Englishnization 英語化

2010年、社長の三木谷が社内英語公用語化を打ち出し、約2年間の移行期間を経て、2012年7月より社内公用語を英語に正式移行しました。社内公用語英語化は、「世界一のインターネットサービス企業を目指す」楽天がグローバルなビジネス環境で競争に勝っていくために必要不可欠でした。社員に対しては間違いを恐れずにシンプルな英語(Plain English)で積極的にコミュニケーションを行うことを推奨しております。

“The Rakuten Global Ecosystem - Rakutenians

“ONE LANGUAGE - ONE TEAM

※ FinTechとは、楽天グループの金融サービスの総称で、楽天カード、楽天銀行、楽天証券、楽天生命などのサービスです。

国内外のグループ各社を含めた楽天グループとして、
  1. 1. 世界での一体感のある経営体制の構築、
  2. 2. 世界を相手に戦い抜くための競争力、
  3. 3. 国内外のグループ社員間の円滑な情報共有、
  4. 4. 世界中の優秀で多様な人材の積極的な採用等
を推進するために、社内英語公用語化は避けては通れない必要条件だと考えています。
三木谷の著書『たかが英語!』
英語公用語化の2年間の移行期間については、三木谷の著書『たかが英語!』にて紹介されています。
ハーバード・ビジネス・スクールのケーススタディー
この取り組みは三木谷の母校であるハーバード・ビジネス・スクールのケーススタディーとしても例年取り上げられております。

BEAT TOEIC

TOEICスコア目標達成

楽天の社内英語公用語化は海外グループ社員や海外からの入社希望者に非常に好感を持たれており、外国籍の社員も年々増加傾向にあります。
英語が苦手な社員も部内で勉強会を開いたりなど真剣に取り組んでいる人が多くいます。その結果、楽天㈱の社員のTOEIC平均スコアは800点以上となりました。また、楽天では、世界中の楽天グループの支社での研修できる海外研修プログラム“GEP (Global Experience Program)”を社員に提供しています。世界中の仲間たちと一緒に仕事をすることを通じて、グローバルマインドとスキルを養うことが目的となっております。

  • Beat TOEIC 写真
  • Beat TOEIC 写真

英語公用語化の完成までのステップを、「英語基礎力の向上(TOEIC基準スコアの達成)」「英語を用いたスピーキング・コミュニケーションスキルの向上」「グローバルなフィールドでの業務経験」の3ステップに分け、それらを促進する育成プログラムを提供しています。語学力の向上だけでなく、グローバルな環境での業務経験を積むことも重要だと考え、Global Experience Program(海外トレーニー制度)を積極的に推進しています。

英語公用語化の3ステップ

また、グローバルタレント育成と国内外のグループ社員の人脈構築・ナレッジ共有を目的として、年間100名近くの国内外のグループ社員を東京本社に集めたGlobal Manager Programを継続的に実施しています。プログラムでは、「楽天主義」の再確認を通じ、楽天グループのリーダーとして必要なマインドとスキル開発を図るとともに、楽天主義の根底に流れる日本の「おもてなしの心」の理解を目的とした茶道や日本料理ワークショップの実践、経営方針や経営戦略に関する情報共有を行っています。

それ以外にも、格付けや職能に応じて「管理職研修」や「キャリア構築研修」などの様々なトレーニングプログラムを提供しており、全ての社員が自身のポテンシャルを発見し、グローバルタレントに成長できるチャンスを公平に与えられるよう努めています。

page top