English Page
児童養護施設の子どもたちへ、楽天みんなの思いを込めて。楽天サンタプロジェクト
児童養護施設の子どもたちへ、楽天みんなの思いを込めて。楽天サンタプロジェクト

たくさんのお礼状をいただきました!

たくさんのお礼状をいただきました!

たくさんのお礼状をいただきました!

全国47都道府県の児童養護施設へ クリスマスプレゼントをお届けしました。 たくさんの楽天社員、楽天市場の店舗様がお届けに協力し

全国47都道府県の児童養護施設へ クリスマスプレゼントをお届けしました。 たくさんの楽天社員、楽天市場の店舗様がお届けに協力し

お届けレポート

お届けレポート

児童施設への訪問が初めてだったため、子どもたちがどのような反応をするのかとても不安でしたが、施設の方々も子どもたちも私たちのことを快く受け入れてくださり安心しました。
プレゼントをもらった時の満面の笑顔や、中身を確認して驚きの声をあげるの子どもたちの様子に、私たちも幸せな気持ちになりました。同時に、子供たちの持つパワーの強さを感じ、私たち自身も元気をもらうとともに改めてこの活動の大切さを感じました。
施設の方とお話した中で、『夢を語らせてあげることはできるようになっても、夢を実現するにあたってのサポートや、社会へ出る支援がなかなかできていないことが一番の課題だ』というようなことを述べていらっしゃったことがとても印象的でした。
楽天という会社だからできることや、子どもたちの将来を見据えた活動を施設様は強く期待されているように感じました。例えば、大きな子どもたちには社会体験や自立支援、そのきっかけ作りの場を提供できるようなきめ細やかな活動が、今後必要になっていくように思いました。ぜひ今後もこのような活動に参加したいと思いました。
お伺いした施設はどちらもアットホームな雰囲気で、子供達の多くは健康で明朗活発に感じられました。 ほとんどの児童が高校へ進学するとお伺いしましたが、その後、大学まで進むケースがあるという話は出ず、いまの学歴社会において卒園後にも厳しい現実があるのは必至なので心が痛みました。
心を閉ざしているお子さんが1人いらして、そうさせてしまった大人とおそらく同世代の大人の1人として心から申し訳ないと感じました。 以前は両親との死別による入園が大半をしめていたそうですが、いまは金銭的な問題によりお子さんを手放す方、ネグレクトや虐待が入園理由の大半をしめるという事実に、いかに現在の日本経済が疲弊し、それによって格差が生じ、社会が病んでしまっているのかを痛感しました。
今回の経験を機に、一人の大人として高い関心と当事者意識を持って暮らしていきたいと思いました。
どの施設も自然に囲まれてとても環境の良いところで、職員の方々も気さくで明るい方々が多く、その中で子供たちがのびのびと育っている印象を受けました。
いきなり施設にお邪魔する私たちへ子どもたちがどのように反応するか不安でしたが、自発的に私たちに挨拶をしたり、声をかけてくれるなどとても快く受け入れてくれました。中には、思春期という難しい年頃の子どもたちもいましたが、恥ずかしがりながらも「ありがとう」とお礼を言ってくれて心温まりました。
施設の方々とのお話の中では、自分の置かれている状況に悲観することなく、明るく前向きに日々を過ごしている子どもたちに私たちが学ぶべきことも多くあると感じました。年上の子どもが年下の子どもの面倒を見ていたり、それぞれ家事に役割分担が決まっていたりと子どもたちの自主性も高く、施設の中に小さな社会がありました。
いつか本当の社会に出るにあたって、楽天の社員として何ができるのかを考えるきっかけとなりました。今後もこのような活動を継続できればと思います。
物流事業に所属していますが、“直接お届けすること”は始めての機会でとても貴重な経験となりました。
施設職員の方の想い、子供達へ出来る限り ”家庭的な環境を”提供しようという配慮とその努力に大変感銘を受け、自身が恵まれた環境で育ったことを実感しました。 児童福祉法の範囲に関わらず、子供達のことを真剣に考え努力されている施設職員の方々に、本当に頭が下がる想いになり、社会の一員として自身が何ができるかを改めて考えさせられました。
この様な機会を頂き、施設や店鋪様、物流倉庫現場スタッフなど関係各位に感謝申し上げます。
副園長先生が学園の成り立ちから現在の児童養護施設を取り巻く状況、学園の目指すところまで大変熱心にお話くださいました。
