トップ > CSR 社会的責任 > 思いを東北へ。東北復興支援応援ページ

このページを印刷する

CSR 社会的責任
思いを東北へ。岩手、宮城、福島の東北3県の「今」を、関わりのある方々とお届けしてまいります。
この記事を応援する

東北えがおレター ~東北の今を伝える~

東北の経済を支える、楽天グループの様々なサービスで活躍するパートナー様たちの「今」をお届けしています。 バックナンバーはこちら

この記事を応援する

東北を遊びつくす!東北イベントカレンダー

東北3県 イベントエリア

2012年6月からのイベントカレンダー

東北の「旬」なイベントに出かけてみませんか?
岩手・宮城、福島の東北3県の旬のイベントを随時ご紹介してまいりますので、どうぞお楽しみに。

今月のイベントピックアップ

[福島]

東北も新緑の季節を迎えました。海や山様々な場所で東北ならではの美しい景色が広がっています。写真は岩手県遠野市の五百羅漢です。江戸時代に作られた羅漢像は苔をまとい幻想的な風景となり訪れる方々の心を癒しています。
情報提携先:
  • 楽天たすけ愛
  • 楽天B2B 罹災や風評被害で失われた企業販路の再構築・開拓を支援します
  • クラッチ募金 東北地方支援のためご協力をお願いします。
この記事を応援する

東北ってすばらしい!東北応援レポート

【「第2回みんなのうまい東北キャラバン」@岩手県釜石市平田地区を開催!】

  • ■地域の皆様が地元の食でつながる参加型イベント
    6/17(日)、岩手県釜石市平田第6仮設住宅団地内のコミュニティスペース「みんなの家」にて、東北の「食」を通じた「参加型」コミュニティイベントを開催しました。

    このイベントは、東北に関わりのある企業として「被災地への応援の気運を絶やさない」という思いのもと、被災地におけるコミュニティの活性化、自立促進につながる活動の一環として実施しております。

      主催:楽天
      協力:岩手県沿岸広域振興局、釜石市、平田第6仮設団地自治会、
      平田地区のみなさま、細川流舞踊、青虎会、平田神楽保存会、井戸商店、
      西洋フードコンパスグループ、東日本経済活性化支援機構、
      三陸ひとつなぎ自然学校
  • ■イベントとインターネットサービスとの連動により、東北の食のファン拡大を図る
    2回目となる今回は、岩手県北部の郷土料理「まめぶ汁」を、仮設住宅にお住まいのみなさまが中心となって調理いただきました。並行して楽天レシピ・楽天食堂との連携により、釜石市の海産品「するめイカ」を使ったレシピコンテストを開催し、審査員としてご協力いただきました。

