トップ > 投資家情報 > 経営方針 > コーポレート・ガバナンス

このページを印刷する

投資家情報

コーポレート・ガバナンス

楽天グループは、世界一のインターネット・サービス企業の実現および企業価値の最大化のためには、楽天ブランドコンセプトのもと、コーポレート・ガバナンスの充実が不可欠であると考えており、様々な施策を講じています。
経営においては、多様な分野の専門家から、独立性の高い社外取締役及び社外監査役を積極的に登用しています。社外役員は客観的な視点から取締役会の業務執行を監督するとともに、取締役会においては、多角的な議論を活発に行うことでコーポレート・ガバナンスの実効性を高めています。
また、「楽天グループ企業倫理憲章」をはじめとする「楽天グループ規程(Rakuten Group Regulations、以下RGR)」を制定し、このRGRにおいて、企業理念、内部統制、リスク管理、コンプライアンス等の様々な分野において役職員が守るべきルールを定めており、定期的な教育等を通じて、リスクの低減と競争力の強化を図っております。
  • 基本方針

    楽天グループは、世界一のインターネット・サービス企業を目指し、グループ全体の内部統制およびリスク管理を徹底することにより競争力を強化し、企業価値を最大化させるために、コーポレート・ガバナンスの徹底を最重要課題と位置付け様々な施策を講じております。
  • コンプライアンス

    楽天グループでは、「楽天グループ企業倫理憲章」の定めを受け、楽天グループに属する会社における法令等の遵守のために必要な体制の整備、教育を進めています。
  • リスクマネジメント

    楽天グループでは、事業目的の達成の妨げとなるリスクに適切に対応するため、RGRの中に「グループリスク管理規程」を定め、これに従ってリスク管理を実施しています。
  • 情報セキュリティ

    楽天グループでは、情報セキュリティマネジメントシステムを確立し、情報セキュリティの確保に向けて弛まぬ努力を続けています。
このページの先頭へ