RAKUTEN

楽天の森

生物多様性に貢献する取り組み

全国30箇所で、自治体やNPOの皆様とともに、
生物多様性の保全に貢献するプロジェクトを展開しています

ピックアップ

楽天×山形県×山形大学
イヌワシの生息地改善プロジェクト

鳥海山のふもとの森で、イヌワシの生息環境改善のための森林整備を行っています。山形県、山形大学農学部と連携し、イヌワシをはじめとする多様な生物にとって暮らしやすい森林づくりを行うとともに、様々な視点から活動の効果に関するモニタリングを続けています。

活動レポート

楽天×日本自然保護協会・AKAYAプロジェクト
赤谷の森の、壮大な実験

群馬県みなかみ町北部、新潟県との県境に広がる、約1万ヘクタールの国有林「赤谷の森」を舞台に、イヌワシをはじめとする多様な生物が生きる環境を保全する活動「AKAYAプロジェクト」。楽天の森プロジェクトでは、赤谷の森の取り組みに協力しています。

活動レポート

楽天×長野県×長野イヌワシ研究会
イヌワシの繁殖率を高める、ワシの巣修復プロジェクト

長野県では、地元の研究者が長年にわたってイヌワシの生息状況を調査し続けてきました。楽天の森プロジェクトでは、県や地元の研究者と連携して、ロッククライマーによるイヌワシの巣の修復など、繁殖率を改善るためのプロジェクトを行っています。

活動レポート

楽天×兵庫県×NPO上山高原エコミュージアム
イヌワシの生息地をとりもどすプロジェクト

かつてイヌワシのつがいが暮らしていた兵庫県上山高原。イヌワシが暮らせる環境を取り戻すために、研究者、地元NPO、地域住民が立ち上がりました。楽天の森プロジェクトでは、この取組を応援しています。

活動レポート

楽天×鳥取県×若桜町
イヌワシのエサ環境改善プロジェクト

イヌワシの生息地として知られる氷ノ山の周囲の人工林で間伐を行い、イヌワシが狩りを行える環境を少しづつ作っています。若桜町と連携して、自動撮影カメラによる餌生物の調査も行っています。

活動レポート

楽天×長崎県×対馬市
ツシマヤマネコの生息地改善プロジェクト

ツシマヤマネコは、イヌワシと同じく、絶滅が心配されている野生生物です。楽天は、長崎県・対馬市と協力し、ツシマヤマネコの生息地である121haの森林の間伐を行い、ツシマヤマネコの生息環境の改善をめざしています。

活動レポート

楽天×鹿島市など
森里川海のつながりをまもるプロジェクト

佐賀県鹿島市は多様な生物が生息する有明湾に面しています。森が豊かになれば、海も豊かになる。楽天は、森林の整備を通じて、森林と海の両方で豊かな自然環境を保全していきます。

活動レポート

その他の活動エリア

北海道/東北

北陸・関東甲信越

近畿・東海

中国・四国・九州

海外での取り組み

2015年から、インドネシアとブラジルで森林保全活動を行っています。
両国は、豊かな熱帯雨林で知られる一方、過剰な森林伐採が深刻な問題となっています。

インドネシア

インドネシアの森林は、世界で最も生物多様性の豊かな森林の一つとされています。しかしその大部分は、森林火災、や農地化、違法伐採などにより著しく減少しています。
インドネシアでは、南カリマンタン州で約30,000本の植林を行いました。その後2年間、植栽箇所の整備を継続し、政府による持続的な森林整備活動に引き継ぐ予定です。

活動レポート

ブラジル

アトランティックフォレストは、2万種もの植物が見られる希少な森林である一方、現在ではその面積は10%以下まで減少してしまいました。さらに、生息する6種の鳥類、20種類以上の脊椎動物が絶滅の恐れがあり、最も危機的な状況にある生物多様性ホットスポットとされています。
楽天は、伐採により森林が消失した地域への植林を行い、森林を再生します。これにより、森林の水源涵養機能が回復し、水不足などの解消にも寄与することが期待されています。

活動レポート