

  楽天は、今回の島根県との連携協定締結を機に、商業振興の支援に一層注力してまいります。具体的には、県産品の国内外へ向けた販売や観光誘客の促進、人事交流(人材育成)など全9項目の地域活性化に向けた取り組みを実施してまいります。
  観光振興面においては、楽天トラベルと共同で、島根県が展開する大型観光キャンペーン「神々の国しまね 古事記1300年」タイアップ企画を予定しております。
  なお、現在「まち楽 島根」内で島根県の食品、特産品、工芸品などを紹介する「島根物産展」を開催しています。WEB物産展は今回で3回目の開催で、県内の67店舗が参加しています。

  楽天では、これまでもインターネットを通じた地域活性化活動を支援すべく、全国の地方自治体との協力関係の構築を推進してまいりましたが、今回の協定締結により、楽天が連携する自治体数は9県5市となりました。中国地方の自治体としては初めての連携協定となります。

  楽天では、2008年4月に広島支社(所在地:広島市)を開設し、島根を含めた中国地方全域の楽天市場の出店店舗や楽天トラベルの施設に対するサポートを充実させています。
  今後も全国の地方自治体との協力関係を深め、地方活性化に貢献してまいります。

「楽天-島根県 包括連携協定」について

◆包括連携協定の内容

(1)島根県内企業のIT 利活用促進
(2)国内外に向けた県産品の販路拡大
(3)人事交流(人材育成)の取り組み
(4)観光誘客の促進
(5)ふるさと納税の実施
(6)Rubyの普及・研究の促進
(7)島根県内の学校と連携したIT利活用促進
(8)ITを活用した情報の発信
(9)その他、IT活用による島根県の地域振興に関する事項

◆参考
「まち楽 島根」URL:http://event.rakuten.co.jp/area/shimane/

「神々の国しまね 古事記1300年」
URL:http://www.shimane-shinwa.jp/

「島根物産展」概要(※「まち楽 島根」内で開催)
・開催日時:11月19日-12月20日
・出店店舗数:67店舗

・商品例
〈店舗名〉和田珍味 楽天市場店
〈商品名〉ふぐぞうすいスープセット 2,100円
〈URL〉http://item.rakuten.co.jp/wadachinmi-f/10000031/

〈店舗名〉七冠馬醸造元楽天市場店
〈商品名〉金賞受賞蔵の日本酒お試しセット1,980円
〈URL〉https://item.rakuten.co.jp/nanakanba-sake/g-102/

〈店舗名〉スイートママの手作りジャム工房
〈商品名〉芋代官様の芋みつ漬 550円
〈URL〉http://www.rakuten.co.jp/sweetmama/

〈店舗名〉沢田太鼓店
〈商品名〉長胴太鼓 1尺5寸 ケヤキ製 500,000円
〈URL〉http://item.rakuten.co.jp/sawadataikoten/10000046/

 

以上

このページの先頭へ