トップ > CSR 社会的責任 > みんなで作ろう 子どもオーケストラ

このページを印刷する

CSR 社会的責任

English Page

音楽の力で、子どもたちの豊かな未来を創造

オーケストラ、クラシック音楽は、国境を越えて普遍的な価値を持つ文化・芸術です。
楽天は、東京フィルハーモニー交響楽団のオフィシャルサプライヤーとして、
音楽を通じて日本の存在感を世界に発信するための支援をさせていただいております。
この音楽の持つ力で、未来を担う子どもたちの社会性や創造力を養うことを“Empower”(力づける)したいという
思いから、子どもたちの音楽教育を推進する「一般社団法人エル・システマジャパン」とコラボレーションし、
この取り組みを展開していきます。

最新のお知らせ

  • 2013.12.27
    昨日12月26日に福島県の475名の子供たちによる「楽天こども…

    昨日12月26日に福島県の475名の子供たちによる「楽天こども音楽祭」を開催しました!

    福島県内の小・中・高校生の音楽家たちが登場し、これからの未来への希望や復興への思いが込められた音楽が披露されました。躍動感があり且つ繊細に奏でられる合唱・合奏、趣向が凝らされたパフォーマンスはコンサートに来ているような…

  • 2013.12.10
    【日本発!みんなで作ろう子どもオーケストラ♪】「楽器集めプロジェクト…

    【日本発!みんなで作ろう子どもオーケストラ♪】 「楽器集めプロジェクト」の報告と、「楽天こども音楽祭」のご案内!

    楽天のCSR活動のひとつの柱であります「音楽を通じた教育振興」につきまして、たくさんのみなさまにご協力をいただきました「楽器集めプロジェクト」の結果をご報告させていただきます。
    合計25台の弦楽器が集まり、全て…

  • 2013.07.10
    【日本発!みんなで作ろう子どもオーケストラ♪】音楽教育支援活…


    【日本発!みんなで作ろう子どもオーケストラ♪】音楽教育支援活動の一環として楽器の寄付受付を開始しました!眠っている弦楽器のご寄付を!

     

    2013年7月9日 楽天×日ハム@東京ドーム戦の前に、「相馬子どもオーケストラ」として、相馬市桜丘小学校アイドルグループ嵐の「ふるさと」の合唱を披露いただきました。相馬の風景と重なる「ふるさと」の歌詞…

子どもたちの演奏のために楽器集めに取り組んでいますNEW!

子どもたちの演奏のために楽器集めに取り組んでいます

-楽器集めのご報告-
合計25台の弦楽器を「相馬子どもオーケストラ」の子ども達にお届けすることができました。
ご協力いただきましたみなさまに、あらためてお礼申し上げます。

【楽器の内訳】 2013年10月末日現在
・バイオリン…20台
・チェロ…3台
・ビオラ…1台
・コントラバス…1台

なお、楽器の寄付の受付につきましては継続しております。

みなさんのご自宅に眠ったままの楽器を子供たちに寄付いただけませんか?

楽天は、エル・システマジャパンと連携して、子どもたち全員の手に楽器を届け、子どもたちの音楽活動を支援するため、楽器集めに取り組んでいます。
楽天のネットワークを最大限に活かし、楽天社員をはじめ、「楽天市場」にご出店されている楽器販売店舗様や、楽天市場をご利用のお客様へ、幅広く呼びかけながら、子どもたちが演奏するための楽器を提供したいと考えています。

子どもオーケストラで必要としている楽器の種類は、
バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスなど主に弦楽器です。

現在必要とされている楽器は、バイオリンが、1/4、1/2、3/4,の分数サイズをそれぞれ10台と、4/4のフルサイズを20台で、ビオラ、チェロが10台、コントラバスが3台です。
バイオリンのサイズについては、こちらの表をご覧ください。

バイオリンサイズ表
※修理が必要なものや付属品の欠品のあるもの、あるいは著しく汚れのあるものはご遠慮ください。楽器の寄付や、楽器の状態についてのお問い合わせはこちらから

こちらのページでは今後、楽器販売店舗様をはじめ、子どもたちを様々な形でご支援いただく皆様の声を応援メッセージとして、紹介していきます。 子どもたちの夢や未来のため、ご協力をよろしくお願いいたします! 子どもオーケストラへの楽器の寄付は、下記の「楽器を寄付する」ボタンより、楽天オークションゆうパックのページからお申し込みください。


楽器を寄付する

未来を担う子どもたちが、ふるさとへ思いを込めて歌声を披露

未来を担う子どもたちが、ふるさとへ思いを込めて歌声を披露

福島県相馬市桜丘小学校6年の総勢83名のメンバーが、7月9日に東京ドームで合唱を披露いたしました!

