トップ > CSR 社会的責任 > 環境に配慮し、無駄を省くために > 従業員一人ひとりによる環境への取り組み

このページを印刷する

CSR 社会的責任
Eco Operation 環境に配慮し、無駄を省くために

従業員一人ひとりによる環境への取り組み

楽天グループ従業員一人ひとりによる環境負荷軽減の取り組み

楽天グループは、「成功の5つのコンセプト」に“常に改善、常に前進”を掲げ、従業員一人ひとりが主体性を持って様々な取り組みを行っております。その活動の一つとして積極的に行う環境負荷軽減の取り組みとして、「ケチケチプロジェクト」が実施されています。社内への浸透のしやすさを考慮し、プロジェクト名「ケチケチプロジェクト」と配し、全社一丸となって日々の業務の中で環境へ配慮した仕事の仕方を工夫して実践しています。

紙消費量の大幅削減
印刷とコピーにおいて消費する紙の削減のため、様々な改善を行った結果、2008年5月のプロジェクト発足から翌年の2009年12月時点で紙消費量77%削減(樹木2,644本分相当)を実現しました。
年々社内における理解が進み、2013年12月末時点では、樹木累計12,235本の削減を達成しました。
改善事例として、印刷時のルールを設定し、社内の全複合機に紙消費量削減のための初期設定を行ったり、各事業部単位で削減目標の設定、進捗実績管理、成功事例などを行っています。
印刷の改善 印刷物は、1/4縮小・両面で出力されます。これによりA4サイズ8枚で出力されていた印刷物はA4サイズ1枚に収めることができます。またセキュリティの観点から利用される各自によるパスワード設定は、印刷物の放置防止に役立てられています。
コピーの改善 部署毎に発行されたパスワードを入力した上でコピーを行っています。コピー使用量は全社で共有し、グループ全体との使用量の違いを鑑み各部署で使用量の制限を図っています。

効率的なエレベーターの利用
環境負荷を軽減するため、楽天タワーにある10基のエレベーターは、停止階を制限しています。23建てビルのうち、受付階、朝会会場、カフェテリアなど全従業員が利用するフロアと、一部の一般執務フロアに停止階を制限し、停止しないフロアへの移動は階段を利用します。これにより、エレベーターの稼動効率を向上させ、従業員の業務効率の改善が図られると同時に、エネルギーの削減も実現しています。

社員ボランティア発案による環境への取り組み

楽天グループ設立10周年を機に発足した社会貢献プロジェクト「ちょっといいこと楽天」は、社員ボランティアによってプロジェクトの推進が行われております。その活動を担うチームの一つに、エコ活動推進チームがあり、楽天グループの従業員が気軽に取り組むことができる環境負荷軽減の活動を提案しており、「エコキャップ運動」や「地域清掃活動」などを行っています。エコ活動推進チームは、環境負荷軽減の思いを、社員参加型の啓発活動を通じて、従業員からその家族に、広がることに期待し日々活動を続けております。

ペットボトルキャップ回収
社員ボランティアの提案により、2008年8月から楽天グループ本社を有する品川シーサイドを中心に各支社にて、ペットボトルキャップの回収活動「エコキャップ運動」を、実施しております。
この「エコキャップ運動」は、「認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを日本委員会(以下、JCV)」を通じて、回収キャップ400個につき1本のワクチンとして世界のワクチンを必要としている子ども達に届けられています。楽天グループは、この「エコキャップ運動」を推進する「NPOグループMATE」の活動に賛同するもので、回収されたペットボトルキャップは「グループMATE」によりリサイクル業者へ売却され、売却代金がワクチンの代金としてJCVに寄贈されています。
楽天グループの「エコキャップ運動」は、キャップの回収から発送まで関連する全ての運用を、社員ボランティアにより実施し、これまで代表的なワクチンである破傷風ワクチン約5,200本に相当する47万個(2010年3月現在)のペットボトルキャップを回収しました。

地域清掃活動
地域の環境美化を目的に、楽天グループの従業員とその家族の参加により、楽天グループ本社のある品川シーサイド周辺の清掃活動を2007年末から年に2回実施しています。
回を重ねるごとに多くの参加者が増えており、また従業員の家族も多く参加するため、バギーに乗った0歳児や小学生など、小さなお子様が参加している微笑ましい光景も見られます。
今後は、この活動を通じて、環境美化のみならず、参加者のゴミに対する意識改革を促してまいります。さらに、より一層参加者を募ると共に活動範囲を各支社に拡大し、環境美化の輪を広げてまいります。

活動実績
2007年12月 65人
2008年6月 69人
2008年10月 160人
2009年5月 234人
2009年11月 雨天のため中止
2010年5月 124人
2010年11月 80人
2011年6月 121人
2011年10月 129人
2012年6月 雨天のため中止
2012年10月 105人
2013年6月 99人
  • NPO・NGOとの協力
  • 楽天クラッチ募金 支援を必要としている人のため皆様のご協力をお願いいたします。
  • 楽天いどうとしょかんは福島の子供たちのための教育振興および復興支援の一環で運行をスタートしました。この活動を多くの方に知ってもらうため、2014年5月より順次活動地域を広げ、岐阜、島根、群馬の4県で運行をしております。楽天いどうとしょかんの新たな取り組みについて掲載しています。
  • 楽天IT学校は、次世代を担う子供たちにネットショッピング運営の実体験を通じ、実践的な電子商取引を理解いただくための出張授業です。
  • イヌワシが生息できる豊かな森を守ること、「イヌワシを守ろうプロジェクト」の継承・発展を目的に、「楽天の森」プロジェクトを立ち上げました。すべての生き物のため、森林整備を全国で実施します。また、グループのさまざまな事業で啓発活動を実施し、パートナー様やお客様の活動参加を呼びかけ、活動を全国に展開していきます。
  • 楽天は、親と離れて暮らす子どもたちを力づける支援活動「楽天つばさプロジェクト」の一環として、クリスマスプレゼントを届ける「楽天サンタプロジェクト」を企画・実施しています。
  • みんなで作ろう 子どもオーケストラ
  • 楽天×ヴィッセル神戸 エコプロジェクト募金
  • オークションゆうパックで寄付をしよう
  • 楽天 x ZURICH 森にちょこっといいこと W-ECOプロジェクト

このページの先頭へ