18歳で施設を出た後の問題は本当に深刻で、例えば車社会の地域だと、高卒で就職するにも必ず免許が必要になるので、そのための費用を捻出するために高校生になったらアルバイトに励むということや、施設を出てからも車検などでお金が必要になるときがあり、そういうときに無利子でお金を貸してあげられるような活動もしているとのことで、その借金を返済に施設に来てもらうことで、繋がりが切れないような工夫もされているそうです。
昨年にはグループホームも建設され、これからは小規模な施設を作ったり、市全体の里親さんの支援もしていけるようにしたいとのことでした。 施設の中はとてもにぎやかでアットホームな雰囲気で、どの子も人懐こく、本当にかわいいと感じました。
楽天社員を始めとして、もっと広く社会に施設の子供たちの状況を知ってほしいと先生が熱く語られ、今後も活動を継続していくことが大事と感じました。
実際に施設の皆さまにお会いすると、大変明るく仲が良いというとてもポジティブな印象を受けました。ちょうど訪問日が学校の終業式ということもあり、幼児のみなさんへのみプレゼントをお渡ししたのですが、素直に喜んでくれている姿を見て、こちらも嬉しくなりました。
プレゼントを渡した後で、先生から施設についてお話を伺ったところ、年始も実家に帰ることができず、施設に残る子供もいるとのことで大変胸が苦しく感じましたが、そのような児童は先生方の実家へ連れて帰ることもあると伺い、先生と児童の信頼関係の強さを強く感じました。
今回のCSR活動に参加し思ったことは、この活動は一度きりではなく、継続して行うことが重要であり、多くの方に現状を発信していくべきだと思いました。
いずれの施設でも元気な子どもたちが出迎えてくれて、こちらも元気をもらいました。
一方で、子どもたちの約半分は虐待を受けていたり、多くの施設が小舎制への対応を迫られていて施設の建て替えやスタッフの確保に苦労しているという現状がわかりました。
改めて施設の先生方に時間をいただいて、今後取り組むべき課題について考えてみたいと感じました。
閑静な住宅街の施設は、子供達の住環境としてよさそうと思う反面、身近な環境にこういった施設があることを知らなかった無知を感じました。自分が恵まれた環境の中で育てられたことに感謝すると共に、何か少しでも力になれることがないかと考えさせられました。
実際に子供を見られている先生・担当の方達は若い方も多く、 非常にしっかりした考えを持っている印象を受けました。 子供達は見た目は笑顔も多く元気な印象でしたが、非常に問題のある環境にて心に深い傷を負っているという話は、いつも身近に見ている方々だからこそ伝えられることなのだと思いました。
自身が同様の仕事に就ける自信はありませんが、企業の中でこういった活動に参加させていただけたことを、非常にありがたく思いました。
施設長の先生から非常に有意義なお話を伺うことができました。
訪問した施設では9割の子どもたちが親から虐待を受けて入所しており、ほとんどの場合、数年間「悪い大人(親)」だけを見て育ってしまっているため、大人を信じられなくなっている子どもが多く、職員の方々は子供達に「良い大人」もいるという事を伝え続ける事を心掛けているそうです。
また、子どもたちは18歳を過ぎて社会に出ますが、馴染めずに仕事を辞めてしまう子が多いそうです。それは、職業訓練を受けられる環境やアルバイトができる環境(社会との接点)が少ない状況で社会に出ていかなければならないためです。
子どもたちは目標となる大人と接する機会が少なく、特に地方ではそれが顕著なようで、今回私たちが施設を訪問したことが、子どもたちにとっての社会で働く良いモデルとなり、このプロジェクトが非常に社会的意義の高いものだという事を認識することができました。施設にいる子供たちにプレゼントを届けることでエンパワーメントする事がどういう事か、理解することでき、次年度以降も継続できればと思いました。
私は今回、初めてサンタプロジェクトに参加しました。
今回の訪問で、施設に入っている児童たちは虐待を受けているだけでなく経済的な理由で子育てが難しいために施設に入っている児童も多いこと、そういう児童たちは週に1回や月に1回家に帰っている子もいることなど、想像していた児童養護施設の状況とは違うもので理解を深めることが出来ました。
またお話させて頂いている中で、スタッフの方々は経済的な支援だけでなく、施設の状況理解や定期的な交流を求めているということを深く感じました。
この度は非常に貴重な体験をさせて頂きました。