「日本発!みんなで作ろう子どもオーケストラ」の第一弾に、東京ドームを選んだ背景には、東日本大震災からの復興を応援してくれている全国の方々に、
自分たちの活動の成果や元気な姿を広く知ってもらいたいという声が子供たちからあり、この思いを実現するために、発表の場として東京ドームを選びました。

子どもたちは、「楽天グループデー 東北楽天ゴールデンイーグルスと、北海道日本ハムファイターズ戦」試合前に実施される特別イベントに登場し、
第80回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部の課題曲「ふるさと」を合唱しました。
自分の原点であるふるさとを大切に思い、自分を育ててくれる人々や自然への思いにあふれた楽曲です。
歌詞で表現されている自然の情景が、海と山に囲まれた相馬市の環境と似ているため、子供たちが思いを込めて、より豊かに表現できることから、
この楽曲が選ばれました。

この日メンバーひとりひとりが自分のふるさとへの思いを込めて歌いあげ、スタンドのお客様から大きな拍手と歓声をいただきました!

今後の子どもたちの活動の様子は、こちらのFacebookページでもご覧いただけます。
たくさんの「いいね!」で、子どもたちへのエールを送ってください。

これからも引き続き応援をよろしくお願いいたします。

楽天とクラシック音楽との関わり

楽天は、「名曲は世界をつなぐ」をコンセプトに、オーケストラ、クラシック音楽は国境を越えて普遍的な価値を持つ文化・芸術と位置づけ、東京フィルハーモニー交響楽団のオフィシャルサプライヤーをつとめています。

グローバル化が加速する中で、音楽の価値は、共通言語として人々にますます重要なものになっていくと考えます。
日本発の企業として、日本の価値、日本の存在感を世界に誇るものとして、オーケストラ、クラシック音楽への支援をさせていただいています。

みんなで作ろう子どもオーケストラについて

この取り組みは、エル・システマジャパンが福島県相馬市で展開する、「相馬子どもオーケストラ&コーラス」を支援する、第一弾としての活動になります。

子供たちは、「相馬子どもオーケストラ&コーラス」が構成されるまでの経過の中で、合唱により、音楽の魅力を肌で感じ、楽器に触れることで楽器に対する愛着を持ちモノの価値観を学んでいきます。
また、自らの力で音を生み出すことにより創造力や表現力が養われるようになり、仲間との調和を知ることで、コミュニケーション能力自体が磨かれ社会性も養われるようになります。

楽天は今後、グループネットワークを結集し、子どもたちの活動の場所を提供していきます。また、オーケストラの活動自体を支える楽器の支援なども実施していく予定です。
インターネットを活用しグローバルに情報発信すると共に、日本から世界へとPRの場を広げるサポートをしていく中で、将来的には海外の子どもたちとの合同演奏を企画するなど、様々な検討を進めていきます。

エル・システマについて~ベネズエラから世界へ~

エル・システマについて

エル・システマは1975年に、貧困と青少年の犯罪が深刻な南米ベネズエラに始まり、現在、国内にて約35万人を越える子どもたちが参加する、社会変革を目指した音楽教育システムです。
家庭の経済状況にもかかわらず、すべての子が無償で集団での音楽教育を受けられる仕組みが原点で、健全な市民を育成する社会政策の一環として推進されてきました。

日本国内においては、東日本大震災、特に原発事故による影響を心身ともに受けている福島の子どもたちの尊厳を回復し、自己実現の場を提供することを目的として、2012年3月23日に一般社団法人エル・システマジャパンが設立、同年5月7日には、「音楽を通して生きる力を育む」事業の実施のために、相馬市と協力協定を締結、小中学校を通した各種プログラムを実施しています。相馬の人々の郷土愛に基づくアイデンティティを大切に、地元に根付いた持続可能で、かつ、誰にでもオープンな子どもオーケストラ&コーラスの実現を目指しており、将来的には日本各地にも展開していく予定です。

【エル・システマジャパンの詳細はコチラ

■CSRの取り組み
  • 楽天の森
  • IT学校
  • 楽天いどうとしょかん
  • 楽天クラッチ募金
  • TOMODACHIプロジェクト
  • みんなでつくろう子どもオーケストラ

このページの先頭へ