トップ > CSR 社会的責任 > Rakuten Social Responsibility Project 楽天が考えていきたい4つのこと > 楽天が考えていきたい4つのこと

このページを印刷する

CSR 社会的責任

Rakuten Social Responsibility Project 復興に向けた楽天の思い Eco Operation 環境に配慮し、無駄を省く Company's Mission 本業を通じてお役に立つために Green Energy 人と環境にやさしいエネルギー Rakuten Social Responsibility Project復興に向けた楽天の思い New Future 日本の未来のために

楽天ソーシャル・レスポンシビリティ・プロジェクトについて

Rakuten Social Responsibility Project ロゴ

2011年3月11日、日本は東日本大震災に見舞われました。
この自然災害は地震による被害にとどまらず、津波による被害、原子力発電所事故による放射性物質汚染、そして電力不足という事態を引き起こしました。

これを機にあらためて楽天は、自分たちがやるべきこと・自分たちにできることは何かと考え、4つのテーマを打ち出しました。

私たちが考えていきたい4つのこと

  • これからの未来のために
  • 人と環境にやさしいエネルギーのために
  • 環境に配慮し、無駄を省くために
  • 本業を通じてお役に立つために

創業当初から掲げてきた「Empowerment」(人や社会を力づけること)というコンセプトに立脚し、復興支援・エネルギー問題へ積極的に取り組むとともに、楽天グループの事業基盤を活かした社会貢献を行なってまいります。

  • これからの世界を創造していくのは私たち自身であり、将来を担う子供たちです。楽天は企業として、これからの未来のためのサポートを様々な形で実現させていきたいと考えています。
    記事へ
  • 現代社会は化石燃料や原子力等による電力に依存しています。原発の事故により、エネルギーについての見直しが始まりました。楽天も企業として、人と環境にやさしいグリーンエネルギーを推し進めるサービスのあり方を検討します。
    記事へ
  • 限られた資源を有効に活用するための、地道な環境負荷軽減の取り組みを行っています。 原発事故により不安定となった電力供給について「Project60~一人あたり電力使用量40%削減の取り組み~」、「Rakuten Smart Green Project」などを通じ節電に取り組んでいます。電力以外の分野でも、“エコ・オペレーション”をうたい無駄を削減した企業活動にチャレンジしています。温暖化防止・環境保護の観点からもこれを推進します。
    記事へ
  • これまで様々な事業を通じて、ユーザーの皆様や出店店舗・宿泊施設・地方自治体などの皆様と関係を築いてまいりました。復興支援が必要な方々にはより身近で直接的な支援を行なうと共に、様々な状況においてもサービスを継続提供することが私たちの責任だと考えます。私たちは本業を通じて社会に貢献する企業を目指します。
    記事へ

このページの先頭へ