トップ > CSR 社会的責任 > これからの未来のために > プロスポーツ活動

このページを印刷する

CSR 社会的責任
New Future これからの未来のために

プロスポーツ活動

楽天グループは、「人と社会を(ネットを通じて)Empowermentし、自らの成功を通じ社会を変革し豊かにする」を社会的ミッションとして日本最大のインターネットショッピングモール「楽天市場」をはじめとする各業界に変革をもたらす積極的な事業展開を進めてまいりました。

その一方で、スポーツが持つ活力やエンターテイメント性をより多くの方に伝え、より豊かな社会になることへのお役に立てればと、50年ぶりのプロ野球新規参入となった「東北楽天ゴールデンイーグルス」の楽天野球団による運営を始め、「ヴィッセル神戸」「THE 楽天 LPGA SKINS GAME」「楽天オープン」など様々な協賛活動など、スポーツ振興への取り組みをおこなってまいりました。

今後も、楽天グループは、人々の生活を心身共に豊かにする一助になることを願い、あらゆるスポーツへの振興につとめてまいります。

相馬こどもドーム

◆スポーツの力で、子どもたちを笑顔に。相馬こどもドームで「Challenge Forever ~in 相馬~」を開催!
2015年3月14日、特定非営利活動法人 Save the Beachと楽天の共催で、子ども達とトップアスリートが共にスポーツを楽しむイベントが開催されました。100名を超える子ども達がアスリートと共に、3種のスポーツを体験しました。

(関連リンク)Challenge Forever ~in 相馬~

(関連リンク)Challenge Forever

(関連リンク)特定非営利活動法人"Save the Beach"

東北楽天ゴールデンイーグルス

50年ぶりにプロ野球に新規参入した「東北楽天ゴールデンイーグルス」(以下、楽天イーグルス)は、楽天グループの共通理念である「成功の5つのコンセプト」に加え、「The Baseball Entertainment Company~私たちは、野球を通じて感動を創り、夢を与える集団である~」を理念として掲げています。

この理念により、いつの時代も子供から大人まで日本人を魅了してきた野球の醍醐味を感じ感動していただくこと、さらにはスタジアムを単なる試合観戦の場とするのではなく、ボールパークとしてファンの皆様に、様々な楽しみを体験していただくことを目指すなど、新しい野球文化の創造につとめています。

東北に誕生したプロ野球チーム、楽天イーグルスは、地元の温かい声援に支えられ毎年進化を続けています。

(関連リンク)東北楽天ゴールデンイーグルス

◆東北楽天ゴールデンイーグルスのCSR活動/「楽天いどうとしょかん」が福島の試合に登場!
2014年7月29日、福島県郡山市の開成山野球場で行われた試合に、楽天が運行している車両型の移動図書館「楽天いどうとしょかん」が登場しました。試合を訪れた子供達も、クラッチ・クラッチーナと一緒に本の閲覧を楽しんでいました。

(関連リンク)楽天いどうとしょかん

◆東北楽天ゴールデンイーグルスのCSR活動/アメリカの野球少年と楽天イーグルスの選手が交流!
2014年8月2日、日米の次世代のリーダーの育成を目指す官民パートナーシップである「TOMODACHIイニシアチブ」から招待を受けたアメリカ・サンディエゴの14名の野球少年達がコボスタ宮城を訪問。試合前にコボスタ宮城の見学ツアーや選手達との交流も行い、たくさんの笑顔が生まれました。
◆東北楽天ゴールデンイーグルスのCSR活動/「がんばろう東北デー」を開催しました!
2014年9月27日埼玉西武戦にて今年で3回目の開催となる「がんばろう東北デー」を開催しました。
当日は、東北6県各地で親子で参加できる野球教室を行い、コボスタ宮城では宮城県・岩手県・福島県の被災地からご招待した皆様と「がんばろう東北」のビッグフラッグを広げるセレモニーをはじめとし様々なイベントを行いました。
これからも東北全体が一丸となり前進していくために「がんばろう東北!」を誓い合い、東北各地から「元気」を届けました。

(関連リンク)9/27(土)「がんばろう東北デー」を開催しました!