    ■当日の進行
    1.細川流舞踊
    2.平田神楽
    3.平田虎舞
    4.まめぶ汁、するめイカポンポン焼きの調理、食事
    5.楽天レシピ イカレシピコンテスト
    >>「まめぶ汁」とは?
    >>楽天レシピ「つなごう広めよう東北の食」するめイカレシピコンテスト
  • 【前日までの準備、顔合わせを行いました!】
    前日までの準備、顔合わせ
    • 前日までの準備、顔合わせ 写真1
    • 前日までの準備、顔合わせ 写真2
    開催前日、ご協力いただく仮設住宅のみなさま、NPOの方々、そして社員ボランティアスタッフでの顔合わせを行いました。その場で早速意気投合し、笑い声が絶えない雰囲気の中で準備が進められました。
    前日はあいにくの雨でしたが、仮設住宅のお母様がご用意されたてるてる坊主に、明日の天候回復とイベントの成功に願いを込めました。
  • 【お母様方が力をあわせて「まめぶ汁」を作りました!】
    「まめぶ汁」は、岩手県の中でも県北の地方料理で、野菜たっぷりの汁に黒糖とくるみを含んだ団子が入った栄養バランスがよい料理です。
    県北以外にお住まいの方々にとっては初めての料理でしたが「新しいものにチャレンジするのもいいね」と賛同いただき、3週間前から何度も試作するくらいの熱を入れて取り組んでいただきました。
    昆布と野菜のだしがたっぷりきいたつゆに、ほんのり甘い団子を入れ、来場者と作ったお母様方も一緒に「んまい!」と舌鼓を打ちました。
    お母さんたちの手作り「まめぶ汁」
    • 手作り「まめぶ汁」 写真1
    • 手作り「まめぶ汁」 写真2
    • 手作り「まめぶ汁」 写真3
    • 手作り「まめぶ汁」 写真4
  • 【「するめイカ」レシピコンテストを開催しました!】
    「するめイカ」レシピコンテスト
    • 「するめイカ」レシピコンテスト 写真1
    • 「するめイカ」レシピコンテスト 写真2
    • 「するめイカ」レシピコンテスト 写真3
    • 「するめイカ」レシピコンテスト 写真4
    「楽天レシピ」の「つなごう広めよう東北の食」企画で、釜石特産の「するめイカ」を使ったレシピを募集し、ユーザ様から、100点以上の投稿をいただきました。
    「楽天食堂」のスタッフで、その中から候補レシピを10点に絞り、釜石のお母様方に審査していただきました。「このイカ料理が食べたい!」「これは手軽に作れる!」とそれぞれ投票いただき、最優秀の3レシピが決定しました。
    投票結果はお母様方から発表、その選考コメントに会場のお客様からも「ほー!」「んまそー!」という声が聞こえてきました。
  • 【楽天食堂で「まめぶ汁」「レシピコンテスト入賞メニュー」が提供されました!】
    楽天食堂は、毎月11日「東北応援フェア」を行っています。
    東北の食材とレシピを「食べて応援」を実践し、7月で6回目!キャラバンでご提供した「まめぶ汁」に「イカの炊き込みご飯」のセットのほか、レシピコンテストで選ばれた「イカとしいたけの醤油こうじパスタ」、また、岩手の「おくのみやこ鳥」を使った「塩麹冷やし中華」と、どれもすごい人気でした。
    東北の豊かな食を社員みんなで味わいました。東京の食堂だけでなく、福岡、大阪の食堂も同時開催いたしました。
    楽天食堂 東北応援フェア
    • 東北応援フェア 写真1
    • 東北応援フェア 写真2
  • 【伝統芸能の演舞に元気をいただきました!】
    元気を取り戻すきっかけに
    • 元気を取り戻すきっかけに 写真1
    • 元気を取り戻すきっかけに 写真2
    • 元気を取り戻すきっかけに 写真3
    • 元気を取り戻すきっかけに 写真4
    震災以降、メンバーやそのご家族が津波の被害で活動を自粛せざるをえなかった釜石市の伝統芸能各団体のみなさまが「被災した自分達も、地域の皆様も、私たちが舞うことで元気を取り戻すきっかけになりたい!」という思を込め、それぞれの演舞をご披露いただきました。

    地元で、おなじみの釜石小唄のほか、参加者も輪になって一緒に踊る機会をご提供いただきました「細川流舞踊」や、約100年前の釜石市で祭事を起源とする神聖な「平田神楽」、そして観客を目で楽しませ、勇気づけてくれた「平田虎舞」など、どれも鳴り止まない拍手喝采が湧き上がり、それぞれの演舞に、ご覧になっている参加者は喜びの涙と笑顔があふれました。
  • 【キャラバンを終えて】
    震災から1年3ヶ月以上が経過しても、釜石市の沿岸部には、まだまだ津波の爪痕が残り、町全体の復旧には時間がかかるように見られます。
    今回の会場となった平田第6仮設住宅には、釜石市の方もおり、それ以外の市町村から移住された方々も多くいらっしゃいます。コミュニティハウス「みんなの家」を活用し、コミュニティの活性化を目指す自治会の皆様をはじめ、伝統芸能の団体様、行政、地元NPO団体、学生ボランティアの皆様には、多大なご支援をいただき、心より感謝申し上げます。

    被災地の皆様がそれぞれの力を持ち寄り、企画運営に参加していただいたことがきっかけで、「みんなの家」に集まる方が増え、交流が更に深まっていくことを心から願っております。

    >>みんなのうまい東北キャラバンblog
    キャラバンを終えて
    • キャラバンを終えて 写真1
    • キャラバンを終えて 写真2
この記事を応援する
Rakuten Social Responsibility Project ロゴ

Rakuten Social Responsibility Project

「楽天ソーシャル・レスポンシビリティ・プロジェクト」は、楽天グループの事業基盤を活かし、人と社会に貢献するCSRの取り組みです。

私たちの展開する事業は社会のインフラになりつつあります。一方で電力利用の上に成り立っている事業でもあります。このようなことから私たちはこエネルギー問題を含む4つのテーマ「New Future」、「Green Energy」「Eco Operation」「Company's Mission」を立て取り組んでいます。

更に、この取り組みの「今」を、楽天と関わりのある全ての皆様にお伝えし続けると共に、従業員の顔が見える活動を推進しています。

>>楽天ソーシャル・レスポンシビリティ・プロジェクトページを見る

このページの先頭へ