楽天サンタプロジェクトとは

楽天サンタプロジェクトとは

楽天サンタプロジェクトの流れ
全国には約600の児童養護施設があり、家庭環境上養護を必要とする子どもたち約3万人が生活しています。
楽天は、親と離れて暮らす子どもたちを力づける支援活動「 楽天つばさプロジェクト」の一環として、
クリスマスプレゼントを届ける「楽天サンタプロジェクト」を2014年から実施しています。
今年も全国すべての児童養護施設にご希望を伺い、567施設、26,963名の子どもたちにプレゼントをお届けしました。
それぞれの子どもたちに合ったプレゼントを楽天市場の店舗様からご提供いただき、
楽天社員がデザインしたオリジナルのカードを同封、役員や社員がプレゼントをお届けしました。

今年は、プレゼントのお届けにアスリートたちも参加しました。

今年は、プレゼントのお届けにアスリートたちも参加しました。

プレゼント

プレゼント

素敵なプレゼントができあがるまで

素敵なプレゼントができあがるまで

楽天市場の店舗様と一緒にプレゼントの準備

楽天市場の店舗様と一緒にプレゼントの準備

楽天で働く社員の皆さんとプレゼントについて相談し
店舗様からプレゼントをお預かりしました。

クリスマスカードのプレゼント

クリスマスカードのプレゼント

楽天社員デザイナーが作成したクリスマスカードを社員の投票で選びました。

クリスマスプレゼントと一緒にクリスマスカードも同封しています。

レゼントをラッピング

レゼントをラッピング


楽天ロジスティックス倉庫で、プレゼントを
一つ一つ大切に袋に入れ、お届けの準備をしました。

ご協力店舗様

ご協力店舗様

以下の楽天市場の店舗様からプレゼントをご提供いただきました。店舗様のページでは、
「楽天サンタプロジェクト協力店2015ステッカー」が掲示されています。

以下の楽天市場の店舗様からプレゼントをご提供いただきました。店舗様のページでは、「楽天サンタプロジェクト協力店2015ステッカー」が掲示されています。

ご協力店舗様からのメッセージ一覧

ご協力店舗様からのメッセージ一覧

Cinderellaからのメッセージ
☆Merry Christmas★
寒い季節に皆さんの心を少しでも暖かくすることが出来れば…と願いながらプレゼントを選びました。
皆さんのお顔が直接見られないのは残念ですが喜んでいただければ嬉しいです。
Cinderella
  • Free&Easy 寒い冬に役立つあったかグッズをプレゼント^^ 笑顔の溢れるクリスマスになりますように♪ HappyChristmas☆

  • プーマジャパン(株) 素敵なクリスマスが皆さんに訪れますように。 PUMAからメリークリスマス。

  • トイセルタウン すべての子供達におもちゃを通じて夢を与えられるよう日々努力していきます!おもちゃのまちトイセルタウンからのギフトです♪

  • アウトレットシューズ MerryChristmas!
    ささやかながらあったかグッズをプレゼントさせていただきました。

ご協力店舗様

ご協力店舗様

一覧を見る

過去の楽天サンタプロジェクト

過去の楽天サンタプロジェクト

楽天サンタプロジェクト2014

公益財団法人楽天未来のつばさ

公益財団法人楽天未来のつばさ

18歳になって児童養護施設や里親家庭を離れる子どもたちの自立を支援する団体です。
皆様からの募金は、子どもたちが安心して社会で自立できるよう、
自立奨学支援資金(子ども一人当たり15万円支給)や自立支援プログラムに使われます。
ご協力をお願いします。

「公益財団法人楽天未来のつばさ」の活動にご協賛いただける場合は、こちらへ

■CSRの取り組み
このページの先頭へ
このページの先頭へ