(関連リンク)2012年がんばろう東北デー

(関連リンク)2013年がんばろう東北デー

(関連リンク)「がんばろう東北」これまでの支援活動

ヴィッセル神戸

ヴィッセル神戸は、「ヴィッセルに関わるすべての人を幸せに」をクラブアイデンティティに掲げ、「サッカーを通じて地域社会に貢献すること」、「地域に密着したサッカーの技術向上」、「世界に誇れるスポーツクラブの創造」を目指しています。

また、ホームを置く神戸の街・人全てが立ち止まることなく、永遠に前進し続けていきたいという思いを表した「Kobe Forever Forward」の精神を持ち、神戸と共に成長し続けてまいりました。 楽天グループは、ヴィッセル神戸のクラブアイデンティティに賛同すると共に、子供から大人まで幅広い世代に愛されるサッカー文化振興の一助になることに期待し、2004年より支援を続けています。

(関連リンク)ヴィッセル神戸オフィシャルサイト

THE 楽天 LPGA SKINS GAME

楽天グループは、会社設立10周年を記念し、USLPGA公認競技であるスキンズゲーム(※)を「THE 楽天 LPGA SKINS GAME」として開催し、世界を代表する女子プロゴルファー4名による真剣勝負の場を2007年から2年に亘り支援しました。

2007年は、アニカ・ソレンスタム、ポーラ・クリーマー、モーガン・プレッセル、宮里 藍を迎え、2008年は、昨年出場したアニカ・ソレンスタム、ポーラ・クリーマー、宮里 藍に加え、上田 桃子を新たに迎え、夢の競演を実現しました。

※スキンズゲームとは:各ホールにかけられた賞金を、そのホールベストスコアの選手が獲得。ベストスコアが複数の場合は賞金を次のホールに加算。(18番ホールで決着がつかない場合はプレーオフ)

(関連リンク)THE 楽天 LPGA SKINS GAME '07

(関連リンク)THE 楽天 LPGA SKINS GAME '08

楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス

楽天グループのスポーツ振興の一環として、「楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス」(以下、楽天オープン)を2009年から支援しております。日本発のオープン大会かつ国内最大のテニストーナメントである「楽天オープン」に、世界トップクラスのテニスプレイヤーが集結し、一週間に亘る熱戦が繰り広げられます。

世界最高レベルのプレーを、緊張感が張り詰める中、間近に体感いただけることから、2010年大会は8万人を超えるテニスファンにお集まりいただき、大会が大いに盛り上がりました。

(関連リンク)楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス

  • NPO・NGOとの協力
  • 次世代リーダー育成への取り組み ~楽天×TOMODACHIイニシアチブ~
  • 楽天クラッチ募金 支援を必要としている人のため皆様のご協力をお願いいたします。
  • 楽天いどうとしょかんは福島の子供たちのための教育振興および復興支援の一環で運行をスタートしました。この活動を多くの方に知ってもらうため、2014年5月より順次活動地域を広げ、岐阜、島根、群馬の4県で運行をしております。楽天いどうとしょかんの新たな取り組みについて掲載しています。
  • 楽天IT学校は、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業です。
  • イヌワシが生息できる豊かな森を守ること、「イヌワシを守ろうプロジェクト」の継承・発展を目的に、「楽天の森」プロジェクトを立ち上げました。すべての生き物のため、森林整備を全国で実施します。また、グループのさまざまな事業で啓発活動を実施し、パートナー様やお客様の活動参加を呼びかけ、活動を全国に展開していきます。
  • 楽天は、親と離れて暮らす子どもたちを力づける支援活動「楽天つばさプロジェクト」の一環として、クリスマスプレゼントを届ける「楽天サンタプロジェクト」を企画・実施しています。
  • みんなで作ろう 子どもオーケストラ
  • 楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト募金
  • オークションゆうパックで寄付をしよう
  • 楽天 x ZURICH 森にちょこっといいこと W-ECOプロジェクト

このページの先頭へ